タイトル

テニス肘


 テニス肘とは『上腕骨外側上顆炎』の別名です。上腕骨外側上顆とは肘の関節の外側のでっぱった部分で、手首を反らせる筋肉が骨に付着する場所です。ここに負担がかかり炎症が起こっている状態がテニス肘です。この部分にはその付着部の面積に比べて大きな力がかかるため、炎症や変性、腱の微小断裂が生じて痛みの原因になっていると考えられています。また腱などの組織の年齢的な変化も一因です。
 手首を反らせる、物を掴んで持ちあげる、タオルを絞るなどの動作で痛みが出現し、日常生活に支障を来します。


 30〜50代のテニス愛好者に生じやすいのでテニス肘と呼ばれていますが、テニスをしている人だけに発症するものではなく、むしろ日常生活で重いものをよく持ったり手をよく使う人、パソコンをよく使う人などに多く見られます。
 テニス愛好者に関しては、発生率は4割前後で、プロレベルになると6割を超える選手がテニス肘を経験しているそうです。テニスによるテニス肘は不適切なラケットの使用(重さ、グリップの太さ、ガットの張力など)やプレースタイルが関与しており、テニス肘患者ではインパクトの時に30度ほど肘が曲がっていることが多いという分析があります。
 治療はまずは安静です。スポーツや手をよく使う作業を控え、痛い動きを避けるように手の使い方を工夫し、手首や指のストレッチを行います。他に痛み止めの内服や外用、またテニス肘バンドというサポーターで痛む部分を圧迫す
ることで痛みや炎症を抑えることができます。
 パソコンで痛みがでる方は手首が反らない様にキーボードの角度やマウスを調整したり、腕の下に枕を入れるなどの工夫が有効です。
 痛みが治らない場合は、ステロイドの注射を行いますが、長期的には痛みがぶりかえすことも多く見られます。これらの治療が無効であった場合は手術を行います。
2020年08月26日(水) No.978 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

万病のもと「動脈硬化」



「脳梗塞」や「心筋梗塞」は、多くの人がかかりたくないと思う病気ですが、その原因のほとんどは「動脈硬化」です。動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞以外にも、脳出血や動脈瘤、末梢動脈疾患などの病気を引き起こし、認知症にもなりやすくなるというから、まさに悪の黒幕なのです。
 動脈硬化とは、血液中のカス(粥腫:じゅくしゅ)が血管にこびりついて、血管の壁が厚くなることを指すのですが、この動脈硬化は多くの原因から起こります。動脈硬化は「血管」の「老化現象」ですので、高齢者に多く生じます。女性より男性の方が進行しやすいのですが、高齢男性の中でも、動脈硬化が進んでいる人と、動脈硬化がほとんどない人がいます。これには、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を患っているかどうか、肥満になっていないか、喫煙しているかなどが関連しています。
 我々医師が、患者さんに、痛くもかゆくもない高血圧や高脂血症、糖尿病、肥満などに気を付けるようアドバイスし、禁煙を勧めるのは、これらの病気が動脈硬化を招き、最終的には脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすからなのです。病院では、色々な検査で、動脈硬化の度合いを評価することができますので、興味のある方はご連絡ください。
2020年08月26日(水) No.977 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)

こどもとスマホ その 『スマホ育児』は大丈夫?後編


 大人と同じ様に赤ちゃんでもスマホの動く画像や音に惹かれます。1歳を過ぎると上手に扱うことができるようになります。作家でジャーナリストの石川結貴さんは、次のように述べています。子どもとスマホの親和性の..
続きを読む
2020年08月26日(水) No.976 (秋山先生(小児科)のコラム)

あなたも加害者!?消毒アレルギー


 最近、新型コロナウイルス(以降コロナウイルス)の影響で外食した際に「手を出してください。」と言われ、突然手にスプレーをかけられることがあります。感染を気にされている店で多い様ですが、この行為がとても..
続きを読む
2020年08月26日(水) No.975 (原口先生(薬剤師)のコラム)