タイトル

第18話/子供をもつお母さんに知ってもらいたい泌尿器の病気


5・「男の子が陰嚢の痛みを訴えた時」
男の子が陰嚢の痛みを訴えた時は、手術を必要とするような重大な病気が原因のことがありますので、早めに泌尿器科を受診することを勧めます。
さて、陰嚢の痛みの病気は、「急性陰嚢症」と呼ばれています。その代表的なものは、精索捻転症、精巣炎、精巣上体炎です。いずれも、治療が必要です。

精索というのは血管と精管の束みたいなもので、精巣はこの精索によってつり下げられた状態になっています。この精索が捻れると精巣への血液の流れが止まりますので、激痛が起こります。多くは、中高校生の子供の片方の精巣にだけに起こります。診断は以前は難しかったのですが、現在では血液を測るドップラー超音波装置を用いて簡単に診断ができます。この病気の重大な点は、時間がたつと精巣が壊死してしまい、将来子供を作る生殖機能が障害されることです。そのため、症状の出現から4〜5時間以内に手術するのが理想的です。しかし、24時間を過ぎると、精巣を摘出せざるをえなくなります。
似たような病気に「精巣垂捻転症」があります。精巣垂は、精巣の表面に付着している米粒大の突起物で、これが捻れる病気です。うっ血して大きくなった精巣垂が陰嚢の皮膚を通して、青く点状に見えるのが特徴です。痛みは精索捻転症に比べてはるかに軽く、消炎剤や抗生剤の服用でほとんどが治癒します。
その他に、雑菌やウイルスで起こる「精巣上体炎」や「精巣炎」があります。これらは、陰嚢の痛みばかりでなく、通常陰嚢の腫れと発熱の症状が合併します。稀な病気には、スポーツなどによる外傷が原因である「精巣破裂」や血管の中に血の塊が詰まる「精巣梗塞」などもあります。
というわけで、お子さんが陰嚢の痛みを訴えたら、ためらわずに泌尿器科に連絡してみてください。
2005年02月10日(木) No.119 (古屋先生(泌尿器科)のコラム〜ドクトル・フルヤの知って得する泌尿器科講座〜)

本当にあるかもしれない恐いお話


昨年のヨン様ブームが去り、今年はジュン様ブームが訪れてしまうのではないかと心配している今日この頃です。
先月号は普通に書かせて頂いたのですが、どういう訳か不評だったので、『本当にあるかもしれない恐い..
続きを読む
2005年02月10日(木) No.118 (国分先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方5〜肩こり〜


肩こりは誰にでも程度の差はあれ起こりうるもので、日常的なだけに長く医療の対象になってきませんでした。また、西洋医学ではなかなか改善しにくい症状の一つであり、使う薬も鎮痛剤、消炎剤、筋弛緩剤などに限られがちです。一時的に症状をやわらげることが可能でも、しばらくすると症状がぶり返したりすることも少なくありませんね。
一口に肩こりといっても、原因は様々で、単なる筋肉疲労や血行障害によるものから頚椎(骨・神経)の異常、高血圧、心臓病、さらには他の内臓の病気が原因になっていることもあります。
もし、肩こりの陰に重大な病気が隠れているならば、その治療が優先されます。そうでない肩こりに対しては、ある程度漢方治療も有効な手段となる場合があります。
急性の肩こりによく用いられるのは、カッコントウ(感冒のときよく使います)です。
ただし、長く飲み続ける薬ではないですし、1週間飲んでも効き目がなければ別な薬に変更すべきでしょう。カッコンとは葛(クズ)のことですから、古人が葛湯を肩こりのとき飲んでいたのは経験的な知恵なんですね。また、御自分で横になって臍のすぐ左横を人指し指で押して軽く痛みがあれば、カッコントウが効く目安になります。

慢性の肩こりの場合は、いつもお話するように証(身体の状態)の見極めが大切になります。漢方医学の診察で「望・聞・問・切」という四診というのがあるのですが、何の事はない「望診」は目でみる(顔色・舌・皮膚・体の動き・精神状態)、「問診」は耳から聞く、においを嗅ぐ(声、体臭、咳、口臭)、「問診」は西洋医学と同じ、「切診」は体に触れて診ることなのです。
しかし、「望・聞」だけでも結構な情報は得られるんですね。同じ患者さんを診ていると、「今日は顔の色つやがいい」とか「声にハリがある」とか分かるんです。以前、「顔の色がいい」と患者に言うと「今日は化粧してきたんです」と言われましたが、要は化粧する位に身体の気力が充実してきた証拠でもあるのです。(笑)
肩こりにばかりに気を取られると、正しい治療ができなくなります。「冷え」「頭痛」「ストレス」などが伴っているかは非常に重要です。基本的には前回話した「お血(おけつ)」と「水毒」によるものが多くみられますが、一人一人に合わせた漢方薬が必要になります。
2005年02月10日(木) No.117 (山内先生(産婦人科)のコラム)

