タイトル

凍創


 嶋川先生は今日もバー里美の様子です。
【里美、緒詩理】「嶋川先生、のぞめさん、今晩は。」
【嶋川、のぞめ】「今晩は。もうすっかり寒くなってしまいましたね。」
【緒詩理】「そうですね。寒いと言え..
続きを読む
2012年11月30日(金) No.576 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

子どもの予防接種 インフルエンザワクチン③


①ワクチンの副反応は?
 接種部位の発赤、腫脹、疼痛などの局所の反応が10〜20%、軽度の発熱や倦怠感、筋肉痛、頭痛などの全身症状が5〜10%前後みられますが、通常2〜3日で改善します。ごく稀にグランバ..
続きを読む
2012年11月30日(金) No.575 (秋山先生(小児科)のコラム)

女性と漢方(99) 〜常に痰のある咳〜


『35歳M歳さん。7日前に風邪をひいた。近医にて抗生剤・去痰薬・解熱鎮痛薬を処方され、熱はすぐにひいたが、その後も咳が止まらず、咳のために夜も熟睡できない。痰がらみもあり、痰は黄色で粘っこい。咳は夜間になると悪化して、横になるとひどくなる。とにかく咳をどうにかしてほしいという希望にて来院。』
 Mさんは妊娠中で咳き込むとお腹も張るようなので、切迫早産の心配もあって来院されました。最近は「副鼻腔気管支症候群(SBS)」という概念があり、マクロライド系抗菌薬や去痰薬が有効とされてはいますが、なかなか治りきらずに苦慮されている方もいらっしゃいます。急性期を過ぎたいわゆる「慢性咳嗽(がいそう)」を漢方医学としてアプローチする場合にまず重要な点は「常に喀痰があるかどうか」です。


 常に痰がある場合は、次に「痰の性状」で処方を考えます。
①透明で多量な痰 
②黄色から白色で大量な痰 
③黄色い粘着な痰 
に分類しますと、Mさんは③に該当し、『竹筎温胆湯(チクジョウウンタントウ)』を処方しました。「夜間、寝ようとすると咳のために眠れない」点はこの漢方薬を使用する際のキーワードになります。
 一方、①の場合は、特に明け方に痰や咳が増えることが多く、『苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)』を処方したりします。②の場合は、日中・夜間かまわずに咳や痰があり、『清肺湯(セイハイトウ)』は有効です。
 このように、漢方薬は痰や咳に関しても、細かい配慮が構成される生薬によってなされています。痰が比較的少なく、「咳喘息・アトピー咳嗽」に関しては次号に解説したいと思います。慢性咳嗽で悩まれている方は漢方薬も治療の選択肢に一つに加えてもよいのではないでしょうか。
2012年11月30日(金) No.574 (山内先生(産婦人科)のコラム)

黄疸について


 黄疸とは、眼球や体中の皮膚が黄色くなる症状をいいます。これは、血液中のビリルビンという黄色の色素が多くなると、眼球や皮膚に浸透・沈着することで出現します。赤血球が古くなると脾臓に送られ破壊され、その..
続きを読む
2012年11月30日(金) No.573 (本間先生(内科)のコラム)

安全に予防接種を受けるには


 最近、日本脳炎の予防接種での小児の死亡について騒がれていました。実際には予防接種と死亡には因果関係がないとの結果が出ていましたが、その中の一例で予防接種薬との併用が禁じられている薬が処方され、接種の前日まで服用していた事が厚生労働省への取材でわかったと毎日新聞から報道されていました。
 それは広汎(こうはん)性発達障害による興奮を抑えるための2種類の薬が処方されていて、予防接種薬と一緒に使用すると不整脈により死亡する危険性があるとされているものでした。
 また、今回の場合その2種類の薬の他にも9月から夜尿症の薬も出ていて、これも前の薬との飲み合わせが悪く、併用する事によって脈が乱れて意識を失う事があり、死亡する危険性もあるとされている組み合わせだったそうです。


 お医者さんは、どうしても治療を優先する必要がある場合、飲み合わせが良くない薬を併用することが稀にありますが、その場合はお医者さんも慎重に患者さんの経過などを観察しながら処方されていますし、調剤薬局に飲み合わせの良くない薬の処方せんを持って来られたときには、薬剤師も間違いがないか再度お医者さんに確認のうえ投薬し、服用後の経過観察もしていきます。
 今回の場合は薬を処方しているかかりつけのお医者さんと予防接種した小児科医院が別々のところで、もしかすると飲んでいる薬の確認がすべて出来ていなかった可能性もあります。
 たまに「注射だから飲み薬とは一緒に使っても関係ないだろう。」とか「目薬だから飲み薬とは…。」と薬の情報を教えてくださらない患者さんもいるのですが、今回のケースを見てわかるとおり、因果関係はないとされても副作用の可能性と危険性は残っているのです。
 こんな事故を少しでも無くすためにも、1人1人がお薬手帳を(1冊のみにまとめて)作っておき、お医者さんにかかるときや薬局やドラッグストアーで薬をもらうときや買うときに、必ず提示して飲み合わせなどの安全を確認してもらってください。
2012年11月30日(金) No.572 (原口先生(薬剤師)のコラム)

