タイトル

巻き爪〜治療編〜


 今回は巻き爪の実際の治療についてお話しします。
 巻き爪や陥入爪で、爪が肉に刺さって痛いときに自分で簡単に出来る治療があります。応急処置なので爪を矯正する力はありませんが、痛みは軽減されます。病院に行くほどでもないという方は一度ためしてみてください。
●テーピング
 爪が皮膚に食い込むことが痛みの原因なので、テープで引っ張って爪から皮膚を引き離すように固定します。テープの端をできるだけ爪の端ギリギリに貼り、皮膚ごとテープを強く引っ張りながら指の下を通し、反対側に回して固定します。深爪が原因で痛みが出ている方は、爪を伸ばすことが必要です。しかし伸びてくるまでに痛みが出て我慢できなくて切ってしまうことが多いのですが、そういうときにとても有効な方法です。テープは、布製の伸縮性のあるタイプが適しています。
●コットンパッキング
 コットンや脱脂綿を小さくちぎって丸め、爪が当たっている部分にピンセットなどで詰め込みます。爪と皮膚の隙間が広がり痛みが軽減されるので、軽度の巻き爪に効果的です。ただし、化膿していたり、コットンを挟む余地がない場合は強引に詰め込まないようにしてください。
 テーピングもコットンパッキングも、足を清潔にした入浴後がベストです。不衛生になるので1日1回は取り替えましょう。


 医療機関での処置が必要なものとしては、
●矯正
 ワイヤー、プレート、アクリルジェルなどで弯曲した爪を矯正する方法です。
●手術
 炎症が強く肉が盛り上がっていたり、爪の幅が広いことが原因の場合、爪を一部切除したり、爪の幅を狭くする手術を行うことがあります。
 どの治療を選択するかは、爪の巻き方や厚さ、ライフスタイルによっても異なります。しかし、単独で行っただけでは根本的な治療にならないことが多いのです。治療の基本は、爪の切り方、靴の選び方を見直すことです。
2019年08月28日(水) No.921 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

血液サラサラと心臓病


 今回のコラムでは、「血液がサラサラになる薬」を取り上げたいと思います。 昨今、血液がサラサラになる「食べ物」や「サプリメント」が注目されており、テレビで特集されるたびに、それらが飛ぶように売れております。しかし、医師の目線からすると、病院で処方される「抗血小板薬」や「抗凝固薬」ほど血液をサラサラにするものはありません。血液をサラサラにするとの評判の「納豆」や「酢」、「お茶」などを沢山食べたり飲んだりしても、薬にはかなわないのです。
 そもそもなぜ血液はサラサラが好まれるのでしょうか?それは、血液がドロドロだと血液が固まりやすくなり、血管の狭い部分に「血栓」を作るからです。血栓が心臓の血管を詰まらせると「心筋梗塞」となり、脳の血管を詰まらせると「脳梗塞」となります。このように血栓は様々な場所で、重い病気を引き起こすのです。


 では、全ての人が健康のために「血液をサラサラにする薬」を飲んだら良いのでしょうか?答えは「No」です。すべての薬には副作用があり、血液をサラサラにする薬も例外ではありません。血液をサラサラにする薬の主な副作用は「出血」です。軽症なら「青アザ」、「鼻血」、「血尿」などですが、重症ですと「脳出血」や「消化管出血」を引き起こします。これらの副作用を考えると、「血管が狭くなっている人」「心臓病の人」「脳梗塞を経験したことがある人」などにしか血液をサラサラにする薬は勧められません。
 心筋梗塞や脳梗塞は重篤な病気で、動脈硬化が主な原因です。病院で適切な検査を受ければ、これらの病気のリスクが分かり、ハイリスクであれば、血液をサラサラにする薬を勧められるでしょう。しかしながら、最も大切なことは、血液をサラサラにする前に、運動や健康な食生活、禁煙、減塩などで、動脈硬化を防ぎ、血管が狭くならないようすることであるのは間違いありません。
2019年08月28日(水) No.920 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)

女性と漢方(180) 〜漢方薬解説シリーズ 五苓散〜


 今回は『五苓散(ゴレイサン)』についてお話します。『五苓散』は何回も登場している漢方薬ですが、生薬の構成は「蒼朮(ソウジュツ)」「茯苓(ブクリョウ)」「沢瀉(タクシャ)」「猪苓(チョレイ)」「桂皮(..
続きを読む
2019年08月28日(水) No.919 (山内先生(産婦人科)のコラム)

子どもの気になる病気 そのぅ泪瀬砲砲茲覺鏡症


 屋外で遊ぶ機会が増える季節は、ダニの感染症に注意が必要です。ダニは草地に多く潜んでおり、普段は岩の影などにじっと隠れていますが、人や動物が近づくと排泄するCO2を感知し、表面に出てきて体に取り付きます..
続きを読む
2019年08月28日(水) No.918 (秋山先生(小児科)のコラム)

不眠症と薬物治療2


一般診療の中で遭遇する睡眠障害は睡眠障害国際分類第3版(ICSD-3)の分類で分けるとおおよそ80種類ほどあります。睡眠障害はその症状や病態からそれ自体、大きく7群に分類されます。
 最新の疾病及び関連保健問題の国際統計分類第11版(ICD-11)でも睡眠障害を新たな章として独立させる点で、ICD-11とICSD-3の分類はほぼ同一になります。 今回はその意味からもICSD-3(≒ICD-11)として表しています。


睡眠障害を呈する代表的な疾患
(1)不眠症…慢性不眠障害、短期不眠障害、その他の不眠障
(2)睡眠関連呼吸障害群…閉塞性睡眠時無呼吸障害、中枢性睡眠時無呼吸症候群、睡眠関連低換気障害など
(3)中枢性過眠症群…ナルコレプシータイプ、特発性過眠症、睡眠不足症候群など
(4)概日リズム睡眠・覚醒障害群…睡眠・覚醒相障害、不規則睡眠・覚醒リズム障害、交代勤務障害、時差障害など
(5)睡眠時随伴症群
・ノンレム睡眠随伴症…覚醒障害、錯乱性覚醒、睡眠時遊行症、睡眠時驚愕症、睡眠関連摂食異常症
・レム睡眠随伴症…レム睡眠行動障害、反復性孤発性睡眠麻痺、悪夢障害
・その他の睡眠随伴症…頭蓋内爆発音症候群、睡眠関連幻覚、睡眠時遺尿症など
(6)睡眠関連運動障害群…レストレスレッグス症候群、周期性四肢運動障害、睡眠関連下肢こむらがえり、睡眠関連歯ぎしり、睡眠関連律動性運動障害など
(7)その他の睡眠障害…環境因性睡眠障害

 それぞれの睡眠障害には特有の治療法があり、全体を眺めると睡眠薬が有効なのは不眠症やその他のごく少数の睡眠障害のみです。
2019年08月28日(水) No.917 (原口先生(薬剤師)のコラム)