ソフトサイン〜コリックと夜泣き


赤ちゃんが泣くと訳もなく心配になり、早く泣き止ましたいと考えいろいろ行動します。しかしいつまでも泣き続けたり、急に泣き出し手がつけられなかったり、しかも夜中だったらもうパニックです。
お母さん、お父さんを悩ませる過剰泣きは、生後2〜4週に始まり、夕方から夜半にかけて発作的、衝動的に泣くコリック【(仙痛)と、離乳期の後半から始まる夜泣き】が大部分を占めているようです。コリックの原因はよくわかっていませんが、あまり過敏に反応することなく、泣くたびに抱き上げてあやしたり、おっぱいを与えたりしていると症状が落ち着いてきて、3〜4ヶ月頃までには自然に消失してしまいます。

一方、生後6ヶ月頃から始まる夜泣きは、はっきりいって親たちの頭痛の種。大体2〜3人に1人起こるとされています。古代エジプトのパピルスにも夜泣きを治す薬の処方が書かれていたそうです。そのくらい昔から親たちを悩ませてきたわけです。この夜泣きですが、治そうとあせるよりも、うまく付き合うことを心がけたほうが賢明のようです。夜中に目覚めて泣いた時は、ある時は抱き上げ、またある時はそのままに。おっぱいをふくませる、すこし外の空気に触れさせる、そんな付き合い方をしていると、いつのまにか落ち着いてくることが多いようです。
赤ちゃんが成長してゆく一つの過程だと考え、おおらかな気持ちで付き合ってあげてください。あの時は大変だったと懐かしく思い出す時がきっとくるはずです。
最後に怖い話…離乳期の赤ちゃんが突然火がついたように泣き出し、なかなか泣き止まない場合、また一度泣き止んでも再び火がついたように泣く場合、さらに嘔吐を伴う時など腸重積という緊急を要する病気のことがあります。とにかくいつもと違う状態、変だ、と感じた場合は、小児科を受診してください。
2005年02月10日(木) No.116 (秋山先生(小児科)のコラム)

危険な罠に注意


今はインターネットや通信販売で、いろいろな買い物を簡単に出来る便利な時代になりました。
その中に合法麻薬と言って販売されている薬があります。それは脱法ドラッグとも呼ばれ、なかにはまだ規制にはなっていませんが危険な成分を含むものがある可能性があります。
その証拠にその中の通称マジックマッシュルームやエクスタシー、ラブドラッグと言われていたものが、麻薬に指定されました。これらは強い精神的依存性を持っており、薬を止められなくなるばかりでなく、不安不眠等に悩まされることから始まり、乱用を続けると脳細胞を破壊し錯乱状態になり、腎・肝障害や記憶障害等の症状も現れます。もちろんこれらは所持しているだけでも逮捕されます。
また、一部の中国産ダイエット食品やお茶などから医薬品である甲状腺ホルモンや肝障害を起こす食欲抑制成分を混入したものが見つかりました。そう言ったものはもちろん違法であり、重大な副作用や健康被害を起こす危険性があります。強壮剤の中にも医薬品のバイアグラと同様の成分が含まれているものもあり、心臓疾患をもっている人には命に関わる様な非常に危険なものもありました。

また、女性に胸のサイズがAカップからDカップになると言って、偽物の豊胸剤を売っていた話は最近マスコミでも騒がれたところです。
「脂肪を包み込んで…」などと、体外排泄によるダイエットをうたった食品などについても、試験管内での実験をあたかも実際に人が使って効く様な、虚偽誇大広告がテレビや新聞などにあふれているのが現状で「天然だから安心」(天然でもフグや毒キノコなど危険なものもあります)とか「厚生労働省許可」「厚生労働省承認済み」(特定保健用食品以外に事前の許可や確認を行なっている健康食品はありません)、「ダイエットに効く○○茶(特許番号○○番)」(特許を受けているからといって、必ずしもその効果が認められているわけではありません)など薬事法違反のものもたくさんあり、健康被害に遭わないためにも文字や表示などに騙されない注意が必要です。
2005年02月10日(木) No.115 (原口先生(薬剤師)のコラム)