タイトル

子どもの睡眠(2)3歳児の睡眠


3歳児の1日の平均睡眠時間は10時間であり、このうちレム睡眠の占める割合は20〜25%といわれています。日本保健協会の調査によると、夜10時以降に寝る3歳児の割合は1980年が22%、90年が36%、2000年が52..
続きを読む
2009年04月30日(木) No.352 (秋山先生(小児科)のコラム)

温泉と皮膚(2)


【嶋川】「今晩は。」
【東】「嶋川先生、いらっしゃいませ。」
【村木】「嶋川先生、ところで先日の温泉の話、覚えていますか?」
【嶋川】「ええと、そう確か豊富温泉の話だったよね。何かの皮膚病に効く..
続きを読む
2009年04月30日(木) No.351 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方(56)〜腰からお尻、太ももの冷えと重だるさ〜


『56歳女性Nさん。半年以上前から急に眠れなくなった。その後、肩こりと項のこわばりを自覚し、左手のピリピリするしびれ感や左腕全体の重だるさを感じていたが、そのまま放置していた。3ヶ月前からは腰からお尻にかけて重だるく、スースーと冷えるようになり辛い。また、右下肢にもしびれが出現したので、いよいよ整形外科を受診。特に異常はないと云われ、当院を受診。』
Nさんは夏でも腰にカイロを入れておかないと辛いそうです。この方のように腰・臀部・大腿部のあたりがスースーと冷えて時に重だるいような場合には、『苓姜朮甘湯(リョウキョウジュツカントウ)』がよく用いられます。Nさんにもこちらを試してもらいました。2週間後、「冷えは変わらないけど、夜が少し眠れるようになりました。」との事。
かなり冷えが強い方なので、『附子(ブシ)』(以前に紹介済み)を加えてみることにしました。さらに2週間後、「腰回りの冷えはだいぶよくなったのですが、最近動悸がするんです。」と『附子』の副作用も出てきたので、『附子』の量を少し減らしてみました。これが功を奏したようで、腰の冷えと右下肢のしびれや不眠は改善したようです。


数ヵ月後、肩こりとウエストのあたりの重だるさが残って気になるということで、お腹を触ってみました。下腹部がフニャっとしていて弾力がないんですね(これを漢方用語で「小腹不仁」(ショウフクフジン)といいます)。このサインがある場合には『八味地黄丸(ハチミジオウガン)』が有効なことが多く、Nさんにも『苓姜朮甘湯』に併せて飲んでもらうことにしました。3ヶ月後、とても調子がよいとの事で、肩こりや腰の重だるさもとれたようです。
『八味地黄丸』は、下半身(特に膝から下)の冷えに有効なことで有名ですが、時に足底のほてりをともなう高齢者の肩痛にも効きます。「小腹不仁」はこの薬を使うかどうかの指標となります。お腹を触る(腹診)のは和漢医学の手法の一つですが、私自身は何度かこのおかげで投薬処方の重要な手がかりを得ていますね。
2009年04月30日(木) No.350 (山内先生(産婦人科)のコラム)

医療現場の実情1


今回は昨今の報道でにぎわせている医療現場の実情と地方医療の状態について、見聞した事を私なりに勝手に書かせていただきます。
いま地方の医師不足が大変な問題となっています。休止する科や閉鎖する病院などが..
続きを読む
2009年04月30日(木) No.349 (原口先生(薬剤師)のコラム)

子どもの睡眠(1)


最近の調査で、子供の平均睡眠時間は、1歳で9.6時間、3歳で9.8時間、小学3・4年生で9.2時間、中学生で7.5時間、高校生で6.6時間となっています。睡眠にはリズムがあり、体内時計や睡眠物質(メラニン)によって、日..
続きを読む
2009年04月02日(木) No.348 (秋山先生(小児科)のコラム)

スズメサシダニ症


三寒四温の気候で雪解けが進むと、虫や鳥など動物たちもポカポカ陽気に誘われて活動を開始しますね。
今回の登場人物は、薬剤師さんの御夫婦…高山さん。
夫は梅町調剤薬局、妻はニッキ調剤薬局に勤める若いラ..
続きを読む
2009年04月02日(木) No.347 (国分先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方(55)〜漢方薬の副効果(1)〜


『46歳看護師Mさん。仕事柄、水をよく使うせいか、若いころから手が荒れやすく、水仕事にはいつもゴム手袋を使ってきた。それでも冬の手荒れは指先が割れるほどひどい。数年前から春先になると顔がかゆくなり、赤く..
続きを読む
2009年04月02日(木) No.346 (山内先生(産婦人科)のコラム)

薬と健康食品2


健康食品を使う事によって、少しでも病気が楽になればと思うのは、本人のみならず、家族、友人はもちろん医療関係者も含め、みんなの願いだと思います。
「これはいまの病気にいいから飲んでみてと言われて買った..
続きを読む
2009年04月02日(木) No.345 (原口先生(薬剤師)のコラム)