タイトル

傷の処置


 一昔前、傷は消毒をして乾燥させて治す事が一般的でした。当然のように病院でも行われてきたことですが、最近は考え方が180度変わってきています。
 最近の創傷治療の考えは、「傷口は湿潤環境におき、消毒は不必要」とされています。湿潤環境とは潤った状態のことです。傷から染み出してくる浸出液には傷を治す成分が多く含まれており、適切な湿潤環境では細胞は生き生きと増え、えぐれた部分も含め皮膚が覆ってきます。傷を乾かしてしまうと細胞は干からびて死滅し、傷はなかなか治りません。
 消毒薬は傷口の細菌を殺しますが、体の細胞や傷を治そうとしている成分も障害を受けてしまいます。細菌は洗うだけで十分綺麗に流されます。


 実際には、まず傷を負った直後に傷口についた汚れをよく洗います。砂などが残ると、「外傷性刺青」になり、後々に色が取れなくなるので注意が必要です。
 毎日の処置でもまず傷を洗います。傷を早く綺麗に治す上で最も大切なのは、傷を清潔に保つ事です。汗や老廃物などの汚れが傷のまわりにたまると、感染症の原因となってしまいます。洗うのは水道水で構いませんが、浴槽に溜まっているものは汚い場合があるので使いません。石鹸やボディソープの泡でやさしく洗いましょう。
 軟膏には、傷を早く治す薬、感染した傷を治す薬など、また傷の性状によって、傷から出る水分を保持するものや吸収するものなどがあります。状態と合わない薬を用いると治りを遅くすることもあり、専門医の適切な判断が必要です。
 また、傷を湿潤に保つような被覆剤やサランラップ療法などは、どんな傷にも使える訳ではありません。このような被覆剤はきれいな傷で初めて効果が期待できるもので、死んだ組織が残っていたり、化膿しているような傷に何日も貼り付けていたのではかえって傷は悪化してしまいます。
 自宅で処置できる傷かどうかを見極める事が大切です。深い傷や、砂などが自分で取りきれない場合は病院で適切に処置をしてもらいましょう。
 次回は、傷が治った後の「傷あとのケア」についてお話しします。
2018年12月26日(水) No.879 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

まだ、タバコを吸っているあなたへ


 これまでは、血管病である「下肢静脈瘤」と「大動脈瘤」のお話を書いてきましたが、今回から心臓病と生活習慣を中心にお伝えしたいと思います。
 生活習慣と心臓病は非常に密接に関係しておりまして、今回は特に喫煙習慣に注目したいと思います。イギリスでの研究によると、若いころからタバコを吸い続けると約10年寿命が縮むと報告されております。これは喫煙習慣が、肺癌や肺気腫などの肺の病気以外に、心臓病や脳卒中を引き起こすためと考えられております。心臓病の中で有名なものの一つに「心筋梗塞」があります。「心筋梗塞」は、心臓の原動力である心筋に血液を送っている「冠動脈」という血管が詰まってしまい、一部の心筋が死んでしまう病気です。医学の発達した現在でも、発症すれば10人に1人が死ぬ病気で、助かっても心臓に後遺症が残ることがあります。こんな恐ろしい心筋梗塞ですが、1日1箱タバコを吸い続けると、発症する可能性が2〜3倍になると言われております。
 心筋梗塞の治療はカテーテルによる血管内治療と開胸を伴う冠動脈バイパス手術があります。軽症から中等症の場合はカテーテルによる血管内治療で、重症となると、冠動脈バイパス手術を受けなければいけません。バイパス手術では、太さ1.5〜2.5个隆動脈に、太さ2〜3个侶豐匹鯔イい弔韻詆要があり、これを1回の手術で3〜5ヶ所行うため、手術時間が6〜8時間かかる大手術となります。命を救うための手術ですが、時には手術に耐えられず命を落としてしまう患者さんもいらっしゃいます。


