タイトル

第55話/増加する前立腺癌とPSA


最近、日本でも前立腺癌が増加してきたといわれています。
世界的に見た場合、前立腺癌の割合は肺癌、胃癌に次いで第3番目です。欧米人に多く、米国では男性の癌の中の患者数は第1位、死亡数は第2位となってい..
続きを読む
2008年03月06日(木) No.293 (古屋先生(泌尿器科)のコラム〜ドクトル・フルヤの知って得する泌尿器科講座〜)

ソフトサイン子/どものくせ(3)


【爪かみ、舌・唇なめ】
4、5才ころからですが、主に緊張したときや不安定なときなどにさかんに爪をかんだり、舌や唇をなめる子がいます。ひどくなると指先の皮がはげて炎症をおこしたり、唇をかんだりさかんに..
続きを読む
2008年03月06日(木) No.292 (秋山先生(小児科)のコラム)

オホーツクの地域医療を守れ


北見日赤の内科医6人が一斉に退職する事になり、その波紋が大きく広がっている。
北見日赤は、北見市のみならず近郊の町村を含めた地域の基幹病院である。今回退職する医師の専門分野である膠原病やリウマチの患..
続きを読む
2008年03月06日(木) No.291 (国分先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方(42)〜不定愁訴?実は疲労の蓄積?〜


『48歳Iさん。約5年前から疲れが取れず、いつもだるい。疲れるとイライラしたり、動悸がしたりするし、カゼをひくと治りにくい。最近は頑固な便秘になり、市販の下剤を飲まないと何日も出ない状態。神経科を受診し..
続きを読む
2008年03月06日(木) No.290 (山内先生(産婦人科)のコラム)

食品の寒熱(温性・平性)


今回は前回お話したように食べ物の寒熱で、温性・平性のものについてお話します。
文字通り、温性の食品とは体を温める作用のあるもので、平性とは特に体を冷やしたり、温めたりすることはなく、常食に適しているものをあらわします。
わたしは汗っかきでとか、食べてもなかなか太れないという方は温性の食品が好きな方かも知れません。(すべての人には当てはまる訳ではありません。)
温性の食品の中には代謝を高めたり、体脂肪燃焼などに関わりがあるといわれているものも多く、スパイス類などがその代表です。
では、どんなものが温性の食品かというと唐辛子、ニンニク、生姜、コショウ、山椒の他、もち米、カボチャ、栗、玉ねぎ、クルミ、ギンナン、ニラ、シソ、ネギ、羊肉、牛肉、エビ、ピーマン、日本酒、酢などがあります。
前回もお話したように冷え性、貧血の方は体を温める食品を摂ってみてはいかがでしょうか?ただし、「過ぎたるは及ばざるがごとし」とのことわざもありますので、過剰に偏った食事はしないで下さい。


さて、常用に適する平性の食品とはどんなものがあるでしょうか?
白米、ジャガイモ、トウモロコシ、里芋、さつまいも、キャベツ、食パン、小豆、大豆、イカ、椎茸、ブドウ、牡蠣、卵、牛乳などがあります。
前回の話から出てくる食品に、ある程度の法則があることに気づいた方はいらっしゃいますか?
夏に旬となるキュウリ、トマト、スイカなどの食品は体を冷やす寒性、秋から冬に旬を迎える栗、カボチャ、たまねぎ、ネギなどは体を温める温性、普段常食・主食として主に食べている白米、パン、イモ類、豆類や完全食品に近い卵や牛乳などは平性のものが多いようです。
旬の時に旬のものを含む食品をバランス良く摂ることが、健康を維持したり免疫を高めるため、人間の体にとってもいいようです。
2008年03月06日(木) No.289 (原口先生(薬剤師)のコラム)