タイトル

指粘液のう腫


 指粘液のう腫は、指の関節に発生する良性の腫瘍です。
 加齢により指の関節の骨が変形して棘のように尖り、関節に炎症が起こった結果、関節液が関節の外にでてきて腫瘤を作ります。また組織の変性により粘液が過剰につくられて腫瘤を作ることもあります。
 爪と関節の間の部分に水ぶくれのような腫瘤ができます。皮膚は薄くなり、自然に潰れて中の透明なゼリー状の粘液が出てくることがあります。痛みがでることもありますが、腫瘤が周囲の組織を圧迫することが痛みの原因である場合や、関節の変形自体も痛みの原因となります。
 腫瘤がつぶれて感染を起こし炎症が関節の中に及び関節が固まって動かなくなることや、また、爪母という爪の根元にある爪を作る組織が腫瘤で圧迫されたり炎症が及んだりすると、爪の変形が起きることがあります。


 治療は、関節痛がある場合は関節をテーピングや装具で固定することで関節の炎症が改善し、副次的に粘液のう腫も治まることがあります。しかし装具を中止すると再発する可能性があります。
 腫瘤は潰れたりまたふくらんだりを繰り返しますが、まずは注射器で中の粘液を抜きとります。
 関節内にステロイドを注射して関節の炎症を治めることも有効です。繰り返す場合や、爪の変形がある場合は手術を行います。
指粘液のう腫の根本的な原因は関節の変形なので、手術では関節が変形して棘になった部分や、滑膜を除去します。腫瘤の部分の皮膚は薄くなっていることが多く、縫い閉じることが難しい場合には、皮弁といって皮膚を大きく切って回して皮膚を閉じるような工夫をします。
 爪の変形があった場合、爪母が腫瘤で圧迫されていただけならば治りますが、炎症がおよんでいた場合には変形が残ることがあります。
2020年02月26日(水) No.946 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

加齢のふりしてやってくる心臓病にご注意を 〜心臓弁膜症について


 今回は、心臓病の一つである、心臓弁膜症についてお伝えしたいと思います。心臓弁膜症は心臓の中にある「弁」が硬くなったり、閉まりが悪くなったりすることで発症する病気です。この病気は年とともにかかりやすくなり、65歳以上の8〜13%が発症すると言われております。主な症状としては「胸の痛み」や「動悸」なのですが、「以前より疲れやすくなった」、「以前より行動範囲が減った」などが初期症状のこともあり、加齢かなと思って、病気の徴候を見過ごしてしまうことがあります。進行すれば、重篤な心不全を起こし、命の危険があります。
 当院で心臓弁膜症の治療を受けられた患者さんにも、「周りの人と同じ速さで歩けなくなった」「階段を上るのが以前よりつらくなった」などの症状を自覚していたにも関わらず、年だと思って、特段、検査を受けずに過ごしていたら、ある日突然、心不全を発症して救急車で運ばれた人が多数いらっしゃいます。検査後に病状を説明すると、そんなに悪くなっているとは気が付かなかったとおっしゃっていました。


 もちろん、倦怠感や疲労感などのすべてが、心臓病が原因ではありません。しかし、弁膜症は、加齢と思って見過ごされることがある病気です。久しぶりに会った両親が、何となく調子悪そうであれば、一度、専門的な心臓の検査を勧めてみるのも良いかもしれません。心臓弁膜症は、レントゲンや血液検査だけでは発見できないこともありますし、年と共に病気のリスクは上がります。治療法も年々進歩しており、以前より体の負担が少なく治療することもできるようになってきました。心臓弁膜症に関する詳しい診断法や治療法に興味のある方は是非「心臓弁膜症サイト」をご覧ください。


絵や動画を交えて、詳しく説明してあります。また、当院でも随時、心臓の精密検査を行っておりますので、ご希望の方はご連絡ください。
2020年02月26日(水) No.945 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)

