タイトル

第30話/50歳以上の男子5人に1人は前立腺肥大症


50歳以上の熟年男性になると、「夜中に何回も小便に起きる」、「日中もトイレが近い」「尿が出にくい」という症状を自覚するようになります。これらの症状に悩む男性の大部分が、「頻尿や排尿困難は、自然な老化現象..
続きを読む
2006年02月10日(金) No.178 (古屋先生(泌尿器科)のコラム〜ドクトル・フルヤの知って得する泌尿器科講座〜)

ソフトサイン〜母乳とタバコ〜


2001年、アメリカ小児科学会からおもしろい勧告がだされました。それ以前の勧告では、授乳中母親への投与を禁止とした乱用薬物(Drug of Abuse)としてアンフェタミン、コカイン、マリファナなどとともに『ニコ..
続きを読む
2006年02月10日(金) No.177 (秋山先生(小児科)のコラム)

若ハゲ・薄毛の飲み薬


今月の主役は、とある病院の事務長…小谷英之(41歳)。見た目は、スレンダーな長身にスキンヘッドに口ひげと、かなり目立つ容貌。ジャージの上下を身に着けるとNBAのプロバスケ選手のようでもあり…、ダークスーツに身を包みベンツのハンドルを握れば『その筋の人』のようでもあり…、法事に出席すれば坊さんに間違われ数珠を持ったおばあさんに拝まれたりもするし…、子供の学校行事に参加すれば、ちびっこ達から「ハ〜ゲ!ハ〜ゲ!」とからかわれ「ハゲと坊主頭は違うんだぞ」と熱心に説明したりもする…、ちょっと謎めいた人物なのですが、中身は優しい目をしたしっかり者の金庫番なのです。
実は彼、7〜8年前には普通の髪型をしていたのですが、日々進行する「若ハゲ」に悩んでおりました。そんな彼に転機が訪れたのは5年前のこと。わかさぎ釣りの釣果を占う賭けに負け、罰ゲームで髪の毛を全部ツルリと剃られたのです。
当初は、会う人ごとに「どうしたのっ!」とビックリされたのですが、意外に似合っていたので自分でも気に入り、その後ずっとスキンヘッドを続けているのです。
朝起きると枕に落ちた髪の毛を拾ってはため息、シャンプーすると排水溝に流れ行く髪の毛をうらめしく思い、毎朝育毛剤で頭皮マッサージをしていた頃よりも、今の頭でいる方が何倍も気楽で幸せでした。(冬は寒いけど…)
ところが最近になって、内服薬で「ハゲに効く薬」が発売されたのです。しかもとても効くらしい。


「なぁんでもっと早く出なかったんだよぅ!」と怒り心頭の小谷事務長…。
さて、それではその飲み薬、プロペシアとはどのようなものでしょう。プロペシアは男性型脱毛症治療薬です。脱毛症には男性型脱毛のほかに円形脱毛、脂漏性脱毛、粃糠性脱毛、女性型脱毛、などのいろいろな種類がありこのプロペシアは男性型脱毛にしか効きません。ですから、まず一度脱毛症の鑑別のできる皮膚科医に相談することをお勧めします。男性型脱毛はテストステロンというホルモンから作られるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因と考えられています。そのテストステロンからDHTに変わるとき5α還元酵素型という酵素が必要なのですが、プロペシアにはその酵素を阻害する働きがあります。日本での国内臨床試験では、1年後に6割弱の患者さんに改善が認められ、海外での臨床試験では5年後に約9割の患者さんに改善効果が認められています。
髪の毛が気になる方は一度ご相談ください。
2006年02月10日(金) No.176 (国分先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方17〜冷えるとお腹が痛い〜


