タイトル

黄色腫


 今日も嶋川先生は、札幌のバー内竹さんのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【内竹】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【ゆきみ】「嶋川先生、先日は皮膚が白くなる病気のことを教え..
続きを読む
2014年04月03日(木) No.657 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

子どものアレルギー ペットとアレルギー


 最近、動物でアレルギーを起こす子どもが多くなっています。室内でペットを飼う機会が増え、また今の機密性の高い住宅も増加の一因となっています。
 動物アレルギーの原因(アレルゲン)として、もっとも起こ..
続きを読む
2014年04月03日(木) No.656 (秋山先生(小児科)のコラム)

女性と漢方(115) 〜抗生剤が使えない歯肉化膿症〜


『56歳Mさん。歯肉病でレーザー治療を受けているが、最近は症状が悪化。抗生剤が合わず歯科医からは「自己免疫力を上げるしかない」と言われ、漢方で何とかならないかと来院。』
 Mさんは、生真面目な方でストレスも多く、以前に『四逆散(シギャクサン)』を数年飲んでいた方でした。しばらく、こちらは服用していませんでしたが、今回は『排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)』をまず2週間飲んでもらうことにしました。結果はとても良く効いたようで、3ヶ所のうち、上の前歯と左上の奥歯の部分はほぼ完全によい。もうひとつの上の右の犬歯の部分はもう少しです。」と話されました。かかりつけの歯科医にも「歯周菌が冬眠?しているね」と言われたようです。数週間でかなり良くなったのですが、本人も継続を希望されているので、就寝前に一包飲んでもらうことにしました。数か月経って来院されたときは、症状も安定していりようでした。
 通常の歯科治療に難渋している歯痛・歯槽膿漏・歯肉炎に『排膿散及湯』が有効な例はしばしばあります。『排膿散及湯』には確かに抗菌作用がしっかりあるようです。婦人科てきには、女性のバルトリン腺膿瘍の再発しやすい方や難治例にはよく処方いたします。長期で飲んでもらうと、再発しにくくなったり、再発しても症状が悪化しないと飲まれた方はおっしゃいます。また、化膿しやすいニキビなどにも応用されます。


 化膿性疾患には現代医学では、抗生剤という武器が確立しており大変有効ですが、それと漢方薬を併用したり、Mさんのように、抗生剤がアレルギーその他の理由で使えない方には、セカンドチョイスとしての漢方薬はとても有効と思われます。
2014年04月03日(木) No.655 (山内先生(産婦人科)のコラム)

春眠あかつきをおぼえず


 北海道も少しずつ日差しが暖かくなり、なぜか眠たくなる春の季節がやってきました。
 私は1日8時間以上寝ないとダメとか、私は何年も1日4時間くらいしか寝ていないけどいたって健康とか、睡眠時間は人によってそれぞれですが、それって人と比べてどうなんだろうと思った事はありませんか?
 睡眠時間についてはヨーロッパの研究で、ある遺伝子が深く関与していて、解析をした結果その遺伝子の形の違いにより、長い睡眠時間が必要な人と短くても問題のない人がいる事がわかりました。
 また、この遺伝子は体内時計の調節にも関与していると言われています。
 それはさておき一般的に最適な睡眠時間は6〜8時間程度と言われており、睡眠時間によってホルモンの分泌などが変化し、色々な病気に影響しているとの報告もあります。
 たとえば、睡眠時間7時間台の場合に高血圧症の発症が最小となったり、6〜8時間より長くても短くても糖尿病関連の数値が悪化したり、睡眠不足によって食欲ホルモンが上昇し食欲が増加したり、満腹ホルモンが低下するため満腹感が減少したりします。 また、6〜7時間の睡眠で抑うつ状態も減少するそうです。


 病気の悪化などを別に考えても、寝不足などによる経済的損失は大きく、眠気などによる作業効率の低下で年間3兆665億円、その他欠勤731億円、遅刻810億円、早退75億円、交通事故で2413億円と全国で年間トータル3兆5000億円にもおよぶと言われています。
 一番身近に感じるものとしては、寝不足の翌日に何となく不機嫌になって起こる夫婦喧嘩はどうでしょう?
 アメリカのある研究で、睡眠不足の翌日の配偶者とのやりとりを「好意的なもの」、「否定的なもの」と分けて記録してもらったところ、妻の睡眠不足が多いほど〈支えてもらった〉、〈大切にされた〉などの好意的なやり取りが減少し、〈否定された〉、〈無視された〉などの否定的なやり取りが増加していました。ただし、夫の睡眠不足では夫婦間の対話に影響を及ぼしませんでした。どうやら妻の睡眠障害は本人だけではなく、夫にも多大な損失をもたらすとの結果が出た様です。
2014年04月03日(木) No.654 (原口先生(薬剤師)のコラム)