タイトル

毛孔性苔癬


 今日は嶋川先生とのぞめさんはバーライアのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田吉】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。嶋川先生、丁度良かったです。先生に少し聞きたいことがあったので..
続きを読む
2016年12月29日(木) No.777 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方(148)〜認知症に対する漢方薬〜


 「財布がなくなった」「赤いヤッケを着た女の人がいる」「私はどこも悪くない」「家族がみんなだらしないので気合いをいれている」「どうもお邪魔しました」。これらはレビー小体型認知症と画像診断された82歳の女性の言動です。正常な方でも発する言動ですが、時と場合によっては、周辺の人もおかしな言動と感じることがあります。
 当院には老健施設に入所中の方も婦人科のトラブルでよく来院されますが、認知症が進行してくると介助されるスタッフや家族の方もいろいろな意味で大変です。数年前から認知症に対する漢方薬として『抑肝散(ヨクカンサン)』が注目され、最近使用されている方も多いようですが、今回はこの薬に関してお話いたします。


 『抑肝散』は「釣藤鈎(チョウトウコウ)」と「柴胡(サイコ)」という生薬の組み合わせで鎮静の効果が強い漢方薬です。もともとは小児の夜泣きやひきつけに用いられていましたが、最近の研究では特にレビー小体型認知症の不眠・徘徊・不安・焦燥感・食行動異常・幻覚・妄想・暴言・暴行などの周辺症状にも有効なことが分かってきました。
 以前に認知症の女性に使用しましたが、数週間後には全般的に「落着き」が現れてきたようでした。その後、その方のご主人が妻の認知症を受け入れることができずに怒鳴り散らすことが多くなるという家族の訴えで、今度はご主人にも『抑肝散』を処方しました。
 夜泣きの子供には母親のストレスを考慮して母親も同時に服用(母児同服)することが効果的であることは古来から知られています。先の症例では夫婦同服によりご主人も妻の認知症の理解と「落着き」が現れてきたようです。
 『抑肝散』は近年になって頻用され、その有用性が特に「レビー小体型認知症の緊張状態を緩和する」という点で認められていますが、記憶障害、認知機能障害などの中核症状の改善には至っておりません。すなわち『抑肝散』は認知症そのものを治す漢方薬ではなく、日常生活動作の改善、介護者の負担の軽減につながる有用な漢方薬として位置づけられます。漢方薬の効果を過度に期待するのではなく、この点を理解して使うことが重要です。
2016年12月29日(木) No.776 (山内先生(産婦人科)のコラム)

学校検尿


 学校検尿は、1974年に始まり40年を超える歴史を持つ、世界でもまれなスクリーニング方法です。小児慢性糸球体腎炎による慢性腎不全の発症が米国の1/4であること、学校検尿世代は明らかに慢性腎不全の患者数が少ないことなどから、学校検尿の有用性が評価されています。
・方法
 早朝尿を家庭で採取して、これを学校に集めて検診機関に委託、検査する方式が全国で行なわれています。ほとんどの地域で、1回目と2回目の検査は検診機関で、2回続けて異常がみられた場合の精密検査は、かかりつけ医を受診させるシステムをとっています。
・結果
 H25年に行なわれた全国調査の
結果は、血尿・蛋白尿が小学生0・02%、中学生0・06%、蛋白尿単独は小学生0・12%、中学生0・44%、血尿単独は小学生0・27%、中学生0・36%でした。学校検尿の最大の目的は、糸球体腎炎を発見することにあります。その頻度は、小学生で1万人に3〜5人、中学生で5〜10人とされています。
 尿所見別の慢性腎疾患の確率は、蛋白尿+血尿で69・3%蛋白尿単独の場合9・4%、血尿単独で4・7%でした。蛋白尿+血尿の慢性腎疾患のうち70%はIgA腎症とされています。このIgA腎症ですが、最近の4剤によるカクテル療法の導入により、10年後の予後が著明に改善しており、早期発見、早期治療の重要性が増しています。腎疾患はほとんどが無症状ですので、早期発見の観点から学校検尿の有用性は明らかです。
・北見市の結果(表)


