介護医療コラム

「北海道における新型コロナウイルス感染事例」

令和4年6月10日現在、オホーツク管内で新型コロナウイルスに感染されている方が再増加している状況です。また高齢者施設でのクラスターも発生しているため、北海道で発生した感染事例を皆さんにお伝えし、
今後の感染予防に役立てて頂きたいと思い、急遽今回のコラムはこのような内容にさせていただきました。


感染事例①

部活動の大会に出るため10人でワゴン車を使い約3時間かけて移動。その車内でマスクをあまりせず、十分な換気もしないまま、話をしたり食事をしたりした。その翌日そのうちの1人が発熱し、新型コロナ陽性。その3日後にはさらに7人が感染していることが発覚。

対 策

一緒に住んでいる家族以外で車に乗り合わせる場合、車内で不織布のマスクの着用を徹底し、十分な換気を行いながら会話は小声で行い、食事する際には車を停めて手洗いを十分に行った上、車外で摂るようにしましょう。


感染事例②

幼稚園児と低学年の小学生がいる家族同士で自宅に集まり、家の中で十分な換気をせず、マスクもほとんどつけずに、お酒を飲みながら食事をして約3時間滞在。その2日後にその幼稚園児のお子さんが発熱し、新型コロナ陽性。その3日後にはほぼ全員が感染していることが発覚。

対 策

この場合、家の中で不織布のマスクの着用を徹底し、十分な換気を行いながら距離をとって会話をする。また屋内で一緒に住んでいる家族以外の方との飲酒や食事は極力避けた方が良いですが、どうしてもする場合には、十分な換気を行いながら十分な距離をとり、手洗いを十分に行った上で短時間でのマスク会食。飲酒は避けた方が良い。


感染事例③

大学生が地元に帰省し、地元の友人と飲食店にて10人で飲酒を伴う食事会を約3時間行った。そのお店では十分な換気がされておらず、3時間ほぼ全員がマスクをせず大声で会話し、食事をしていた。そのうちの1人が翌日発熱し、新型コロナ陽性。その3日後にはさらに6人が感染していることが発覚。

対 策

この場合、十分な換気を行っている飲食店を選び、手洗いを十分に行った上で十分な距離をとり、少人数で短時間のマスク会食をお勧めします。飲酒は極力避けた方がよい。


感染事例④

職場の昼食時に5人で大きな声で話しながら、十分な換気を行わず、十分な距離をとらずにそれぞれのお弁当を約1時間かけて食べた。そのうちの1人が翌日発熱し、新型コロナ陽性。その3日後にはさらに3人が感染していることが発覚。

対 策

この場合、十分な換気を行いながら十分な距離を保ち、手洗いを十分に行った上でマスク会食。十分な距離をとったり十分な換気が行えない環境であれば、お互い極力向かい合わずに手洗いを十分に行った上で黙食。


★現在北海道内で比較的若いのに重症化して入院されている新型コロナ感染者の方は、ワクチンを一度も接種されていない方に多いと報告されています。そのためこれから初めてワクチン接種を検討している方は…新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンター(0120-226-750)にご相談ください。

  2022/06/24   M I
≪ 「終末期医療の治療方針⑥ ~沈静について~」  |  「終末期医療の治療方針⑦ ~食事について~」 ≫