タイトル

しもやけと凍傷


寒冷による局所傷害は、「しもやけ(凍瘡)」と「凍傷」とに分けられます。「しもやけ」は組織の血行障害によるもので、組織が凍結しないものです。「凍傷」は組織が凍結するもので、氷点下、特にー4℃以下の環境で発生します。防寒具の発達により近年では稀となりましたが、依然としてウィンタースポーツや冬山登山、液化ガスなど超低温物質の取り扱い、社会的弱者や精神疾患患者、ドラッグ常習者、アルコール中毒者などでみられます。
 好発部位は手足、特に足趾で、ついで耳・鼻などの末端部や、頬などの曝されやすい部分にも起こります。


 しもやけでは、冷えやすいなどの体質に加え、繰り返し寒冷刺激に曝露することで発生します。血管の収縮、末梢循環不全が生じ、皮膚の痒みや赤み、腫れが起こります。
 凍傷では、組織の凍結が起こり、血管収縮や血管内の氷の結晶による塞栓、寒冷刺激により放出された化学伝達物質による二次的傷害などが加わって、組織の変性・壊死が引き起こされます。
 皮膚から皮下組織、骨まで至る場合もあり、疼痛や腫れ、皮膚の色調の変化、感覚低下、水疱、壊死がみられます。
 治療は程度によらず共通で、まずは凍結した組織を温めることです。濡れている衣服や手袋、靴などを脱がせ。直ちに急速解凍を行います。40〜42度のお湯に15〜30分浸けます。組織の障害を最小限にと留めるためには、徐々に温めるより急速に温める事が推奨されています。指輪などをしている場合は直ちに外します。マッサージは組織の損傷を悪化させるためしてはいけません。火や暖房による加温は不均一となりやすく、さらに感覚がない部分の熱傷の原因になるので使用してはいけません。
 解凍後は少なくとも3〜4週間は保存的に加療します。血管拡張作用のある薬剤を投与したり、軟膏で創部の処置をします。この後に組織の壊死などがある場合は皮弁形成術や切断を行います。
 凍傷の治療は、初期の治療を早期に始めることが重要となります。なにより一番大切なのは予防であり、状況に合わせて手袋や耳当て、厚い靴下、カイロなどを使いましょう。
2021年03月03日(水) No.1002 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

「加齢」と「味覚の低下」と「亜鉛」


検診で血圧が高いこと指摘され、病院を受診すると、必ず決まり文句の「塩分を控えましょう」と言われます。塩分の多い食事は高血圧の原因の一つなので、塩分を控えることはとても重要なのですが、自分はそんなに濃い味にしていないのになぁと思われる人も多いと思います。味覚は人によって様々なので、一概には言えませんが、もしかすると「味覚の低下」が起こっている可能性もあります。


 最近の研究では、加齢とともに味覚が鈍ることが分かってきました。20代と比べると、高齢者は塩味を感じる感覚は約50%低下し、甘みを感じる感覚も約25%感覚低下し、酸味も約55%低下するようです。つまり、単純計算で、若い時と同じ味で料理しようとすると、塩分は1.5倍必要になるということなのです。
 味覚の低下は避けられない部分もあるのですが、「亜鉛」を十分に摂取すると、味覚を維持しやすくなります。これは舌にある「味細胞」で亜鉛が重要な働きをするためです。また、亜鉛は不足しやすい栄養分の一つなので、意識してとるようにしないと、知らず知らずのうちに、亜鉛不足に陥り、味覚障害を呈することがあります。
 亜鉛はナッツ、ごま、納豆、牛肉、魚などに多く含まれています。若い人でもダイエットを続けると亜鉛不足になることがあります。味覚障害は生活習慣病の隠れた原因にもなりますが、意識しないと発見できないので、日々の生活のなかで注目してみてはいかがでしょうか?
2021年03月03日(水) No.1001 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)

こどもとスマホ その スマホと体力


スポーツ庁は、2008年から全国の小学5年生と中学2年生を対象に、8つの項目(握力、上体起こし、長座体前屈、反復横跳び、20mシャトルラン、50m走、立ち幅跳び、ソフトボール投げ)の体力、運動能力ならびに生活、運動習慣などについて調査をおこなっています。
 2019年は4〜7月に、生徒の大半にあたる201万人を対象に実施されました。その結果は、それぞれの項目の合計点の平均値である「体力合計点」が、小、中学生とも前年に比べて低くなっていました。とくに小学5年生男子は2008年度の調査開始以来、最低となりました。図1は、小5男子のソフトボール投げと50m走の結果を示しています。


