タイトル

ジベル薔薇色粃糠疹


 今日も嶋川先生とのぞめさんはバー里美のようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【緒詩里】「嶋川先生、のぞめさんいらっしゃい。」
【里美】「もうすっかり寒くなってしまいましたね。」
【緒詩里..
続きを読む
2013年11月29日(金) No.637 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

子どものアレルギー⑥ 学童期以降の食物アレルギー


 食物アレルギーの有病率は、乳幼児期が5〜10%ですが、学童期には1〜2%まで低下します。それでも10〜30万人いることが推測されます。乳幼児に発症した鶏卵、乳製品、小麦などの食物アレルギーの多くが、年齢とともに接取できるようになってゆきます。
 年長児の食物アレルギーの原因食物としては、食生活の広がりとともに、果物類、魚介類、甲殻類、ソバ、ナッツ類など多彩になります。年長児からの発症例は、乳幼児期の卵や牛乳と比較し、耐性が獲得されにくい特徴があります。口腔アレルギー症候群や食物依存性運動誘発アナフィラキシー(中学生で6000人に1人の頻度)という特殊な食物アレルギーも学童期以降に発症することが知られています。とくに北海道はシラカバによる花粉アレルギーが多く、それに伴う口腔アレルギー症候群、とくにバラ科の植物であるリンゴ、モモ、サクランボなどで症状が出て、受診されるケースがよくみられています。
【口腔アレルギー症候群とは?】
 特定の果物や野菜を摂取後すぐに、口腔内のかゆみやイガイガ感、のどがつまる感じなどの口腔内の症状をきたす疾患です。症状は口腔内に限局している場合がほとんどですが、まれに全身症状を起こすことがあります。
 一般に同じ果物や野菜でも生の食品で出やすく、加熱することで食べることができます。花粉と類似した抗原構造を持つ食物に反応(交叉抗原性)すると考えられており、花粉食物アレルギー症候群とも呼ばれています。花粉と交叉抗原性を起こす可能性がある果物を表に示します。北海道におけるシラカバ花粉症の患者さんの20〜40%に口腔アレルギー症候群の合併があるとされています。症状が出る果物などは口にしないよう気をつけることが大切です。

2013年11月29日(金) No.636 (秋山先生(小児科)のコラム)

女性と漢方(111) 〜かぜの考え方と漢方②〜


 前回は、かぜの対応方法はまず現時点での身体の状態が、どのステージにあるかの把握が大切であることと、「かぜの引き始め」にも相当する「表寒」のステージの対応についてお話しました。かぜは病状の位置が「表」(体表)から「裏」(身体の内部)へ進んでいきますが、途中に「半表半裏」(咽頭や口腔内などの表と裏の中間位置)というステージがあります。これは、症状が「表」からやや内側に移行した状態です。咳・痰・喉の痛み・胃の不調、そしてこのステージでしか現れない「往来寒熱」(悪寒と熱感が交互に出現すること)が認められることがあります。また「胸脇苦満」と呼ばれる胸から脇にかけての不快感(吐き気などを含む)が出現することもあります。


 このステージになりますと、「柴胡(サイコ)」という生薬が治療のカギになりますが、中でも『小柴胡湯(ショウサイコトウ)』はよく用いられる漢方薬です。「喉の痛み・熱感」が強ければ、熱を収める「石膏(セッコウ)」や喉飴などによく含まれている「桔梗(キキョウ)」をこれに加えたりします。
 インフルエンザと診断され、抗ウイルス剤などで解熱を得たあと、咳や胃腸の不調が続くことがよくあります。もともと、『小柴胡湯』は感染症がこじれた場面で適応となるケースが多く、このような局面で現れる症状に対応する生薬がバランスよく配合されています。
さて、『小柴胡湯』は「柴胡(サイコ)」や「半夏(ハンゲ)」といった乾かす生薬が含まれていますから、用いる場合には「身体が渇いていない」ということが大前提になります。それでは、渇いていないことの証明はどうすればよいのでしょうか。
 それは舌をみて乾燥していないことを確認することでなされます。通常の舌には適度な粘り気がありますが、身体が渇けば舌も乾燥傾向になります。ちなみに「裏」のステージに近づくと、舌には「苔(コケ)」付着するようになります。
 舌の状態からは様々な情報が得られますので、東洋医学的診断にはかかせない手技です。風邪のこじれた状態になられた方は、ご自分の舌を一度鏡でご覧になってはいかがでしょうか。
2013年11月29日(金) No.635 (山内先生(産婦人科)のコラム)

