タイトル

乾癬の新薬


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、網走のバーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃい。」
【島大】「嶋川先生、いらっしゃいませ。今日も少し教..
続きを読む
2017年08月02日(水) No.805 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方(155) 〜グループをなす漢方薬 (建中湯類)〜


 漢方薬は基本骨格となる生薬の組み合わせにさらにいくつかの生薬を重ねることでバリエーションを増やしていきます。これらはグループをなす処方群として認識することができます。今回は『桂枝加芍薬湯(ケイシカシ..
続きを読む
2017年08月02日(水) No.804 (山内先生(産婦人科)のコラム)

小児の細菌性腸炎「血便」 その


▲ンピロバクター腸炎
 あまり聞いたことがないかもしれませんが、食中毒では、サルモネラ、腸炎ビブリオ、黄色ブドウ球菌についで発生頻度が高く、近年増加傾向にあります。カンピロバクターは、ニワトリ、牛..
続きを読む
2017年08月02日(水) No.803 (秋山先生(小児科)のコラム)

帯状疱疹について


 今年は前回お話しした様に、寒い日が続いたかと思うと急な気温の上昇など気候の変化も激しく、そのせいか抵抗力や免疫の低下などで帯状疱疹になる方が多い気がします。
 帯状疱疹の話を患者さんしてみると、ほ..
続きを読む
2017年08月02日(水) No.802 (原口先生(薬剤師)のコラム)