タイトル

第44話/老後を健康で暮らすための老年学の一断章」/その4百寿者(センテネリアン)は元気なの?


英語では100歳以上の老人(百寿者)を尊敬の念をこめてセンテネリアン(Centenarian)と呼びます。ちなみに、セント(cent)とは「100」を表しています。
わが国での百寿者は1950年には97人でしたが、..
続きを読む
2007年03月10日(土) No.237 (古屋先生(泌尿器科)のコラム〜ドクトル・フルヤの知って得する泌尿器科講座〜)

ソフトサインはえば立て3/ずりばいの赤ちゃん


たいていの赤ちゃんは、生後9ヶ月ころになると腹ばいで前進することができるようになりますが、中にはお座りの姿勢のまま、お尻を少しづつずらして前に進む赤ちゃんもいます。これを「ずりばい」あるいは「座りばい」といいます。健康な赤ちゃんでも、10人に1人か2人ぐらいにみられますから、それ自体なにも心配する必要はありません。しかし座りばいをする赤ちゃんの中に、1人立ちや1人歩きの時期が目立って遅れる子供がいます。シャフリング・チルドレン(shuffling children)と呼ばれています。シャフリングは、そのものずばり「ずりばい」「座りばい」を意味する言葉ですが、このような状態を「解離性運動発達」といっている人もいます。解離性というのは、ガラガラを手で持って遊ぶとか、近くにある物をつかむというような手先の細かい運動の発達に比べて、ハイハイや歩くというような大きな運動の発達が不釣り合いに遅れていることを示すものです。このような「ずりばいの赤ちゃん」は、生後半年くらいの間はうつぶせにされることを嫌う傾向にありますが、首のすわりや手先の動きなどは正常の発達をします。また1歳ごろになっても、支えなしでは1人で座ることができない赤ちゃんがいます。この子は、わきの下を支えて立たせようとしても足をつかず、空中で足を前方に伸ばして「空中で腰掛けているような姿勢」をとります。そしてやっとお座りができるようになったかと思うと今度は「ずりばい」が目立つようになります。


このような「ずりばいの赤ちゃん」が、どのような経過をたどるのかを調べてみると、支えなしに1人で座ることができるようになるのは、普通の赤ちゃんの6〜8ヶ月に対して8〜13ヶ月、ずりばいを始める時期は13
ヶ月前後で、その持続期間は平均7ヶ月、1人で10歩以上歩けるようになるのは17ヶ月から24ヶ月で、普通の赤ちゃんと比べてかなり遅くなります。しかし運動発達が遅れる以外にはまったく正常で、運動の遅れもやがては取り戻されます。将来、運動能力が低いといったこともありません。
それにしても、なぜこのような風変わりな運動発達をするのか、その原因についてはよくわかっていません。ただずりばいの赤ちゃんの両親や兄弟にずりばいの頻度が高いこともあり、なにか遺伝的な原因が関係しているようです。いずれにせよ「ずりばいの赤ちゃん」は、定期的な検診によって発達の状態を注意深くフォローしてゆく必要があります。
2007年03月10日(土) No.236 (秋山先生(小児科)のコラム)

何事にも慎重にね


進学、就職、転職のシーズンになりました。札幌や東京などの都会へ行った方が、夏休みや冬休みにガラリと容貌が変わって帰省されることがあります。(綺麗になっているかは別にして…)
最近はプチ整形が流行っているので、コラーゲンやヒアルロン酸を気軽に簡単に注入する人も多いのです。『体内に元々あるものだから注入しても安全』と思われているでしょうが、実は自分の体にとっては異物なのです。コラーゲンは、結構な確率でアレルギー反応を起こしますし、ヒアルロン酸はアレルギー反応を起こす確率が
0.01%以下と言われていますが、注入部位を間違えると『しこり』が残ったり、神経障害を残したりすることがあります。このようなリスクをある程度承知した上で、プチ整形を受けないと、後悔先に立たず…となってしまいます。


二重まぶたにする為にメスを入れるのも、同様に100%安全ということはありません。特に都会の美容外科で施術している医師の中には、形成外科の勉強やトレーニングをきちんと受けていない者もいます。トラブルを少なくする為には、良い形成外科医、クリニックを選んで受診するべきです。
また、若い人の中には、おしゃれの為にタトゥー(刺青)を入れたり、アイラインや眉にメイクが要らなくなるからと気軽にタトゥーを入れる人が増えていますが、針を皮膚に刺す行為は医療行為にあたり、国家資格を有する者以外は施術してはいけない事になっています。しかし、無資格者による施術が数多く行われているのが現状で、様々な美容上のトラブルがおこったり、衛生管理が正しく行われていない為に、肝炎などの感染症に罹患する危険性をはらんでいるのです。ご注意を!
最後に、ガス漏れ事故によって亡くなられた方々には、心からご冥福をお祈り致します。
3名の尊い命によって、多くの市民の命を守って頂いたのだと思います。また、入院加療中のご夫妻の一日も早いご回復を願うと共に、ご遺族や長い避難生活を強いられてきた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
2007年03月10日(土) No.235 (国分先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方30〜ストレスが原因の病気(その1)〜


『58歳Mさん。中肉中背。49歳頃から不整脈に気づき、52歳のときに発作に襲われ、内科にて心臓弁膜症と診断されて治療を開始した。しかし、症状は次第に悪化し、動悸がひどくて息苦しく階段も上がれない。調子が悪い..
続きを読む
2007年03月10日(土) No.234 (山内先生(産婦人科)のコラム)

健康情報はどこから?


いま、ちまたには「発掘!あるある大辞典◆廚稜柴Ε瀬ぅ┘奪箸妨造蕕此∈拠のない健康情報が氾濫しています。
今回はその中の1つであるGI値とダイエットについてお話します。
GI値とはグリセミックインデックスの略で、糖質含む食品を摂取した場合、血糖上昇量がいくつになるかを表した指標で、摂取後急速に上昇する食品はGI値が高く、上昇が穏やかなものはGI値が低いとされています。GI値自体は国際的な糖尿病治療のガイドラインでは有用な食事療法の指標とされていますが、これとカロリーの高低とは全く無関係で、太りやすさと関係があるとは考えにくいとされています。


たとえば、代表的なもので白米のGI値を100とした時、スパゲティーがGI値は56と低いので太らないとされていますが、これには個人差もあり、実際のGI値には24〜
109と幅があります。
あくまでも同じ量を食べるならGI値の低いものを選択するなどの指標としてもらい、総摂取エネルギーの方を最重視していただいた方が良いかも知れません。
また、白米より玄米、うどんよりそばなど色の濃いものの方がGI値は低い傾向があるとのことですが、食物繊維の量やビタミン・ミネラルの事を考えても前者より後者の方がいいのは良くおわかりかと思います。
食事の取り方も重要で同じ1日3食を摂っている人でも夕食を軽めにし、朝食をしっかり摂っている人の方が痩せている人が多いと言うことが、京都大学の研究でもわかってきている様です。
この様に、薬局(薬剤師)は気軽に正確な健康情報を得るには絶好の場所とも言えますので、みなさんも是非活用してみて下さい。
2007年03月10日(土) No.233 (原口先生(薬剤師)のコラム)