タイトル

黄色腫


 嶋川先生とのぞめさんは、今日も網走のバーライアのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【本山】「嶋川先生、のぞめさんいらっしゃいませ。」
【島大】「嶋川先生、少し相談があったのですが、よろ..
続きを読む
2015年02月06日(金) No.684 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方(125) 〜気管支炎と漢方薬〜


 インフルエンザなどのウイルス性疾患の解熱後に長引く咳に悩まされることはしばしばあります。悪化すると気管支喘息に移行する恐れもありますので、適切な治療が大切です。細菌感染を伴う場合には、感受性のある抗..
続きを読む
2015年02月06日(金) No.683 (山内先生(産婦人科)のコラム)

冬に流行する感染症 インフルエンザぁ〕彭


 冬の感染症の代表であるインフルエンザについて、これまで発生状況、異常行動、脳症について述べてきましたが、今回はとくに注意していただきたい点をまとめてみました。
 インフルエンザの感染対策として、飛..
続きを読む
2015年02月06日(金) No.682 (秋山先生(小児科)のコラム)

薬剤師の仕事


 薬剤師の仕事の中の一つとして薬の調剤、正しい説明、投薬がありますが、薬の効果や残薬の確認、副作用の発現など、患者さんにとってはいちいち聞かれるのが面倒と思える事がたくさんあるかも知れません。
 し..
続きを読む
2015年02月06日(金) No.643 (原口先生(薬剤師)のコラム)