タイトル

第42話/老後を健康で暮らすための老年学の一断章/その三・日本人の平均寿命は世界一


ヒトの寿命の限界は、遺伝子の世界では120歳位に設計されています。しかし、実際120歳まで長生きした人は現在までの記録ではわずか2人で、極めて稀です。戦前は「人生50年」と言われ、50歳以上の人は少なかっ..
続きを読む
2007年02月10日(土) No.232 (古屋先生(泌尿器科)のコラム〜ドクトル・フルヤの知って得する泌尿器科講座〜)

ソフトサインはえば立て/ハイハイ


ハイハイの持つ意味について考えてみましょう。
ハイハイが出現するのは、乳児期の後半です。
生後4ヶ月ころ、赤ちゃんは夜と昼に合せて、寝たり起きたりするようになります。少し難しい話になりますが、この昼夜にあった覚醒と睡眠のリズムが作られるのに、脳幹のアミン系神経からのセロトニンという物質が関係していることが知られています。ハイハイもこの神経系が発達して、できるようになるといわれています。そして生後7、8ヶ月以降、手足を交互に動かして進む四つん這いのハイハイが、この神経系の活性を高めることにもつながっていることもわかってきています。


先天的に情緒と知的発達に遅れのある子供を調べてみると、乳児期後半に全くハイハイをしないか、正しいハイハイをしない場合が多くみられることが指摘されています。神経発達に詳しい瀬川先生(東京・瀬川クリニック)は、ハイハイの型を図に示すように6つに分けています。膝から足の甲を床につける最も一般的なハイハイ「ウ」を「正常」としています。自閉症やレット症候群ではつま先をつける「オ」、ダウン症では足をつっぱる「カ」が目立ち、正常のハイハイの「ウ」のパターンをとる例は、自閉症の四分の一に過ぎなかったとしています。
乳児期後半に現われる正常の四つん這いは、ヒトのみに見られる行動で、ヒト特有のものです。ハイハイは、乳児期後半のアミン系神経系の発達によってハイハイが出現し、ハイハイによってこの神経系が活性化します。赤ちゃんは、ただ歩けないからハイハイをしているのではなく、ハイハイしながら脳を発達させているようです。ハイハイは、赤ちゃんの脳の発達にかかせないものでありそうです。ハイハイさせやすい家庭環境を整えてあげ、歩行器に長時間乗せたり、無理に歩かせるようなことはひかえてください。
2007年02月10日(土) No.231 (秋山先生(小児科)のコラム)

女性特有の脱毛症


[1]加齢によるもの
女性でも年齢とともに髪の毛が薄くなってしまう方がいます。一般に女性型脱毛と呼ばれるもので、男性の場合と違いツルツルに禿げてしまうことはないですが、全体に、特に頭頂部の地肌が透けて見え、いわゆる薄毛という状態になってしまうものです。残念ながら特効薬はなく、ミノキシジルという成分の入った育毛剤「リアップ」が多少効く程度です。
[2]出産やピルによるもの
出産後、2〜4ヶ月経ってから急に抜け毛が多くなり、髪の毛が薄くなってしまったと来院される患者さんが結構いらっしゃいます。これは出産後脱毛(又は分娩後脱毛)といわれるものです。頭全体の脱毛が亢進し、特に前頭部〜頭頂部の脱毛が進みます。ホルモンのバランスによるものと考えられています。通常、4〜6ヶ月で抜け毛は元に戻るので心配いりません。
また最近、経口避妊薬の普及で避妊薬服用中止後、同じ様に脱毛がみられる事がありますが、これも出産後脱毛と同様の原因と考えられています。通常、4〜6ヶ月で元に戻りますので心配いりません。


《 余 談 》
さて、話は変わりますが…、夢の薬「発毛促進薬プロペシア」が登場して早や1年。薄毛に悩んでいた男性患者さんの中には、ワラにもすがる思いで薬を使い続けた方も多いのです。私の知人である派遣社員の羽生君は、「髪の毛1本1本が太〜くなってきました!」と大喜び。また、私がよく行くカクテルバー「EAST BAR」のバーテンダー 東 君に至っては、使用前・使用後の自分の写真をお店に来るお客様に見せびらかし喜色満面。お客様には少々同情しますが、
髪の毛で悩んでいる患者さんに喜んで貰えるのは、医者冥利につきます。ところで、「自分は大丈夫」と思っているあなた…。額が知らず知らず後退していたり、自分では見えない頭頂部が薄毛になっていたりしませんか?合わせ鏡で要チェックですよ!
2007年02月10日(土) No.230 (国分先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方29〜ひどい生理痛(その3)〜