 同庁は、子どもの体力低下の要因として、運動時間の減少や、肥満の児童、生徒の増加、朝食を食べない児童の増加のほか、テレビゲーム、スマホなどの画面をみる「スクリーンタイム」の増加との関連を指摘しています。とくに子どもが運動していた時間がスマホに費やされている可能性をあげています。図2は生徒のスクリーンタイムの状況です。平日に1時間以上使っている子どもの割合は、小5は男子83.3%、女子73.1%、中2は男子90.3%、女子87.6%に上がっています。


 図3は、岐阜県における体力テスト8項目の総合点の偏差値とスマホやパソコンなどの利用時間の関係を示したものです。スマホなどを一日60分以上利用している子の体力総合点は明らかに低いことが分かります。一方、全く使用していない子どもたちは最も高い点数であり、一日の使用時間が30分未満の子どもたちは、体力も低くなく平均以上の水準でした。スマホを使用すること自体が悪影響を及ぼすのではなく、スマホの利用法、とくに長時間の使用に問題があります。


 昔に比べて子どもが外に出て体を動かす機会は少なくなっています。外で遊ぶ代わりに、友達とスマホでゲームやSNSをしながら遊ぶことが多いようです。運動不足の子どもが増えてしまった理由は、何よりもスマホの普及が一番の原因と言えそうです。各家庭で、利用時間と使用ルールを決めて、適切に用いることが最も大切であり、子どもにON(勉強、運動、手伝いをやるとき)とOFF(自由に過ごすとき)のスイッチを作らせ、自分自身でコントロールができるようにサポートしてあげてください。
2021年03月03日(水) No.1000 (秋山先生(小児科)のコラム)

気管支喘息の話5


喘息のなかで、特定のアレルゲンが引き金となって発作がおこるものを「アトピー型喘息」と呼び、アトピー型喘息の方は環境整備をするなどアレルゲンを遠ざけることが大切です。(アレルゲン…アレルギーを起こす原因..
続きを読む
2021年03月03日(水) No.999 (原口先生(薬剤師)のコラム)

逆さまつげ


 まつげは本来、まぶたの縁から眼球とは反対側へ自然にカールし、眼球に当たらないように生えています。しかし何らかの原因でまつげが眼球の方へ向かってしまう状態が逆さまつげです。
 逆さまつげは睫毛乱生、眼瞼内反症、睫毛内反症の大きく三つに分けられます。同じようにまつげが眼球に当たる状態ですが、原因が微妙に異なっています。
 睫毛乱生は、まつげの生える場所が眼球に近かったり、まつげの生える方向が不揃いになったりして、まぶたの状態に関係なくまつげの一部が眼球に当たってしまう状態です。 
 眼瞼内反症は、加齢によってまぶたを支えている組織や、まぶたを閉じる筋肉や皮膚が緩むことが原因で、まぶたが内側にひっくり返りまつげが眼球に当たります。70歳代の約3%、80歳代の約5%に眼瞼内反が見られると言われています。


 睫毛内反症は、幼少時特有の下まぶたの皮膚や皮下脂肪のボリュームが多いことが原因で、まつげが眼球の方向へ向いてしまう状態です。
 どのタイプの逆さまつげでも、まつげが眼球に当たることで角膜や結膜を傷つけてしまうことが問題になります。常時当たっている場合や、眼球の動きやまばたきの強さにより当たる場合など程度は様々ですが、目がゴロゴロする、痛い、涙が出る、目やにが出る、などの症状が起こります。ひどくなると角膜の感染症や角膜潰瘍を生じることもあります。
 治療はタイプによって異なります。
 睫毛乱生は、眼球に当たっているまつげを部分的に抜く処置や、一部の毛根を切除したり、毛根を電気分解する方法があります。
 成人の眼瞼内反症は、手術でまぶたの向きを矯正します。 
 子どもの睫毛内反症も治療は手術なのですが、成長とともに改善する場合が多く、また子どものまつげは柔らかく角膜への傷がつきにくいため、通常は学童期くらいまでは様子をみます。しかし角膜の傷の程度によっては、繰り返すことにより角膜に歪みが生じて強い乱視になったり角膜の濁りが残ったりすることがありますので、低年齢のうちに手術を行った方がよい場合があります。生まれつき逆さまつげの子どもの場合は本人に自覚がない場合が多いので、まつげが眼球にくっついていないか確認しましょう。また定期的に眼科で検査を受けると安心です。
2021年01月27日(水) No.998 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

筋トレして長生きしよう!