巻き爪


 嶋川先生は、今日はバー里美のようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【里美、緒詩理】「嶋川先生、のぞめさん、今晩は。」
【緒詩理】「嶋川先生、ちょっと相談があったのですが。」
【嶋川】「い..
続きを読む
2012年11月01日(木) No.571 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

子どもの予防接種 インフルエンザワクチン②


 現在使用しているワクチンは、A香港型(A/H3N2)、新型インフルエンザ(A/H1N1)、B型の3つのウイルス抗原が入った不活化ワクチンです。ワクチン接種に関して多く寄せられる質問に対してお答えしていきましょう。<..
続きを読む
2012年11月01日(木) No.570 (秋山先生(小児科)のコラム)

女性と漢方(98) 〜不妊症と漢方薬①〜


『30歳Sさん。結婚5年目で子供に恵まれない。婦人科では「器質的な異常はない」と云われた。排卵誘発剤を使用すると、体調不良?となるために中止した。漢方薬を試してみたい希望にて来院。』
 Sさんは非常に冷え症で疲れやすく、多汗な方でした。5年目から季節の変わり目になると、顔が赤くなり、ブツブツとした吹き出物ができやすいようです。このため化粧ものらない。月に1回はのぼせる。口が渇く感じもすることが多い…と訴えも多い方でした。
 体格は痩せてやや小柄で、血色は蒼白で、皮膚のつやが悪い印象でした。まずは、漢方薬が希望でしたので、『当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)』を2週間飲んでもらいましたが、全く変化なしとの事。もう2週間辛抱して飲んでもらったところ、「手足が少し温かい感じがしてきた」と云うので、『附子(ブシ)』を加えてさらに温めてみることにしました。
 その後は、「かなり温かくていい」と3ヶ月毎に薬を取りにきていましたが、こちらもSさんのことを不妊と忘れかけていた頃(ちょうど飲み始めてから7ヶ月位)に突然「生理が遅れています」と来院され、妊娠と判明しました。


 Sさんは数ヶ月集中的に漢方薬を服用して、結果的に妊娠したケースでしたが、これをマネして同じ漢方薬で妊娠すると早合点してはいけません。要は、Sさんは「冷え」が悪さをしていたのです。この「冷え」を治す治療手段としての漢方薬が有効だったにすぎません。
 このように、漢方薬は「証」(身体の状態)を把握することが重要なカギですので、「不妊」という点より「冷え」という状態に着目することが大切なのです。よく、「妊娠できるような漢方薬はありませんか?」と問われることが多いのですが、答えは「その方の身体の状態によって、使うお薬は全く違います」というお返事になります。まずは、ご自分の「身体の状態を良くする」ことが漢方医学的な不妊治療につながるとご理解下さい。
2012年11月01日(木) No.569 (山内先生(産婦人科)のコラム)

下血、黒色便


 下血というのは、お尻から赤い血が出るという症状です。この場合、出血している部位として考えられるのは、十二指腸か小腸、大腸、肛門のいずれかです。最も多いのが肛門からで、切れ痔などで肛門の外側が切れて出..
続きを読む
2012年11月01日(木) No.568 (本間先生(内科)のコラム)

薬以外の依存症!?


 今回は薬の話からは少しズレますが、同じ依存症として共通の部分もあるので紹介します。依存症と言えばニコチン依存症、ギャンブル依存症、パチンコ依存症、インターネット依存症、借金依存症、携帯電話依存症、恋愛依存症などの言葉も有名でよく聞きますね。
 依存症患者は、病的な心理的防衛機制である「否認」を多用するため、しばしば依存症は「否認の病」とも呼ばれているそうです。
 第一の否認としては、自分は大丈夫と思うところから始まります。「少し多めに買い物しても返せないほどの借金があるわけではない」「たばこを吸っても自分は今までガンになっていない」「マリファナは害が少ないからやっても大丈夫」など、依存による有害性を過小評価・否曲して自らの問題性を否認したり、「最近はパチンコに行く回数が減ったから大丈夫だね」などと、周囲の人が第一の否認をすることもあります。


 第二の否認は、やめさえすれば大丈夫から始まります。
 これは依存によって波及してしまった依存対象外の事を否認することで「酒さえやめれば、元通りいくらでも働ける」「クスリさえやめれば、俺も家族も問題ない」などの他、「パチンコさえしなければ、申し分なくいい人なのに」とこれも周囲の人が第二の否認をすることもあります。こちらの特徴としては周囲の人間関係やコミュニケーション、経済問題やその人の内面などに問題がある事を否認します。
 否認は依存を続ける言い訳としてなされる場合が多く、「世の中は面白くない事ばかりだ。(そのせいで依存し続ける)」「私はかわいそうな人なの(だから依存し続けても仕方ない)」「人間は誰だって死ぬんだ(だから依存し続けても同じだ)」「使っていれば落ち着くんだ(依存し続けるメリットがある)」「法律に違反している訳ではない(だから依存し続けてもよい)」などが続くうちは、改善は見込めないのかもしれません。
2012年11月01日(木) No.567 (原口先生(薬剤師)のコラム)