タイトル

蕁麻疹


嶋川先生は、今日もイーストバーにご出勤の様子です。
【村木】「嶋川先生、いらっしゃいませ。」
【嶋川】「今晩は。村木君、先日はご結婚おめでとうございました。」
【村木】「有難うございます。」
..
続きを読む
2010年10月01日(金) No.446 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

子どもの予防接種 (ポリオワクチン その②)


ポリオ生ワクチンの副作用と問題点
【1】経口ポリオ生ワクチンは、安全性が高いワクチンとされ、世界中で広く使用されています。
ポリオウィルスに対する血清中の中和抗体、腸管内の分泌型IgAとも上昇するため..
続きを読む
2010年10月01日(金) No.445 (秋山先生(小児科)のコラム)

女性と漢方(73)〜朝起きられない中学生〜


『14歳Kさん。学校へ行く気はあるのだが、朝が特に調子が悪くて起きられない。ここ数ヶ月は特に調子が悪く、半分位しか登校していない。小児科で検査を受けたが、大きな異常はなく「起立性調節障害」といわれた。薬..
続きを読む
2010年10月01日(金) No.444 (山内先生(産婦人科)のコラム)

当院の禁煙治療成績


今月からたばこの値段が上がることは皆さんよくご存知だと思います。それをきっかけに禁煙を予定している方も多いのではないでしょうか?平成21年10月のコラムでは、喫煙による害や禁煙が難しいメカニズム、禁煙治療について説明させて頂きました(その内容はグラコムホームページか当院ホームページから閲覧可能)。当院では平成21年10月から禁煙外来を開設し、約1年が過ぎました。そこで今回のコラムでは当院の1年間の禁煙治療の成績を皆様に公表し、禁煙を考えておられる方の参考になればと考えました。当院の成績(全例チャンピックスという内服薬を用いた禁煙治療)は次の通りです。


現在北見市では、医療保険を使って禁煙治療ができる医療機関が数多くあり増えてきております。これから禁煙をお考えの方がいらっしゃいましたら、是非お近くの禁煙治療ができる医療機関に受診して下さい。もし禁煙治療が失敗しても、前回の禁煙外来最終受診日より1年が経てば再び保険を使って禁煙治療ができますので、一度失敗した方も諦めずにもう一度チャレンジしてみましょう!
ところで、そもそも私が禁煙外来を開設しようと思ったのは、次の2つの理由があります。①今まで喫煙が原因で喉頭がんや食道がん、胃がんになって苦しんでいる患者様を数多く診てきて、それらのがんに侵される方を一人でも減らしたいため、②私が生まれてから実家を出るまで、散々父親(当院院長。3年前に禁煙)から副流煙を吸わされたので、タバコに対して恨みがあるから、です。さらに私が今、最も腹が立つのはJTです。CMで何が「マナーが惜しいなぁ〜」でしょう!マナーがどうこうではなく、どうしてこの日本は国が発がん性物質を国民に税金を払わせて吸わせて、国民をがんにしているのでしょう!見てください!日本のタバコと他国のタバコのパッケージの違いを!!

このパッケージの違いを見れば、日本がいかに国民にタバコを吸わせようとしているのかがわかると思います。私はオホーツク圏の喫煙者が0人となるまで、タバコと戦い続けます!!
2010年10月01日(金) No.443 (本間先生(内科)のコラム)

薬とその歴史3


紀元前1500年頃の古代インドでは「アーユル・ベーダ」という医術体系が出来、その頃の滑稽な話で敵国の王様を殺すため、赤ん坊の頃からトリカブトを少しずつ与え育てた少女を、毒娘に仕立て上げ送るという話があって..
続きを読む
2010年10月01日(金) No.442 (原口先生(薬剤師)のコラム)