十二月に多い病気


 十二月になると気温が下がり寒くなってきます。寒くなってくると、胃腸への血液の流れが悪くなると同時に、胃腸の動きが悪くなってきます。そうなると多くなってくる消化器疾患の代表的なものとして、胃・十二指腸..
続きを読む
2013年11月29日(金) No.634 (本間先生(内科)のコラム)

睡眠の時間


 睡眠は使い続けた脳や体の疲労を回復し、精神活動を正常に維持したり健康を保つために必要不可欠です。人間は成人で6〜8時間が一般的で、それ以上短くても長くても老化を早めるとの研究もあるようです。
 意識..
続きを読む
2013年11月29日(金) No.633 (原口先生(薬剤師)のコラム)

脱毛症


 今日も嶋川先生とのぞめさんはバー里美のようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【里美】「いらっしゃいませ。」
【緒詩里】「嶋川先生、のぞめさん、今晩は。実は私の友人が最近髪の毛が抜けて来て円..
続きを読む
2013年11月01日(金) No.632 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

子どものアレルギー⑤ アトピーの発症予防


 乳児期早期の食物アレルギーやアトピー性皮膚炎の発症を予防できないか、いろいろな試みがなされています。
【1】妊娠中の除去食と発症予防
 胎児への移行が問題となる妊娠8ヶ月からの食物アレルゲンの除去..
続きを読む
2013年11月01日(金) No.631 (秋山先生(小児科)のコラム)

女性と漢方(110) 〜かぜの考え方と漢方①〜


 漢方でのかぜの対応方法は、まず現時点での身体の状態がどのステージにあるかの把握が大切です。 かぜは身体の外からやってきて、徐々に内部に侵攻すると考え、東洋医学では症状も「表」から「裏」に向かって変化..
続きを読む
2013年11月01日(金) No.630 (山内先生(産婦人科)のコラム)

十一月に多い病気


 十一月になるとだいぶ気温が低くなってきます。気温が低くなると、血管が収縮して血圧が上がりやすくなります。また寒くなると運動不足になったり、しょっぱいものを食べる量が増えたりと血圧が上がりがちになりま..
続きを読む
2013年11月01日(金) No.629 (本間先生(内科)のコラム)

お白いと中毒2


 前回は昔のお白いや水道管、ジョッキなどに鉛が使われていて中毒が起きていたという話をしました。今回はその続きで最近の状況についてお話をします。
 最近はノッキング防止の目的で自動車やジェット機などの燃料に鉛が添加されています。これが深刻な大気汚染を引き起こし、北極の白クマや南極のペンギンまでもが、肺に鉛をためこんでいるというニュースが伝えられた事があるそうです。
 鉛は肺ばかりか皮膚からも吸収されるうえ、体内からの排泄される速度が極めて遅く、しかも毒性が強いため、たとえ微量でも体内に入る事には微粒子状物質PM2.5ばかりではなく鉛にも注意しなければならないそうで、北極や南極にいる白クマやペンギンでさえ検出されているのですから、自動車に囲まれている現代人は過酷な状況におかれている様です。
 鉛とよく似た亜鉛についてですが、これは鉛とは反対に欠乏すると発育不良を起こし、皮膚を変質したり、脱毛など症状をもたらすことがあり、人間が生きていく上では必要な金属です。
 人が1日に必要とする亜鉛の量は10㎎から15㎎で、これもあまり摂りすぎると中毒を起こします。中毒の症状としては吐き気、下痢などで、たとえば亜鉛メッキした入れ物に長期間食べものを保存したような場合では、メッキの亜鉛が食べもの中に溶けだし、中毒を起こす事もある様なので注意が必要です。


 ちなみに、鉄の鋼板を亜鉛でメッキしたものがトタンで、錫でメッキしたものがブリキです。同じメッキでもトタンは錆びにくく、ブリキは錆びやすいため、屋根やバケツなど水に触れるものはトタンが使われ、海苔の缶など比較的水に触れないものにブリキを利用しています。また、銅と亜鉛の合金は真鍮としてギリシャ時代から使われてきました。
2013年11月01日(金) No.628 (原口先生(薬剤師)のコラム)