タイトル

太りすぎ、やせすぎに2極化する子どもたち


厚生労働省が発表した2005年の国民健康・栄養調査で、子どもの肥満傾向は変わらない一方で、やせている子どもが増えていることがわかりました。この子どもの体格調査は12年ぶりに行われ、1988、1993年に続き3回目となります。小中学生を対象に、身長に係数をかけて算出した標準体重と実測体重から肥満度(前回述べました)を判定しました。肥満度20%以上は肥満、10%〜20%は太りぎみ、マイナス20%以上はやせすぎ、マイナス10〜20%はやせぎみと判定しています。
調査結果を表にしました。


この調査結果から、普通は男子57%、女子56.6%であり、普通の体格を
維持しているのは6割を大きく割り込んでいます。93年と比較し、男子は3.4ポイント、女子は3.8ポイント減っています。「太りすぎ」「太りぎみ」の合計は、男子22.6%、女子25.4%でほぼ
横ばいでしたが、「やせすぎ」「やせぎみ」の合計は男子が20.3%、女子が
18.1%で各々4.0と3.1ポイント増加、中でも「やせぎみ」の児童の増加が目立っています。男子中学生の3人に1人、女子は小学生高学年の4人に1人が「やせすぎ」「やせぎみ」でした。最近の子どもの体格は、肥満気味の「肥満傾向型」とやせぎみの「やせ傾向型」に二極化する傾向がはっきりしてきています。
一方で、子どもの食生活についての調査では、夕食を午後7時以降に食べる小中学生が46.2%と、12年前の
36.2%から10ポイント増加しています。このうち午後8時以降に食べる子どもは7.1%で、12年前の1.7%から5.4ポイント増えるなど、親の世代と比較して子どもの食習慣が大きく変化していることがわかりました。
子どもの肥満や、やせの増加は、食生活の乱れが大きな要因といえるようです。
2009年08月05日(水) No.368 (秋山先生(小児科)のコラム)

女性と漢方(59)〜夏場になると下痢をする?〜


『46歳Q女性さん。数年前から夏場に週の仕事始めの月曜になると、一日だけ下痢をするとの事。しかし、秋になると治る。漢方治療にも興味があり、来院。』
話を聞く限りでは仕事のストレスが原因という印象ですが、Qさん自身はストレスとは無縁?のような大らかな性格です。下痢は暑さから生じるのではなく、お腹が冷えるときになりやすいようです。夏場にクーラーで冷えすぎるなら話は分かりやすいのですが、それも無し。冷たいビール好きでもないらしく、困ってしまいました…。
Qさんが急に思いついたように口走ったのは「夏といっても6月位からなんです。そういえば、下痢が起こるのは、釣りの翌日ですね。」聞くところによると、渓流釣りで腰まで浸かりながら一日中楽しむというのです。6月といえども、まだ川の水は冷たく、そのためにお腹が冷えきってしまい、翌日の月曜日には下痢となったわけです。
原因が判明したところで、Qさんにはお腹を温め下痢を止める『真武湯(シンブトウ)』を処方しました。また、釣りには使い捨てカイロを携帯してもらうように指導したところ、見事に下痢はおさまったとの事です。


『真武』とは玄武のことで、北を支配する神様の意味です。漢方医学の五行論でいえば、北は水の行で、寒さ・冬・水分などと関連があるとされています。つまり、『真武湯』は冬のように体が冷え、下痢や浮腫など水が貯留した状態を治療する漢方薬といえます。
『真武湯』のように、漢方薬には四方を支配する中国の神様の名前をつけたものがいくつかあります。例えば、『白虎湯(ビャッコトウ)』の『白虎』は西方の神様で、季節は秋、白と関係があり、この生薬には、白い石膏が含まれ、体の熱を冷ます働きがあります。つまり、夏に起こるような体のほてりや熱を取り除き、秋のようにさわやかにしようという漢方薬です。
Qさんのように、原因さえわかれば、薬の選択には苦慮せずに済みますが、なかなか初診の患者さんから隠れた?原因を探しだすのはご本人からお話して頂かない限り難しいケースが多いですね(苦笑)。
2009年08月05日(水) No.367 (山内先生(産婦人科)のコラム)

老年病から抗加齢(アンチエイジング)医学への展開③


動脈硬化の診断は、動脈の血管壁が硬くなる機能的変化と、動脈の内膜・中膜の肥厚や粥状(じゅくじょう)変化、石灰化などの壁構造の構造的変化を評価することから始めます。
機能的変化を評価する検査には、]..
続きを読む
2009年08月05日(水) No.366 (森本先生(外科)のコラム)

胃がんについて


前回は胃がん、大腸がんの早期発見・早期治療のためにがん検診を受けましょうというお話をさせて頂きました。今回は、「胃がんになりやすい人はどんな人か?」、「どうすれば胃がんになりにくくなるのか?」というこ..
続きを読む
2009年08月05日(水) No.365 (本間先生(内科)のコラム)

湿布薬の間違い


昨今よくある話で「温シップが暖まって効くんだよね。」とか、指圧や整骨院さんに行って「冷シップは冷やしてダメだから温シップをもらって暖めなさい。」と言われたといってくる患者さんがいます。あなたもそう思っ..
続きを読む
2009年08月05日(水) No.364 (原口先生(薬剤師)のコラム)