タイトル

デュピュイトラン拘縮


 デュピュイトラン拘縮とは、手のひらから指にかけてしこりができ、進行に伴って皮膚や皮下の組織がひきつれて徐々に指が伸ばしにくくなる病気です。1832年にフランスの外科医デュピュイトランにより報告されました。
 手のひらには皮膚の下に手掌腱膜という繊維性の膜があり各指に向かって扇状に広がっています。手掌腱膜が皮膚に強く結合することで皮膚がずれるのを防ぎ、物を握りやすくしています。この手掌腱膜へコラーゲンが異常に沈着して肥厚、繊維化、収縮することによって指が次第に曲がっていきます。
 原因は、体内のコラーゲンの産生と分解のバランスの崩れと考えられています。薬指と小指に多く発症しますが、初期症状として手のひらにしこりや窪みができます。症状が進行すると徐々に指が曲がり始め関節の動きが制限されるようになります。初期に圧痛があることもありますが、通常は痛みを伴うことはあまりありません。さらに進行すると指を伸ばす事ができなくなり、日常生活に支障をもたらすようになります。洗顔、拍手ができない、手袋がはけない、運転ができない、手を使うスポーツなどが難しくなります。
 病気の進行速度は一定ではなく、急に症状が進行したりゆっくりと曲がっていったりと予測するのが困難です。また、反対側の手にも発症したり、治療で症状がよくなっても再発する場合があります。


 ご家族に同じ病気のある方、高齢の男性、糖尿病患者、手に外傷が
ある方に多く見られます。また、足の裏、陰茎の繊維腫を合併する方もいます。
 治療をしないと自然には治らない病気なので、指の変形で日常生活に支障をきたすようになれば治療を行います。有効な内服薬などはなく、指を伸ばすなどのリハビリテーションも効果はほとんどありません。治療は薬剤によるものと手術療法があります。
 薬剤による治療では硬くなった手掌腱膜を溶かす注射をし、硬くなった組織を断ち切る治療法です。手術では、皮膚を切開して原因となっている組織を切除し、皮膚のつっぱりを解消します。ともに治療後の拘縮を防ぐためのリハビリも重要になります。
2020年07月29日(水) No.974 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

献血しようぜ!






 今回は、「献血」についてです。献血というと、針を刺されるのが怖いので行きたくないという人が多いのですが、献血から作られる「輸血」や「血液製剤」は多くの病気の治療に欠かせないものです。当院のような心臓や血管の外科治療を行う病院では、多くの輸血を使用していますが、実は最も多くの輸血が必要となるのは「ガン」の患者さんなのです。ガン患者さんはそもそも貧血となりやすい上に、「化学療法」と言われる薬の治療は貧血を起こしやすいからです。また、「血液製剤」と呼ばれる献血から作られる「薬」も多くの病気に使用されています。
 このような輸血や血液製剤は、高齢化社会を背景に、年々必要量が増えているのですが、献血者はこの10年間で100万人も減っているのです。現在はなんとか供給できている輸血と血液製剤ですが、少子化の日本では、今後の献血者の確保が課題となっております。
 献血を取り仕切っている日本赤十字社も工夫をしており、献血をして頂いた人にポイントカードを作って頂き、複数回献血を行うと記念品を贈呈する事業も行っております。
 北見市では定期的に移動献血車が市内を回っています。献血は16歳から行うことができる社会貢献です。皆さんも献血車を見かけたら、一度立ち寄ってみはいかがでしょうか?
2020年07月29日(水) No.973 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)

こどもとスマホ その 『スマホ育児』は大丈夫?


 近年、「スマホ育児」という言葉が多く聞かれるようになりました。もともとスマホを用いて知育やしつけ用のアプリを利用することを示したものでしたが、最近はスマホやタブレット端末を子どもに持たせ、アプリや動画などで自由に遊ばせたり、子守り中に親がスマホを動作している状態を示す言葉となっています。
 2013年、日本小児科医会が「スマホに子守りをさせないで」というポスター(図)を発表し話題になりました。それに対して多くの賛否の声が上がりました。一方的にスマホ子守りを悪にする感じに違和感を持たれた方が多かったようです。


 実際、どのくらいの児がスマホを利用しているのでしょうか?「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」は、平成28年に行ったアンケート調査で、1歳児の41%、3歳児の60%、6歳児の74%に利用経験があり、利用を始めた年齢は2歳が最も多く、8割の子どもが3歳までに始めていました。小さな子どもがスマホなどを使用することへの懸念(図)は、視力への影響を心配される方が6割と最も多く、9割を越える保護者は何らかの影響を心配しています。
 0〜3歳の成長に言葉による応答はとても大切です。一方的に刺激を与えてくるスマホなどは言葉や表現力の発達に影響を及ぼす恐れがあります。低年齢からスマホを持たせていることにはさまざまな危険性が潜んでいるようです。
2020年07月29日(水) No.972 (秋山先生(小児科)のコラム)

夏に多い!?こむら返り


 こむら返りのこむらとはふくらはぎの事で、こむら返りとは筋肉が本人の意思とは関係なく突然強く痙攣を起こしひきつる状態の事で、収縮が数秒から数分間続いて強い痛みを感じる状態です。健康な人でも激しい運動を..
続きを読む
2020年07月29日(水) No.971 (原口先生(薬剤師)のコラム)