タイトル

ほくろ


 ほくろは良性の母斑細胞(ほくろ細胞)のかたまりです。メラニン色素を有するため、茶色〜黒色を呈します。
 ほくろには色々な種類があります。生まれつきあるもの、成長途中に現れてくるもの、平らなほくろや、盛り上がったほくろ、茶色や黒色のほくろ、肌色のほくろ、毛が生えているほくろなどです。昔からあったものが大きくなってきたり盛り上がってきたり、色が変わってきたり、かゆみがでたりする場合もあります。
 ほくろのようにみえても、シミや脂漏性角化症などの他の良性の腫瘍だったり、なかには基底細胞癌や悪性黒色腫などの悪性の腫瘍の場合もあります。
 普通の人が見ただけでは良性のものなのか、悪性のものなのか、放っておいてよいのか、治療すべきなのかわからないことが多く、時には医師がみても判断が難しいこともあります。
 次にあげるポイントをチェックしてみてください。2つ以上あてはまるようなら一度病院で診てもらうことをおすすめします。



・左右対称でない。
・周りがギザギザしている。
・色が均一でなく濃淡が混じっている。
・6舒幣紊△
・大きさや色、形が変化する

 これらが1〜2年の経過で変化するようなら要注意です。
 一年に一回は全身のほくろやシミをチェックしてみてください。自分で見えない頭髪部や背中はご家族にみてもらいましょう。また、ほくろをいじると変化することがあるのでできるだけ刺激をしないようにしましょう。
 良性のものであれば見た目が気にならなければ治療の必要はありません。目元や口元など場所によっては魅力的に見えたり、肌を白く見せたりすることもあります。治療法は、手術で切り取る方法とレーザーを使うものがあります。手術では単純にほくろの周りを切って縫合することがほとんどですが、大きさや場所によっては皮弁や植皮などの工夫が必要になることもあります。メスのかわりに炭酸ガスレーザーを用いる場合もあります。各々長所と短所があり、大きさや場所、組織検査の必要性などで治療法が異なります。
2019年10月30日(水) No.931 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

肥満と心臓病2 〜主食を減らそう


 今回も前回に引き続き、万病のもと「肥満」と「減量」についてお伝えしたいと思います。健康にダイエットするなら、食事と運動のバランスが大切ですが、『ただ体重を減らすだけ』なら食事の「内容」と「量」を変えれば良いのです。世の中には食事に関するダイエット法が多くありますが、科学的に根拠があるものは半分程度ではないかと思います。しかしながら科学的かつ医学がお勧めするダイエット方法が時代とともに変わってきたことも事実です。 昔はカロリー制限が王道でしたが、今は糖質制限が主流です。糖質制限に関しては、医師よって、その捉え方が異なっており、否定的な科学研究もあるのですが、短期間の減量効果に関してはかなり効果的です。
 糖質制限とは、「糖質」を多く含む食品・料理を食べない方法です。「糖質」というと甘いものをイメージされる場合が多いのですが、実際には、白米やパン、麺も糖質を多量に含む食品で、これらに含まれる「でんぷん」と、饅頭やケーキに含まれる「砂糖」には全く差がありません。つまり、間食していなくても、1日3食の主食に白米やパン、うどん、ラーメンなどを食べていては、痩せません。つまり、ダイエットしようとして、間食を減らしても、主食の炭水化物を減らさないと、なかなか脂肪は落ちないのです。


 ちなみに、糖質制限でやせる理由は2つあります。1つ目は、人間は糖質を日常のエネルギーとして使いますが、糖質を摂取しないと、代わりに脂肪やタンパク質がエネルギー源として使われるためにやせるというものです。2つ目は、糖質を摂取しないと、食べた脂肪が体に残らず、排泄されるというものです。食事中の「脂肪」は、食事中の「糖質」とくっついて、脂肪酸に変身した後で、内臓脂肪や皮下脂肪になります。そのため糖質が少なく、脂質が多いステーキなどの料理は、一見、太りやすそうですが、それ単体ではあまり太らないのです。
 明日から糖質制限でやせるためには、
1、主食の白米やパン、麺をやめるか減らす
2、間食で甘いものをやめる
3、お酒はビールをから焼酎かウイスキーに変えて、シメのラーメンをやめる、などを心掛けてください。
2019年10月30日(水) No.930 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)

女性と漢方(182) 〜生薬解説シリーズ 大黄(ダイオウ)・芒硝(ボウショウ)〜


 今回は漢方薬を構成している生薬のうち、「大黄」「芒硝」についてお話いたします。「大黄」は代表的な瀉下(シャゲ)剤(過剰なものを捨てる方剤)で、いわゆる下剤として多用されます。しかしながら、下剤として..
続きを読む
2019年10月30日(水) No.929 (山内先生(産婦人科)のコラム)

子どもの気になる病気 そのΕ劵肇僖譽灰Εルス感染症


 ヒトパレコウィルス(human parechovirus:HPeV)は、主に小さな子どもで上気道炎や胃腸炎などを起こし、咳、鼻水、発熱あるいは下痢、嘔吐などといった症状をきたします。大人も感染することがありますが、症状が..
続きを読む
2019年10月30日(水) No.928 (秋山先生(小児科)のコラム)

不眠症と薬物治療4


 睡眠障害が疑われたときにお医者さんに伝えるべきチェック事項としては

●不眠症状
 入眠困難、中途覚醒、早朝覚醒の有無。「寝付くのに何分以上」「目覚めが何回以上」などの数値基準はなく、眠れなくて苦痛や不安があればアリとする。子どもの場合は就床抵抗や一人で寝るのを怖がるという行動として表れることがあります。



●過眠症状
 眠気の有無とその性状。慢性的に持続する眠気(睡眠不足や睡眠時無呼吸症候群など)。突発的に出現する強烈な眠気(ナルコレプシー)

●睡眠時間帯の異常
 極端な遅寝や早寝、昼夜逆転、日々後方にずれ込んでいく睡眠時間帯、不規則で断片的な睡眠時間帯、週末の極端な寝だめなど

●睡眠中の異常現象
 呼吸異常(いびき、息こらえ、10秒以上の呼吸停止)、異常感覚(四肢などのむずむず感、ほてり、いらいら、虫が這う、電気が走るなど多彩)、不随意運動(こむら返り、痙攣)、睡眠中の異常行動(徘徊、激しい手足の動き、絶叫、大きな寝言など)、自律神経症状・その他(動悸、頻拍、パニック様症状、悪夢など)

 慢性的な不眠のある成人の約4割、慢性的な過眠(強い眠気)のある成人の約6割では、うつ病、気分障害、不安障害、アルコール依存など何らかの精神疾患が認められるという調査結果があるため、不眠や過眠など「何らかの睡眠問題」がある場合には、何度も簡単な問診を繰り返し聞かれることがあります。
2019年10月30日(水) No.927 (原口先生(薬剤師)のコラム)