タイトル

帯状疱疹


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、網走のバー、ザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【原菅、田吉】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【田吉】「嶋川先生、今日もちょっとお聞..
続きを読む
2015年10月29日(木) No.721 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方(134)〜風邪と漢方薬 


 風邪は多くの方がかかりますし、何度も引きますので、今までの治り具合との比較が可能です。実は風邪は最も漢方のありがたさが体感できる症状の一つです。
 漢方薬はその人の体質や体格、風邪の時期によって処..
続きを読む
2015年10月29日(木) No.720 (山内先生(産婦人科)のコラム)

子どもの長引く咳


 今回は、子どもの長引く咳についてです。今まで薬を飲んでも咳がなかなか治らず、いつになったら治るんだろう?と思いながら通院を続けた経験がある方はたくさんいると思います。大人と比べ、もともと子どもは咳の反射が強く、タンをうまく出せないこと、気道の炎症による気道の過敏な状態が長く続くことなど、いろいろな要因で咳が長引いてしまう傾向があります。
咳の期間が3週未満のものを急性の咳、3〜8週のものを遷延性の咳、慢性の咳は8週以上続くものと定義されています。


長引く咳について、注意すべきポイントをいくつかあげてみましょう。
’齢により原因となる疾患が異なる
幅広い年齢でよく見られる疾患として、後鼻漏(ドローっとした鼻水が鼻の奥からのどの後壁にたれる状態)を伴う疾患、気管支喘息やアレルギー性鼻炎といったアレルギー疾患、受動喫煙、感染症後の咳などがあります。
一方、年齢で特異的なものとして、乳児期には誤嚥、胃食道逆流現象(食道と胃の境目の発達が未熟なため、哺乳後横になると胃の内容物が食道からのどの奥に逆流する)による咳、先天性の喉頭や気管軟化症などがあり、乳児期には事故による気道異物などにも注意する必要があります。学童期(小学生以降)になると、アレルギー関連(鼻炎、喘息)や、マイコプラズマ肺炎などの感染症、また非感染症因子として心因性の咳(チックの一種)、あるいは小児は大人と比べるとかなり少なくなりますが咳喘息、アトピー咳嗽なども考慮する必要があります。
■現鬼岼幣綢海慢性の咳の原因の多くが、感染症以外の原因による
感染を伴った咳は、長いもので3〜8週で治まる傾向にあります。原因菌として、百日咳菌、肺炎マイコプラズマ、肺炎クラミジアなどがあります。
2015年10月29日(木) No.719 (秋山先生(小児科)のコラム)

腸内フローラ1


 私たちの腸の長さは約10メートルです。それを広げるとテニスコート1面分にもなります。そこに、まるでお花畑のように腸内細菌が生息しています。腸内細菌だけで重さにすると1.5キログラムから2キログラムにもな..
続きを読む
2015年10月29日(木) No.718 (原口先生(薬剤師)のコラム)

爪水虫


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、網走のバー、ザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【原菅、田吉】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【田吉】「嶋川先生、今日も少しお聞きしたい事があったのですが、宜しいですか?」
【嶋川】「もちろん良いですよ。どうしましたか?」
【田吉】「実は私の友人が、水虫になったようなのですよ。しかも爪も水虫になってしまったらしいのです。」
【嶋川】「そうですか。ところで、水虫というのは病院を受診して水虫と診断されたのですか?」
【田吉】「病院にはまだ行っていないようです。」
【嶋川】「皮膚科を受診して、水虫かどうかはっきりとさせた方が良いですね。皮膚科を受診する患者さんで、自分で水虫だと思っている人の中で、三分の一は水虫以外の病気だったというデータもあります。」