 運動が体に良いことは誰もが認めることと思います。最近の研究によると、「運動しない」ことは、「タバコを吸う」のと同じくらいの体に悪いようです。


では、どんな運動をすればよいのでしょうか?私が患者さんと話していると、ウォーキングや軽いジョギングに取り組んでいる人が多いです。実際、世界保健機構もこのような軽い有酸素運動を週に150分(1回30分を週3回)以上行うことを推奨しております。
 しかし、本当にこれだけでよいのでしょうか?答えはノーです。最新の研究は、筋力を増加させるようなトレーニング、いわゆる「筋トレ」の「心臓病」に対する効果を次々と証明しております。例えば、足の太ももの筋力が強い人は、弱い人に比べて、心臓病で死亡するリスクが約40%も低く、また、全身の筋肉が落ちてしまった人は、基礎代謝が低下し、疲れやすくなるのですが、心臓病にもかかりやすいことが分かっています。前述の世界保健機構も週2回の筋トレを推奨しています。
 もちろん、運動しないよりはどんな運動でもしたほうが良いのですが、もし本当に健康でいたいのなら、ウォーキングなどの軽い運動に加えて、筋トレに取り組んだほうがよいでしょう。最近はスポーツジムも増え、会費も安くなっております。新型コロナウイルス対策の問題もありますが、こんな時こそ思いっきり筋トレすると体も軽くなり、健康に暮らせると思います。
2021年01月27日(水) No.997 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)

こどもとスマホ その スマホと脳機能


 便利で身近な存在になっているスマホですが、1日2時間以上使用すると、前頭前野が活発に働かなくなることが分かってきました。前頭前野は、脳の中でも人間らしい思考や判断をし、記憶や感情制御をおこなう場所で、3歳までに3倍の大きさに成長します。前頭前野は、私達が生活するうえで一番大切な人間らしさを育む司令塔です。


 大人を対象としていますが、興味深い実験があります。(東北大学、川島先生)
 図は、少し難しい言葉の意味(例えば忖度など)を紙の国語辞典で調べたとき(上)と、スマホを使用しウィキペディアを閲覧して調べたとき(下)の前頭前野の活動を示しています。国語辞典を使用した際は時間内に3つ、一方スマホを用いると5つもの言葉の意味を調べることができました。前頭前野の働きを比べてみると驚くべきことに国語辞典を使っているときは左右の前頭前野は活発に働いているのに、スマホを使うと全く働いていないことがわかりました。スマホで言葉調べをしているときには指先も使っているし文字だって読んでいるのに、前頭前野は全く活動していません。作業効率がいいのはスマホを使用した時ですが、前頭前野はボンヤリしたままなのです。
 また、文章を書くときの実験でも、手書きで手紙を書くと前頭前野はたくさん働くのに、パソコンやスマホで文章を書かせても前頭前野は全く働かないという結果がでています。
 ちなみに、前頭前野の活動に抑制がかかるのはスマホ使用時に限ったことではありません。ゲームやテレビ視聴も同様であり、長時間のプレー、視聴は、言語知能の発達に悪影響を及ぼすとともに、脳の発達、とくに前頭前野の発達に遅延を生じさせることが、健康は学童の経年変化をみたMRI計測から明らかになっています。
 川島先生は、次のようにコメントし、長時間のスマホ利用に注意を呼びかけています。
 前頭前野が発達していることが、ヒトの脳の最大の特徴であり、前頭前野には人間ならではの「こころ」の働きが局在しています。子どもの脳の健全な発達を考えると、前頭前野の機能を活発に働かせる機会を多く持たせることが大切になります。しかし、便利なスマホを頻繁に用いると発達期の子どもたちが脳を使う機会がどんどん奪われることになります。前頭前野を使う『use it』の機会が減り『lost it』が進んだ子どもたちは、将来どうなるのか。そのことを私たちは真剣に考えなくてはならない時が来ていると思います。
2021年01月27日(水) No.996 (秋山先生(小児科)のコラム)