女性と漢方(186) 〜過敏性腸症候群と漢方薬〜


『17歳女子Sさん。高校入学して列車通学をするようになってから、下痢とガスでお腹が張ることが激しくなり、授業中も下痢やガスで我慢できず、授業を休むこともしばしばあった。いろいろな病院で治療はしたが、漢方薬を試したいとの事で来院。』
 Sさんは、他院にてすでに漢方処方を受けており、少しは良い程度であった様子でしたので、足やお腹の冷えが強い点に注目し、『桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)』と『大建中湯(ダイケンチュウトウ)』を併せて処方しました。一か月飲んで効果を実感されて、「お腹が温かくて気持ちいい」との事で、三か月続けて飲んでもらうことにしました。
 飛び散るような、ヒリつくような炎症性下痢やヒステリー型には『半夏瀉心湯」(ハンゲシャシントウ)』に『甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)』を併せたもの(『甘草瀉心湯(カンゾウシャシントウ)』という漢方薬になります)などを使いますが、他院で『半夏瀉心湯』が既に処方済みでしたので、先ほどの内容にしてみました。


 過敏性腸症候群には主に腸の異常運動であり、「気滞(キタイ)」(「気」の巡りが滞っている状態)であることが多いため、多くは『桂枝加芍薬湯』をベースにして他剤を加えることをします。ストレスやイライラなどがあると『四逆散(シギャクサン)』、冷えが強いと『人参湯(ニンジントウ)』や『大建中湯』を、ガスが多いと『大建中湯』を加えたりします。
 『桂枝加芍薬湯』が有効な人は消化管が過敏で、痙攣様運動を起こしやすいタイプで、胃の緊張も強いために逆に胃壁は伸展しにくく、食べるとすぐに膨満感がおきて一度に多量に食べられない、そして腸の蠕動運動は亢進するため、すぐに空腹感を覚え、少しずつ頻回に食べる傾向が多いようです。
 過敏性腸症候群には、便秘型・下痢型・下痢便秘交代型・ガス型があり、腹痛を伴うことが多く、特に下痢型・ガス型で症状がひどいとSさんのように日常生活に支障をきたします。通学だけではなく、受験や就職を断念したりするなどの深刻な状況がしばしば見受けられます。
2020年02月26日(水) No.944 (山内先生(産婦人科)のコラム)

子どもの気になる病気 その百日咳(3)


●百日咳への対応
 乳児期に接種したワクチンの抗体価は、月齢6〜11か月では90%に達していますが、徐々に低下し5歳くらいになると30%以下まで落ちてしまいます。2019年の百日咳の発生状況をみても、その中央年齢は10歳でした。現在も増え続けている百日咳の対応策として、以下のことが検討されています(表1)


 現在の4種混合ワクチン(DPTIPV:ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)の接種スケジュールは、2歳までの4回接種で終了となっていますが、これにもう1回、3種混合ワクチンの形で追加しようというものです。その時期は、
仝什漾11歳(小学6年生)で接種される2種混合ワクチン(DT:ジフテリア、破傷風)を、3種混合ワクチン(DPT:ジフテリア、百日咳、破傷風)に変更。


抗体価が低下し高い感染リスクがある5〜6歳の就学前の児への対応として、就学前のMRワクチン(はしか、風疹)に加え、DPTワクチンを接種する。(小児科学会が推奨)
 早急の対策として,琉討有力であり、近い将来実現するものと思われます。
 参考までに諸外国の百日咳含有ワクチン接種スケジュールを表2に示します。
 諸外国では主に思春期世代へのワクチン接種は、ジフテリアと百日咳の抗原量を少なくしたDPTワクチン(Tdap)が使用されています。
2020年02月26日(水) No.943 (秋山先生(小児科)のコラム)

不眠症と薬物治療8


 不眠には、うつ病のような精神疾患による不眠もあれば、関節リウマチやアトピーの痛み、痒みなどの身体疾患による不眠もあります。このように原因は異なっても、いったん不眠が慢性化すると、ある共通したプロセス..
続きを読む
2020年02月26日(水) No.942 (原口先生(薬剤師)のコラム)