 北海道の喫煙率は全国1位で24.7%
だそうです。また、タバコの煙は家族や子供にも同様の健康被害を引き起こします。まだタバコを吸っているあなたへ。そろそろ考え直してみませんか?
2018年12月26日(水) No.878 (仲澤先生(心臓血管外科)のコラム)

アトピー性皮膚炎


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、バーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【島大】「嶋川先生、今日も少し教えて欲しい事があるの..
続きを読む
2018年12月26日(水) No.877 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方(172)〜漢方薬を使うときの問診ポイント〜


 漢方診療では舌を診たり(望診)、脈やお腹を触ったり(切診)、患者さんの声のはりや大きさを聞く(聞診)以外に西洋医学と同様に患者さんに直接問う(問診)という診察過程がありますが、特徴は「医師が積極的に聞か..
続きを読む
2018年12月26日(水) No.876 (山内先生(産婦人科)のコラム)

小児とピロリ菌 その  ピロリ菌検診


 近年、北海道、長野県などを中心に中学生を対象にしたピロリ菌検診を実施する市町村が増えてきています。すでに道内30か所以上の市町村で行われています。北見市の近郊では、美幌町がH26年から、網走市でもH28年から実施されています。その結果を紹介しましょう。美幌町のH26年度の検診は1次、2次検診で尿中抗体検査、尿素呼気試験を行っていますが、H28年は1次検診で尿中抗体検査のみ、2次検診で便中抗原検査、尿素呼気試験を実施しています。全国的には1次で尿、2次で尿と呼気試験という組み合わせが多いようです。結果を表に示します。


美幌町、網走市とも中学生のピロリ菌感染率は3〜5%台で全国の結果と差はありませんでした。検診はすべて無料ですが、除菌は美幌町は無料、網走市は自費となっています。美幌町、網走市とともに今後も引き続き毎年中学2年生を対象にピロリ菌検診を行ってゆく予定です。ピロリ菌検診は、胃がんのリスクを減らす画期的な試みと評価されており、今後さらに多くの自治体で行われてゆくものと思われます。
2018年12月26日(水) No.875 (秋山先生(小児科)のコラム)

インフルエンザと異常行動 (前編)


 平成13年に発売されたタミフルは、インフルエンザによる発熱期間を短縮する効果が評価されて処方量が急増。それと時期を同じくして、タミフルを服用した子どもが自宅マンションから転落するなどの異常行動が相次いで、平成19年にはタミフルの添付文書の警告欄に「10歳以上の未成年の患者では、原則として使用を差し控えること」という注意書きが記載され、事実上10歳代患者にタミフルを処方できなくなっていました。


 しかし、ほどなくリレンザ(ザナミビル)などの他の抗インフルエンザ薬を使用した患者でも異常行動が出現することが判明し、「異常行動はタミフルの副作用ではなく、インフルエンザに罹患したこと自体で発現し得る症状なのではないか」という考えが主流になっていきました。実際、厚生労働科学特別研究事業「インフルエンザ様疾患罹患時の異常行動に係る全国的な動向に関する研究」の調査報告書でも、平成21年以降の報告では、「抗インフルエンザウイルス薬の種類、使用の有無と異常行動については、特定の関係に限られるものではない」と記載され続けてきました。
 愛知医大の奥村彰久教授のグループによる研究などにより、平成30年5月に10歳代の患者への使用が原則禁止されていたタミフルが、約10年ぶりに処方可能になる方針が厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会で決定され、現在は処方できるようになりました。
 しかし、解禁されたと言っても、今後はタミフルを投与した10歳代の患者に異常行動が発現しなくなるという訳ではないので、これまで通り抗インフルエンザ薬の服用者だけでなく、服薬していない患者でも異常行動に注意していくことが必要です。特に小学生から中学生の男児に異常行動が発現しやすいので、注意が必要だと思います。
2018年12月26日(水) No.874 (原口先生(薬剤師)のコラム)