気管支喘息の話4


 喘息の発作が起きた時には即効性のある気管支拡張薬の吸入やステロイド薬の内服が行われますが、吸入ステロイド薬を使用せずに安易に吸入の気管支拡張薬だけに頼ると逆に喘息は悪化していきます。コントロール状態..
続きを読む
2021年01月27日(水) No.995 (原口先生(薬剤師)のコラム)

眼瞼下垂症


 眼瞼下垂症とは、上まぶたが瞳孔にかかって見えにくくなる状態です。大きく分けて先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂の2種類があります。
 先天性の場合は、生まれつきまぶたを持ち上げる「眼瞼挙筋」という筋肉や、その筋肉を動かす神経に異常があることが原因です。目の機能に障害はありませんが、弱視や斜視の原因となることがあります。
 後天性の場合は加齢に伴うものがほとんどです。ヒトは1日に2万回も瞬きをします。一年で700万回、生涯で6億回も瞬きをする計算になります。歳をとると足腰が弱くなるのと同じようにまぶたの機能も次第に衰えていきます。加齢に伴って皮膚がたるんできたり、眼瞼挙筋の膜が伸びたり緩んだりと弱くなったりした場合には、まぶたを持ち上げる力がうまく伝わらなくなります。まぶたは薄くて外からの影響を受けやすい組織なので、お年寄りだけでなく、花粉症で目をよくこする人、ハードコンタクトレンズを長期間使っている人などは若いうちから症状が出ることがあります。日頃からなるべく眼はこすらないようにすると良いでしょう。


 また、神経の刺激が筋肉に届かなくなる「重症筋無力症」や、まぶたを持ち上げる神経の麻痺である「動眼神経麻痺」、外傷によるものなどがあります。
 症状は、まぶたが重い、見えにくいなどです。目が疲れやすく、眠そうに見られます。見えにくさをカバーしようとしておでこの筋肉が頑張って持ち上げようとするため
眉毛があがり、おでこにシワがよります。その状態が続くと交感神経が緊張して肩こりや頭痛を引き起こすことがあります。また顎が上がって姿勢が悪くなり、肩や腰の痛みに繋がることもあります。
 治療は、神経疾患が原因の場合を除いて手術が基本です。筋肉が緩んだ場所を補強したり、余分な皮膚を切除したり、それで足りない場合は、おでこの筋肉を利用して筋膜などを通して釣り上げたりすることもあります。
2020年12月29日(火) No.994 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

禁煙しようぜ!そして子供にはタバコの煙を吸わせないで!


 タバコを吸うと体に悪いということは誰もが知っていることですが、禁煙が難しいことも喫煙者の多くが認めるところと思います。なぜならば、喫煙者の脳には、タバコを吸うと安心する回路が形成されているため、禁煙をすることに非常に不安を感じるのです。つまり、喫煙者にとっての禁煙とは、ある日突然、全く言葉が通じない外国に放り出される状態に等しいくらい不安な行為なのです。


 そのため、禁煙を始めるにはモチベーションを高めることが重要です。そこで、まずはタバコにかかる費用ですが、なんと、タバコを1日1箱50年間吸い続けると、タバコ代で約900万円かかり、これに医療費が上乗され、合計費用は1000万円を超えます。また、寿命も平均で10年短くなることが分かっています。そして、今更禁煙してもということもありません。禁煙すると数日で味覚・嗅覚が敏感になり、その後、咳や痰が減ります。数カ月で運動機能が向上し、数年禁煙すれば、心臓病のリスクもかなり減ってくるのです。
 それでも禁煙は大変です。それは一度脳に形成された「タバコが不安を取り除く」という回路が消えないからです。なので、禁煙できないなら、せめて子供にはタバコを吸わせないようにしましょう。そうすれば、子供は生涯で1000万円以上節約できます。また、一人で禁煙が不安な人は、禁煙外来を利用しましょう。オホーツク圏でも多くの病院で禁煙外来が行われています。
2020年12月29日(火) No.993 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)