『35歳Lさん。やせ型。10年前の出産後から、月経の量が多くなり、5年前には貧血の治療を受けたとの事。現在も月経時はさらさらした色の薄い多量の出血があり、初日から2日間は強い下腹部の痛みがあり、温めると少しは和らぐ。漢方薬に興味があり、来院。』
健康な方は生理が終われば、比較的身体はすっきりするものですが、Lさんは約1年前からは、生理後も身体の疲れがひどくなり、動悸や息切れも強まるとの事でした。これはまさに貧血の症状で、月経時の多量出血が原因とおもわれます。ところで、ここで一つの疑問が生じませんか?同様の月経が続いていたのに、なぜ1年前からひどくなったのでしょうか?
産婦人科的には、子宮筋腫が出来る部位によっては、このような多量の月経血量に伴う貧血を起こすことがありますが、Lさんには問題ありませんでした。よくお話を聴くと、生鮮食料品店のパート勤務を始めたころから、もとからあった冷え性がますますひどくなったようです。ところが、夫は大の暑がりで夏場は帰宅するとすぐクーラーをつける一方、Lさんは家までクーラーなんてとすぐ切る…パートの疲れも手伝い、家庭内は一時的に険悪な雰囲気になったとの事でした。
Lさんの不調は、スーパーでの冷え過ぎにも原因はあるようです。スーパーの仕事がまさに貧血をひどくしてしまったようでした。


そこで月経時には『キュウキキョウガイトウ』、普段は『帰脾湯(キヒトウ)』と貧血治療のために鉄剤を飲んでもらいました。『キュウキキョウガイトウ』は、身体を温めて止血する薬で、身体が弱く冷え症の出血によく用います。『帰脾湯(キヒトウ)』の「帰」は以前に紹介した生薬の「当帰(トウキ)」のことで、「脾」は消化機能をつかさどる部分というお話はしましたね。つまり、消化機能の働きを強めてエネルギーを生み出すと同時に、不足した血を補う漢方薬なのです。
Lさんはその後、出血も少なくなり、貧血も改善しました。また、冷えの方も徐々にではありますが軽快をみていきました。現在は、夫婦仲もうまくいっているようで、離婚の理由に体質の不一致もいれてもいいかもと、笑ってお話するLさんでした。
2007年02月10日(土) No.229 (山内先生(産婦人科)のコラム)

水なしで飲める薬


薬を飲むときは一般的にコップ1杯以上の水、またはぬるま湯で飲んで下さいとありますがそれはどうしてでしょう?
コップ1杯以上の水、またはぬるま湯は、薬を溶解(崩壊)させて吸収をよくするのに最適である他に、薬をしっかり胃腸に流し込む働きがあります。
たまに薬を水なしで飲めると自慢する方がいらっしゃいますが、水なしで飲んだり、水が少なかったりすると、薬が食道や胃の壁に貼りついて炎症を起こしたり、ひどい時には潰瘍になり消化管の壁に穴があき出血(吐血など)する場合もあります。
さてそこで最近多くなってきた水なしで飲める薬についてですが、これは口腔内崩壊錠といい、少量の水分で溶解するように作られていて、消化管の壁に張り付き障害を起こすことは基本的にありません。


つまり唾液で溶かして飲み込むことが可能な薬ということで、車や電車の中などの移動中に飲む酔い止め、下痢止め、胃薬などや旅先で飲む血圧の薬や睡眠剤など、水がすぐ用意できないときに便利に服用することができます。
ただし、その製品によって溶けづらい物やザラザラ感があるものもあり、水で飲むのにこしたことありません。ちなみに水がないからといってジュースや濃いお茶、コーヒー、牛乳などで飲んだ場合、ジュースの酸や濃いお茶、コーヒーのタンニン、カフェイン、牛乳のカルシウムなどで、薬に吸収や成分、味(強い苦み他)などに影響を与える場合がありますので注意が必要です。
お酒で飲むという人は、薬やアルコールの分解を阻害して副作用が出たり、急性アルコール中毒になる可能性があるほか、肝臓などにも重大な障害をあたえることがあるので、絶対にやめていただきたいと思います。
2007年02月10日(土) No.228 (原口先生(薬剤師)のコラム)