 過去5年間で、蛋白尿+血尿は8人でした。この8人はすべて精密検査を受けており、現在も定期的にチェックされています。一方、精密検査の受診状況をみてみると、小学生で精密検査が必要とされた196人のうち80人 (40・8%)、
中学生171人のうち132人(77・2%)が精密検査を受けていませんでした。この中には以前精密検査を受けていられる方も多く含まれているのでしょうが、大丈夫とかってに判断しているケースもありそうです。フォローアップ体制を見直してみる必要があります。
2016年12月29日(木) No.775 (秋山先生(小児科)のコラム)

薬の基本2


 今回は薬を有効で安全に使うための方法をお伝えします。
 薬にはそれぞれ有効に効く飲み方などがあり、その通りに飲まないと効果がなかったり副作用が出やすかったりします。
 内服薬を飲むタイミングとしては食前(食事の30分位前、胃に食べ物が入っていないとき)、食後(食後30分以内、胃に食べ物が入っているとき)、食間(食後2時間くらい、食事と食事の間で食事中ではありません)、寝る前(就寝15〜30分位前)、とんぷく(痛い時や発作時など必要のある時服用する薬で食事は関係なし)があります。その他湿布薬などの外用剤もあって貼付剤などはお風呂を上がって30分以後など人それぞれの使い方があるので、それに関してはお医者さんや薬剤師によく聞いて用法を守ってください。


 また、薬は倍飲んだからと言って倍の効き目が出るわけではなく、多く飲みすぎることによって中毒症状や副作用が出やすくなることもあり注意が必要です。もし飲み忘れに気付いたときは次に飲む時間や体から薬が排泄される時間の計算などもあるので、慌てて2回分飲まないこと、また症状がよくなったからと言って勝手に止めると、病気が再発したり完治しないこともある他、思いもよらない副作用が発現する事がありますので、必ずお医者さんか薬剤師に相談しましょう。
 お医者さんから処方された薬はあなただけの薬で、その人の年齢、性別、体質、症状、病気、検査データなどを考慮の上、処方されています。女性は飲めるが男性には使えない薬やその逆もあり、また年配者には使えるが若い人には使えない薬などもあります。
 症状が似ているからと言っても他の人に自分の薬をあげるのは大変危険ですので、絶対止めて下さいね。
2016年12月29日(木) No.774 (原口先生(薬剤師)のコラム)

水虫と糖尿病


 今日は嶋川先生とのぞめさんは、ギネスバーライアのようです。
【嶋川、のぞめ】「田吉さん、今晩は。」
【田吉】「いらっしゃいませ。嶋川先生、今日は先生に少しお聞きしたい事があったのですが、宜しいで..
続きを読む
2016年12月01日(木) No.773 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方(147)〜インフルエンザに対する漢方薬〜


 抗インフルエンザ薬が十分に供給される保険システムを有する日本においては、2010年の新型インフルエンザ流行期には世界で最も死亡例が少ない国でした。症状の早期軽快、重症化の回避などの最近の薬の治療効果..
続きを読む
2016年12月01日(木) No.772 (山内先生(産婦人科)のコラム)

児童、生徒の突然死


 恐ろしげなタイトルになってしまいましたが、生徒の突然死を説明することで、学校心電図検診の大切さを理解していただけたらと思います。
 現在、学校管理下で年間どのくらいの生徒が突然死しているのでしょう..
続きを読む
2016年12月01日(木) No.771 (秋山先生(小児科)のコラム)

薬の基本1


 今回から数回に分けて薬の基本として、安全に使うための方法や正しい使い方、かかりつけ薬剤師や薬局の話、薬の専門家の話などをシリーズでお伝えします。分かりきっている方も多いと思いますがもう一度おさらいし..
続きを読む
2016年12月01日(木) No.770 (原口先生(薬剤師)のコラム)