今回の患者さんは、「冷え」を主訴とする方です。
『28歳、Hさん、女性。とにかく手足が極端に冷たい。寒いときは体の芯から冷える。
風邪をひくと悪寒がひどく全身が冷えて仕方がない。漢方薬が希望にて来院。』
Hさんは、実際に触ると本当に冷たい手足でした。このような方は、温める生薬を使わざるを得ません。「冷え」には表(体の表面)と裏(体の内部)がある話は以前しましたが、「悪寒」は「表寒」(表の冷え)のサインですから表を温める生薬を使えばよいのですが、Hさんは「体の心からの冷え」もあるので「裏寒」(裏の冷え)にも対応しないと症状は良くならないと考えました。
ただし、このような方に大切な問診事項があります。それは『冷えるとお腹が痛くなりませんか?』の一言です。この問診で私は当帰四逆加呉茱萸生姜湯[トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ]という舌を噛みそうな名の薬を処方しましたが、その後体がポカポカする感じがわかるとのことで、しばらく薬を続けてもらうことにしました。
この薬は、単なる「冷え」の薬ではありません。確かに体を温める生薬が配合されていますが、薬の構成を調べると実は建中湯[ケンチュウトウ]つまり「お中を建て直す」が基本骨格なのです。
この薬は「冷房が強い部屋にいると、お腹が痛くなる」人にも、よく処方しますし、こういう方は夏場でも「冷え」がつらいタイプに多くみられますね。

さて、「冷え」は以前からお話しているようにいろいろなパターンがあり、その状態に合った漢方薬を選ばなければなりません。ですから「○○さんが効いた漢方薬がほしい」と言って受診される方がいますが、これは間違いなのですね。やはり、きちんと診察をしなければなりません。Hさんに『冷えるとお腹が痛くなりませんか?』の問いかけた理由はただ一つです。それは処方する薬を決めたいからです。
漢方医学の問診は余計なことみたいな事をたくさん聞きます。それは各々に漢方薬を決めるカギが隠されているからで、決して無駄な事を聞いているのではありません。漢方薬は生薬の寄せ集め(複合剤)ですから、様々な症状に対応できる反面、それだけ情報収集も必要ということです。
2006年02月10日(金) No.175 (山内先生(産婦人科)のコラム)

お茶のよもやま話最後の1杯


これでお茶の話は最後になりますが、今回はお茶を飲む話ではなく、古くから暮らしの知恵として生活に取り入れられてきた活用術についてお話します。


[1]鉄瓶や鉄鍋は錆びやすいものですが、茶ガラで拭くことにより緑茶のタンニンが鉄と結びついて表面に膜をつくり錆び難くします。
[2]よく絞ったお茶ガラを床にまいて、ほうきで掃くとホコリもたたず綺麗に汚れが取れます。とくに畳には有効で、じゅうたんだと乾いたお茶ガラをまいた後にブラッシングすると、つやも出るそうです。
[3]お茶には消臭効果があり、次のような使い方が出来ます。
1.魚を焼いたり、壁の塗り替えをした後は、部屋にいつまでも臭いが残って不快なものです。そんなときはフライパンなどで古いお茶か安いお茶をいぶして煙を部屋全体に充満させると、2〜3時間で臭いが取れます。
2.フライパンやまな板、鍋などに染みついた臭いもお茶ガラで拭き取ると有効です。長期間使わないティーポットにお茶の葉を少し入れておくと、カビ臭くなるのを防ぎます。
3.お茶ガラを乾燥させたものをガーゼに包んで靴箱の隅に入れておくとイヤな臭いを取ります。
効果が落ちてきたらもう一度炒り直すと繰り返し使えます。
[4]おばあちゃんの知恵袋の中には、アトピーやかぶれた肌など荒れた皮膚に対して、やわらかくしたお茶の葉や濃い番茶をガーゼに浸して貼ると効果があるとか、肌を綺麗にする効果もあるため、敏感な肌を持つ赤ちゃんのお尻拭きに番茶を浸した布で拭いてあげると、臭いも取れてつるつるになると言われており、お茶の抗菌・消臭・作用やビタミンCなどが肌荒れを防ぎ、皮膚を清潔に保つと言うところから使われていた様です。
しかし、実際にアトピーやおむつかぶれの場合は、感染などで悪化させないためにも早めの皮膚科受診をおすすめします。
2006年02月10日(金) No.174 (原口先生(薬剤師)のコラム)