【田吉】「そうですね。そのように言います。ところで、爪の水虫の場合には、飲み薬も飲まなければ治らないと聞きました。そして、爪水虫の飲み薬は、肝臓に負担がかかるという話も聞いたことがあるのですが、本当なのでしょうか?」
【嶋川】「足の裏の皮膚の水虫であれば、塗り薬を根気よく続ければ治りますが、爪にも菌が入ってしまっている場合には、飲み薬も併用しなければ治りにくいというのは本当です。しかし、爪水虫の飲み薬が、必ずしも肝臓に負担がかかるというのは、正しくはありません。大部分の人は何も起こらないのですが、1%から2%の人では、薬が体に合わないので肝臓の検査の数字が上昇する事はあります。でも、きちんと血液検査をした上で、服用すれば心配はいりませんよ。」
【田吉】「分かりました。でも友人は元々肝臓が悪いので、飲み薬は飲みたくないらしいのですが。」
【嶋川】「肝臓に関しても、一度皮膚科を受診して相談をして見ると良いと思います。また新薬の塗り薬で、爪水虫に対しても、従来の塗り薬よりも良く効くものがありますから、飲み薬を飲まなくても治る可能性も十分にあると思います。とにかく、専門医に相談する事をお勧めします。」
【田吉】「分かりました、有難うございます。」
【原菅】「ところで嶋川先生、今日は何を召し上がりますか?」
【のぞめ】「今日はあれだね。」
【嶋川】「そうか。」
【のぞめ】「スコッチウイスキーとドランブイをステアしたものをお願いします。」
【原菅】「はい、かしこまりました。」
2015年10月02日(金) No.717 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方(133)〜副鼻腔炎と漢方薬〜


 副鼻腔炎(一般的にいう蓄膿症)の原因にはいろいろありますが、急性期は抗生剤を併用した方が無難でしょう。しかしながら、薬物アレルギーや副鼻腔炎による合併症がある場合は漢方治療を選択されるのも一つの手段..
続きを読む
2015年10月02日(金) No.716 (山内先生(産婦人科)のコラム)

溶連菌感染症のギモン


 現在、溶連菌感染症は迅速診断ができ、抗生剤の使用により、ほとんどが1日で解熱する医者にとって診断、治療が容易な疾患となっています。しかし集団感染を起こしやすいためか、保育園や学校では異様に恐れられて..
続きを読む
2015年10月02日(金) No.715 (秋山先生(小児科)のコラム)

新しい研究!腸の花畑!?


 今回は、最近TVでもよく特集が組まれている新しい研究、腸内フローラについてお話したいと思います。
 そもそも腸内フローラとは何なのでしょうか?


 私たちの腸の中にはたくさんの細菌が生息していて、その種類は100以上で、個数は100兆個にもなります。
 特に小腸の終わりから大腸にかけては植物が種類ごとに集団で群れて花畑を作っている様に、細菌も集落をつくって群れています。そこでその様子を見て腸内フローラ(腸内花畑)と呼んでいます。(専門的には腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)と言います。)
 ではそれが私たちの健康とどう結びついているのかということを新しい研究として進めている人たちがいます。今年の2月に放送されたNHKスペシャルでは、お腹の調子が良くない、ダイエットの成果がなかなか出ないなど、ちょっとした事に腸内フローラの影響があるかも知れないと、最新の遺伝子解析技術を用いて腸内細菌の持つ知られざるパワーに迫りました。
 腸内細菌と言えば単純に善玉菌、悪玉菌という言葉が頭に浮かぶでしょうが、先ほどお話したようにその種類は100以上に及びます。その細菌の種類によっては菌自体が出す物質が、私たちの美容や健康に様々な影響を及ぼしている事が解ってきました。
 がんや糖尿病などの病気や肥満や肌のシワなどの体質、うつ病や痴ほう症などにも関係しているのではないかと、欧米では国家研究プロジェクトが動き出し、腸内細菌の全貌を解明すれば医療に大きな変革をもたらすのではないかという期待が高まっていて、日本でも腸内フローラを治療に生かす研究が、順天堂大学医学部などで次々と始まっています。
 次回はその詳しい内容についてお話する予定です。
2015年10月02日(金) No.714 (原口先生(薬剤師)のコラム)