タイトル

動物咬傷


イヌ、ネコなどの動物やヒトに咬まれたことによる外傷のことをいいます。動物咬傷はイヌによるものが最も多く、次にネコ、ヒトと続きます。
 創部の状態は様々で、ごく浅い傷から腱や骨に至る深いものもあります。また傷口から唾液が侵入することによる細菌感染が問題になります。
 犬の牙は丸みを帯びており、また噛む力が強いため、組織の挫滅を伴い骨折や血管・神経の損傷を伴うことがあります。


 一方、ネコによるものはイヌより重症化することが多いのですが、その原因としてはネコの牙は細く尖っているため深い刺し傷となり、組織の奥深くで細菌が繁殖しやすくなることがあります。また一見傷口は小さく軽傷にみえるので受診が遅れることが多いのです。何もしなければ6割以上が感染を起こすという報告があり、早めの受診をおすすめします。
 イヌ、ネコについで三番目に多いのがヒトによる咬傷です。ケンカで握り拳が歯に当たって受傷することが多いようです。
 受傷後の感染症としてはパスツレラ病や破傷風、狂犬病など、ヒトの場合ではHIV、B型肝炎、C型肝炎などにも注意が必要です。
 狂犬病に関しては、日本は狂犬病清浄地域であり、犬に咬まれて狂犬病になった例は1957年以降ありません。基本的に国内での犬咬傷では狂犬病の心配はありません。ただし、海外で咬まれた場合は国によっては注意が必要です。現在でも発症後の死亡率はほぼ100%であり、発症前のワクチ
ン接種が必須となります。渡航前のワクチンに関しては在庫が限られており全例は推奨されていません。狂犬病流行国で長期滞在する、感染の危険性が高い研究者・獣医師等に対して行われています。
 治療はまずは創部を十分に洗浄することが重要です。水道水でよいので石鹸を使用して洗浄してください。狂犬病などのウイルスは石鹸に含まれる界面活性剤で不活性化するようです。上で述べたように傷が小さくても深部での細菌感染を起こす可能性があるので、早めに病院を受診してください。
 また自宅で処置をした際にはキズパワーパッドなどを貼っている方がいますが、このような密閉性の高い創傷被覆材は細菌繁殖の温床となる可能性があり、動物咬傷のような感染の確率が高い傷への使用はしない方が良いでしょう。
2020年11月25日(水) No.990 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

血圧が高い時に飲むのは「サプリ」それとも「薬」?



 今回は、「サプリメント」と「薬」のお話です。私の外来では、このサプリをこの薬と一緒に飲んでも大丈夫かという質問をされる患者さんがおります。質問の答えは概ね「イエス」です。なぜならば、サプリメントの有効成分の配合量は、薬などに含まれている薬効成分より、かなり少ないので、よっぽど複数のサプリを多量に飲まない限り問題となることは少ないように作られているからです。
 ここで、注目してほしいのは、サプリも薬も、同じような化学化合物の抽出物が含まれているということです。つまり、人間の血圧を下げる方法は多数ありますが、血圧を下げるためにはサプリであっても、薬と同じよう化合物や成分を含んでいなければ、血圧が下がらないということなのです。サプリは薬よりも簡単に発売できますので、サプリの中には有効成分が含まれていないのに効果があるとうたっているものもあります。
 では、サプリと薬の最も大きな違いはなんでしょうか?それは、有効成分の「量」です。当然、薬には多くの有効成分が含まれているので、効果が大きいのですが、その分、副作用のリスクが上がります。反対にサプリに含まれている有効成分は少ないので、効果も少ないのですが、その分、安全性が高いと言うことができます。つまり、サプリメントはお手軽で、安全なものだが、効果は緩いものと認識して飲むのが望ましいと思います
2020年11月25日(水) No.989 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)

こどもとスマホ その スマホと睡眠障害(後編)


●メラトニンとブルーライト
 夜になると眠くなり朝になると目覚めるのは、私たちの体にもともと備わっている体内時計が関与しています。この体内時計に従って夜間睡眠を促すために、脳の松果体からメラトニンというホルモンが分泌されます。メラトニンは主に夜に分泌され、光の感知で分泌が抑制されます。メラトニンは「夜が来たこと」を全身に知らせます。具体的には、メラトニンにより脈拍、体温、血圧などを低下させることで、睡眠の準備ができたことが認識され、自然な睡眠に入っていきます。


 光を夜に浴びると、自然な睡眠を導くメラトニン分泌が抑制されます。とくにスマホなどの電子機器の画面が放つ「ブルーライト」は、人の目で見ることができる光(可視光線)の中でももっとも波長が短く(380〜500nm)、強いエネルギーを持っており、メラトニン分泌に強い影響を与えます。就寝時に刺激の強いブルーライトを浴びることで、脳が「昼間」と判断してしまい、メラトニンが分泌されにくくなってしまいます。体は睡眠の準備に入ることが出来ず、寝つけないことになります。メラトニンの分泌が後ろ倒しになり、朝になっても分泌され続けることになり、眠りの質は落ちてしまい「よく眠れなかった」「途中で目が覚めてしまった」「朝スッキリ起きることができない」「いくら寝ても寝足りない」と感じてしまいます。
 最近の研究で、同じ光の明るさでも、大人より子どもの方が光を感じやすいことが分かってきており、子どもの方が夜更かしの影響がより強く表れるといいます。またブルーライトには、発生源に近ければ近いほど、発する量が多くなっていくという特徴があります。そのためLEDライトやテレビより目に近い位置で使用するスマホが一番ブルーライトの量が多く、健康とくに睡眠への影響が大きいとされています。
【対策】
1、寝床ではスマホを触れないよう習慣づける。
2、寝る1〜2時間前からはスマホを使用しない。
3、寝る前のスマホ断ちができない原因に、手元にスマホがあるということがあります。寝る前はスマホを枕元で充電しないようにして、できるだけ布団から遠い場所に置いておく。
4、スマホの光が漏れないように工夫する。
2020年11月25日(水) No.988 (秋山先生(小児科)のコラム)

気管支喘息の話2


 気管支喘息では、気管支に慢性的な炎症が起こっていることが分かっています。この炎症のために気管支の壁が腫れたり、粘液(痰)が分泌されたり、気管支の周りの筋肉が縮もうとしたりして気管支が狭くなってしまっ..
続きを読む
2020年11月25日(水) No.987 (原口先生(薬剤師)のコラム)