タイトル

母指CM関節症


 母指CM関節症は母指(親指)の付け根が痛くなる疾患です。
 母指の手首に近い関節をCM関節といいます。この関節は、他の指の関節と比べて多方向に動き、可動域が大きいのが特徴です。これにより母指は他の指との間で「つまむ」動作ができるのですが、このときにCM関節には大きな力がかかります。物を強くつまむ時には120圓領呂かかるそうです。元々靱帯の支持性が弱く不安定であることに加え、日常生活で負担がかかることが母指CM関節症の原因です。
 中高年の女性に多く、閉経後の女性の1/3、90歳以上の女性では
全例で関節変形がみられるという報告があります。女性に多いのは、日常生活の中で長年にわたり家事を続けることでいつのまにか負担が蓄積している事が多い為と考えられます。また女性ホルモンは骨や関節を柔軟に保つという作用があるので、閉経後の女性は関節の炎症・変形を起こしやすくなります。
 症状は圧痛に加え、ビンの蓋を開ける、物を持つ、字を書く、洗濯バサミをつまむ等、日常の様々な動作で痛みが生じます。痛みによりつまむ、握ることが困難になり、細かい作業ができなくなります。利き手でない方に多いとされますが、利き手でない方の手が担当する動作の方がCM関節への負担が大きい可能性があります。
 レントゲンでは関節の隙間が狭くなったり、骨が変形したり、時には亜脱臼を認めることがあります。


 治療は、まず母指を動かさない
ことです。装具をつけることで関節が安静に保たれますが、3ヶ月ほど、炊事・入浴以外は常時しっかり着用を続けることで痛みが改善する方が多いです。他には痛み止めの内服、関節内の注射があります。
 これらで症状の改善がなく、日常生活への影響が大きい場合は手術を考慮します。手術は靱帯再建、骨を切って固定する、関節自体を固定するなど様々な方法があり、程度や年齢、術後の手の使用状況などを考慮して手術方法を決めます。
 母指CM関節症は重症化を防ぐためのセルフケアが大切です。親指は他のどの指より使用頻度が多く完全な予防は難しいのですが、痛みが出てきたら悪化する前にテーピングや装具で固定し安静にしてください。
2020年04月28日(火) No.961 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

タバコを吸っているあなたこそ検査を受けましょう。 〜肺気腫と心臓病


 世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症で繰り返し報道されたのが、「肺の基礎疾患を持っている人は重篤化しやすい」という文言です。この肺の基礎疾患は主に「喘息」や「肺気腫」などを指すのですが、今回はこの「肺気腫」に注目したいと思います。
 「肺気腫」は正式には「COPD」または「慢性閉塞性肺疾患」の内の一つの病態なのですが、簡単に言えば、タバコを吸い過ぎるとかかる病気で、別名タバコ病と言われております。この肺気腫ですが、1日に吸うタバコの本数が多いほどかかりやすく、日本の患者数は530万人で、40歳以上の8.6%がかかっているとされています。主な症状は、咳、痰、息切れで、進行すると息苦しさから日常生活がままならなくなり、常に酸素ボンベが必要となってしまいます。当然ながら治療は禁煙から始まるのですが、かかってしまうと根本的な治療法はなく、薬で症状を緩和することが中心となります。


 日本のたばこの販売本数は平成の30年で、3、200億本から1、300億本と60%も減少しているのですが、タバコを吸い始めてから肺気腫になるまで、十数年かかることもあり、同じ30年で、肺気腫で亡くなった人の数は4倍に増えています。現在では日本人男性の死亡原因の第8位となっている肺気腫ですが、他の多くの病気を引き起こす原因ともなっています。肺炎になりやすいことは言うまでもなく(普通の人の約2倍)、骨折や関節炎、高血圧なども起こしやすくなります。特に心筋梗塞などの心臓病は1.6倍もかかりやすくなっています。これは喫煙が動脈硬化を促進することと、肺気腫そのものが全身に炎症を引き起こすからとされております。
 アンケート調査によると、タバコを吸っている人は、吸っていない人より健康意識が低く、病院にかかることも少ないのですが、タバコを吸っている人のほうが、色々な病気にかかりやすいのは間違いありません。もし、周りにタバコを吸っている人がいましたら、禁煙を薦めるのと同時に、病院での検査を勧めましょう。
2020年04月28日(火) No.960 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)

