タイトル

第58話/前立腺ガンの3大治療法とは


前立腺ガンの治療には手術ばかりでなく、放射線療法および内分泌療法の3つの治療法が広く行われています。そして、ガンの悪性度、進行度(ステージA〜D)、PSAの値、患者さんの年齢と希望などを考慮して、いずれ..
続きを読む
2008年06月05日(木) No.307 (古屋先生(泌尿器科)のコラム〜ドクトル・フルヤの知って得する泌尿器科講座〜)

ソフトサイン/赤ちゃんの頭がいびつ


赤ちゃんの頭の形がひどくいびつで、このまま放っておいていいのかどうか心配です…という質問をよくうけます。育児書には、大きくなれば目立たなくなります、と書いてありますが、それでもどうしても気になってしま..
続きを読む
2008年06月05日(木) No.306 (秋山先生(小児科)のコラム)

女性と漢方(45)〜抑肝散が効く親子?〜


漢方医学における「肝(カン)」は、興奮や怒りなどの精神神経症状を司るところと考えられており、西洋医学における「肝臓」とは意味が異なります。今回紹介する『抑肝散(ヨクカンサン)』は「興奮や怒りを鎮める」という意味から名付けられました。
『33歳Gさん。3歳のお子さんの育児に疲れ、最近夜泣きでイライラすることが多い。マンションの隣室にも聞こえるのではないかと思うと、気を遣ってしまう。日中子供にもあたる自分が怖いとの事。友人に漢方薬も効くことがある?と聞いて来院。』
Gさんは本当に育児疲れの典型で、イラつく自分自身に困惑していました。話を聞くとお子さんもいわゆる「疳の虫」の症状でしたので、ご本人と一緒に『抑肝散』を飲んでもらうことにしました。『抑肝散』は、もともとは小児に使うことが多かった薬ですが、中国の古典にも、母子が同時に服用することで(母子同服)、母子ともに気の高ぶりを鎮める効果があるとされています。
最近は『抑肝散』が高齢者疾患にも応用も報告され、有効な治療手段が確立されていない認知症や脳血管障害後遺症患者に現れる、徘徊・暴言・暴力といったいわゆる問題行動に対して有効なことが報告されています。


私の友人の精神科医師も「暴力で手に負えない高齢者に『抑肝散』を処方したら、ふつうのやさしいおじいちゃんに戻ったよ。」という症例について先日話していました。
『抑肝散』が効く症状には、その基盤に「うつ傾向」があることがポイントですが、ストレスが加わると誰しもがその傾向が出現することは皆さんも経験があると思います。
つまり、日常誰にでも起こりうる症状であることを周囲の方も理解してあげなければなりません。Gさん親子にも効果があったようで、その後外来にお子さんと一緒ににこやかな顔で来院されました。前回も母子同服のお話でしたが、小さなお子さんがいる女性は育児を含めて精神的ストレスが多いのですから、皆さん、いたわってあげましょうね。
2008年06月05日(木) No.305 (山内先生(産婦人科)のコラム)

「旬を食べる(夏1)


今回は夏が旬の食べ物の話をします。
みそ汁の具やサラダ、酢の物など、身近な食材であるワカメは褐藻類の海藻です。ワカメの旬は6月から7月と言われ、この頃のワカメは生で食べると歯ごたえもあり、本当に美味しい物です。
ワカメには塩蔵などの加工品としても年中食べられますし、手軽な乾燥カットワカメもあります。
ワカメには現代の食生活で酸性に傾きがちな血液をアルカリ性に近づける効果があると言われています。
成分のおよそ30%を占める食物繊維のほとんどが水溶性のアルギン酸で、体内のコレステロールの再吸収を抑えたり、ナトリウム(塩分)を体外に出すなどの効果があります。
みそ汁の塩分が気になる時はダシをきかせ、具にワカメをたっぷり入れましょう。(ダシも減塩タイプがおすすめで、薬局などでも医療メーカーが取り扱している、塩分をカットした高血圧の方用のダシの素もあり好評です。)特に根元のめかぶにはアルギン酸が豊富に含まれています。
スイカはアフリカ原産のウリ科のつる性一年草です。


適度な甘味と水分をたっぷり含み、暑い夏にはなくてはならない果物です。
旭川近郊でとれるでんすけスイカなども紅果肉で日持ちがよく、抜群に甘味が強いので人気があるそうです。美味しいスイカは軽くたたくと透明な音がすると言います。
スイカの赤い色はカロテノイド系リコピンとカロテンで、甘味の中心は果糖です。アミノ酸のシトルリンやカリウムが多いので利尿作用があり、高血圧の人や腎臓の弱い人には頼もしい味方です。
保存のきくスイカ糖(スイカの成分を煮詰めて飴状にしたもの)が民間薬として昔から利用されていて、風邪でノドが痛かったり、痰がからむ時にも効果があるそうです。

2008年06月05日(木) No.304 (原口先生(薬剤師)のコラム)