タイトル

第14話/子供をもつお母さんに知ってもらいたい泌尿器の病気


2.皮かぶり(包茎)その1
ウンチク話をひとつ。江戸時代、包茎のことを「越前」と呼んでいました。越前福井公は参勤交代行列の際、槍に熊の毛皮の鞘をかぶせて立たせていたので、その鞘が「皮かぶり鞘」と呼ばれていたことから、皮かぶり(包茎)を越前と呼ぶようになったそうです。
さて、ペニスを覆っている皮膚を包皮といいますが、この包皮がたるんで亀頭を包み込み、亀頭が外部に露出できない状態を「包茎」といいます。生後1年以内の赤ちゃんでは、この包皮と亀頭はぴったりと癒着しているため、どんなに包皮をめくろうとしても亀頭が露出することはありません。
その後、次第にこの癒着がはがれてきますが、乳幼児期ではほとんどの場合、亀頭はいつも包皮に覆われて包茎状態が当たり前。ですから、自分の旦那さんのと違って息子のオチンチンが皮かぶりでも、お母さん心配無用ですよ。

しかし、自分の子供が他の子供と違って皮かぶりであることを気にするお母さんは、次のような処置をしてみて下さい。
お子さんの包皮を軽く引っ張り上げてみて下さい。最初は包皮が軽く裂けて少し痛がりまるが、日数がたつと包皮がめくれてくるようになります。場合によっては、ステロイド入りの軟膏を使うとうまくいくことがあります。
ところで、この包茎が治るのはいつ頃なのでしょうか?思春期になると、ペニスの心棒である陰茎海綿体が急速に発達して肥大してきます。そうすると、包茎は自然に後退し亀頭が顔を出した状態になります。この「包茎を卒業した時期」は、私の行ったアンケート調査では、中学時代が最も多く50%で、次は高校生時代で43%でした。つまり、包茎は高校を卒業するまでは様子をみて良いことになるわけです。
2004年10月10日(日) No.94 (古屋先生(泌尿器科)のコラム〜ドクトル・フルヤの知って得する泌尿器科講座〜)

患者さま


私は「何々さま」と呼びかけた記憶がありません。もちろん手紙や年賀状での宛先は「様」を使います。
母は「山田おじさま」「大田おばさま」と言っていましたが、「山田さま」「大田さま」とはあまり聞いたことがありません。父は「さま」は用いませんでした。
小津の映画で、原節子が「山田のおじさま」とか「良子おばさま」といった使い方をしています。
親戚や父母の友人等の個人的関係があっての「さま」で尊敬や親しみが背景にあります。
ホテルやレストランで「高橋さま、室の用意ができました」とか「高橋さま、お待たせしました。お席へ案内いたします」とか、行きつけの店での「さま」の呼びかけなどは母や原節子の「さま」とは違います。三波春男の「お客様は神さまです」の「さま」です。
サービスと満足を提供し、お金を払ってもらうということで最も重要な事は「また、来て下さい」です。

さて、最近医療機関でも「さま」を付けて呼ぼうという「患者さま運動」があります。私は別に反対はしませんが、何となくしっくりこない感じがします。
確かにお金のやり取りはありますが、本質的なものではなく患者さんは10000円も払ったから早く治してくれとか、500円しか払わなかったから治らなかった等とは思わないでしょう。医療機関での支払いはレストランや買い物とは違います。
病院での支払いの時「高橋さまありがとうございました。また、どうぞ」などと、私は言われたくありませんが、皆さんはどうですか?
2004年10月10日(日) No.93 (高橋先生(内科)のコラム)

本当にあるかも知れない怖いお話〜そばアレルギー編〜


ある読者の方から「もう少し面白いことを書いてくれ」とのご要望がありましたので、今回は物語に仕立ててみました。
今回の主役は、国分ジュン子(27歳)。銀座の高級クラブのナンバー1ホステスである。ある日..
続きを読む
2004年10月10日(日) No.92 (国分先生(皮膚科)のコラム)

女性と漢方1


最近は、街角のドラッグストアーで、感冒薬のドリンクを買い求めようとすると、「葛根湯」「桂枝湯」「小青竜湯」などがずらりと棚に並んでおり、漢方薬が多いのに驚きます。
需要が出てきたというわけでしょうが..
続きを読む
2004年10月10日(日) No.91 (山内先生(産婦人科)のコラム)

市民お薬講座と健康食品の話


北見薬剤師会で「市民お薬講座」というイベントを毎年無料でおこなっていて、たくさんの方に参加していただいています。今年も10月23日(土)に開催することになり、今回は私が「食と健康」についてお話させていただ..
続きを読む
2004年10月10日(日) No.90 (原口先生(薬剤師)のコラム)

ご存じですか?訪問歯科診療


「白衣を着た医師が、枕元で鞄を開けて、中からおもむろに聴診器を取り出すと…」ドラマによくあるお医者さんの往診のシーンを思い浮かべる方が多いはずです。
ところで、歯医者さんも往診してくれるの?という疑問を持たれたことはありませんか?心配ご無用です。歯医者さんの治療にも「訪問歯科診療」といって往診できる場合があります。
現在、北見市・留辺蘂町・端野町の25軒の歯科医療機関が、訪問歯科診療登録医として地域の皆様のために活動しています。また、登録医の申請をしていなくても、現在治療中や、もともと通院していた方ならば、訪問歯科診療するという医院もあります。

訪問歯科診療の対象者になるのは、なんらかの理由で「通院困難な患者さん」です。具体的には「長い間寝たきりで在宅介護を受けている」、「病院に入院中だけど、その病院には歯科がない」といった方などの例が挙げられます。
したがって、「銀歯がとれたけど、仕事の都合で歯医者にいけないから来てもらおう」というような方のところには、訪問歯科診療はできません。
また、在宅介護を受けていても、毎月数回定期的に病院を受診していたり、毎週デイサービス(通所介護)に元気に通っているというような方などは、原則としてそれらと同様に、受診の為には歯科医院にも通院していただかなければなりません。
以上のように、いろいろな制約もあるため、訪問歯科診療が行えるかどうかは、患者さん個々の状態や条件によって皆違います。
訪問歯科診療を希望される方は、まずはかかりつけ、もしくは以前通院していた歯科医院がある場合、そちらにお問い合わせください。
訪問看護ステーション・在宅介護支援センター・施設などに登録歯科医院のリストがおかれている場合もあります。その他、ご不明な点がありましたら、北見歯科医師会までお問い合わせください。
2004年10月10日(日) No.89 (北見歯科医師団のコラム)