女性と漢方(188)〜嗅覚障害と漢方薬〜


 嗅覚(きゅうかく)障害は、病態が十分に判明しないこともあって、明確な診療コンセンサスが得られていない疾患です。嗅覚障害は基本的分類としては、においの感覚が失われる嗅覚脱出と、においの感覚が弱まる嗅覚低下があります。また、異嗅症といって、もののにおいを嗅いだときに「本来のにおいと異なるにおいを感じる」障害や「においがないのに、においを感じてしまう」障害のほかに、嗅盲という「特定のにおいだけを感じない」障害や、嗅覚過敏で「においを常に強く感じて不快感が生じる」症状もあります。
 一方、病態の観点からは「気道性」といって、嗅細胞まで空気が届かないためにおこる場合(多くは副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が原因)や、「嗅神経性」といって嗅細胞自体にダメージを受けて嗅覚低下を起こす場合(ウイルス感染などの感冒後など)、「中枢性」といって脳に伝わる神経伝達路の障害で生じる場合(アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性疾患や顔面・頭部外傷など)があります。
 頻度としては、慢性副鼻腔炎が最も多く、次いで感冒後の嗅覚障害、原因不明、アレルギー性鼻炎、顔面・頭部外傷が続きます。


 治療法としては、耳鼻咽喉科でステロイド(点鼻・経口)投与や内視鏡下鼻副鼻腔手術、抗ヒスタミン薬が推奨されていますし、第一選択となります。ガイドラインでは「嗅覚障害に漢方治療は有効か?」という項目で「感冒後嗅覚障害に対する『当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)』を提案する」と記載されており、実際に臨床研究でも有効な治癒率が得られています(治癒51%・軽快48%)。また、ステロイド点鼻治療が無効例だった患者に『当帰芍薬散』や『人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)』が有効であった報告もあります。これらの漢方治療投与による研究で有害事象が報告されていない点も重要なポイントであると思います。
 嗅覚障害に関しては、まずは耳鼻咽喉科専門外来による標準治療が大切です。その際に漢方薬を併用するかなどは主治医と相談してみるとよいでしょう。ただし、漢方薬の投与で嗅覚障害の改善がみられるまでは数か月以上時間を要する場合が多い点は留意して下さい。
2020年04月28日(火) No.959 (山内先生(産婦人科)のコラム)

子どもの気になる病気 そのアナフィラキシー(2)


 アナフィラキシーが急速に進行してショックに至るような場合には、医療機関に搬送してから処置をしていたのでは間に合いません。そこでこの緊急時に症状の進行を一時的に緩和し、ショックの進行を防ぐための治療剤としてエピペン(アドレナリン自己注射キット)があります。ハチ毒、薬物、食物によるアナフィラキシーの既往のある人やアナフィラキシーを起こす危険の高い人は、エピペンを常備しておく必要があります。ただしエピペンはアナフィラキシーを根本的に治療するものではないので、エピペン使用後は直ちに医師による診療を受ける必要があります。
 エピペン(写真1)は、

注射針一体型の注射器にアドレナリンがあらかじめ充填されたキット製剤です。アドレナリンは、人の副腎で作られるホルモンで、交感神経を活性化させることによって血管を収縮させ、心臓から血液を送り出す機能を高める作用があります。この作用によって血圧と血流を安定させます。致死的なアナフィラキシーショックから救命できるかどうかは30分以内のアドレナリン投与の可否が重要とされています。
 エピペンは、本人もしくは保護者が自ら注射するものです。安全キャップをはずし、大腿部前外側に押しあてます。衣服の上からでも注射可能です。(写真2)

薬液は一定量しか注入できないようになっており、過剰投与の心配はありません。
 日本小児アレルギー学会は、アナフィラキシーのいろいろな症状に対して表に示す症状が一つでもあればエピペンを使用すべきとしています。


 北見市における2019年のエピペン処方患者数は0.15咼ット(体重15〜30圈砲29人、0.3咼ット(体重30〜)で133人(大人のハチ毒による処方が多い)となっています。アナフィラキシーは、自宅にいるときだけ起こるわけではありません。幼稚園、保育園、学校で発症する可能性があり、自宅用以外にも園や学校でもエピペンを常備しておく必要があります。文科省、厚労省は、園や学校の教職員のための対応マニュアルを用意してあります。エピペンの使用法を含め、アナフィラキシーに対し最善の対処ができるよう求められています。
2020年04月28日(火) No.958 (秋山先生(小児科)のコラム)

良薬、口に苦し!?


 先日、お年寄りの患者さんから小さめの錠剤が口の中に残って飲みにくいとの指摘あり、誤嚥性肺炎を防ぐために同じ成分で同じメーカーの口腔内崩壊錠に変更しました。
 口腔内崩壊錠とは、元々錠剤や粉が飲めな..
続きを読む
2020年04月28日(火) No.957 (原口先生(薬剤師)のコラム)