タイトル

女性のデリケートゾーンの悩み


以前、テレビで女性外陰部のかゆみをとるぬり薬のコマーシャルを見て、アレっと思いました。確か、「女性のデリケートゾーンのかゆみが、もう自分で治せるんです。」と言っていたと思います。女性の恥ずかしい部分を診察されるのですから、産婦人科は敷居が高いのは確かでしょう。受診しなくても自分でこっそり治せたら、と思う女性心理を巧みにくすぐったわけですが、だいぶ勇み足だったようです。産婦人科関係者からの抗議?が多かったらしく、最近のコマーシャルでは、月経時のかゆみや下着によるかぶれに効果ありという内容になっています。
つまり、外陰部のかゆみの原因はさまざまあって、このぬり薬ですっかり良くなる場合もあれば、いくらぬっても良くならない、むしろかゆみがひどくなる場合もあるわけです。以下に、外陰部や膣がかゆくなる主な疾患について少し説明しましょう。


◆カンジダ症
カンジダはカビの一種です。腸内や膣に常在していると言ってもいい菌で、性交でうつされる(性感染症)こともあります。妊婦や糖尿病の患者、抗生物質を使ったときなどに増えて、症状が出ます。
外陰部のかゆみ、赤み、白く固まった感じのおりものなどです。おりものをそのまま顕微鏡で見て診断します。膣錠、ぬり薬、飲み薬などで多くの場合1〜2週間で治ります。糖尿病の方は治るまで時間がかかり、何回もかかりやすい傾向があります。
◆トリコモナス膣炎
トリコモナスは性感染症の一つで、パートナーも同時に治療しなければなりません。顕微鏡で見るとしっぽを盛んに動かして泳ぎまわっていて診断は容易です。かゆみの他は、黄色くてくさいおりものが特徴です。治療は膣錠も使いますが、飲み薬で特効薬があって1〜2日で治ります。
◆老人性膣炎、萎縮性膣炎
閉経後は卵巣から女性ホルモンが分泌されないため、膣が萎縮したり雑菌などにやられやすくなります。おりものが多くなったり、かゆいこともあります。治療は膣錠その他で女性ホルモンを補います。効果は十分ですが、治療をやめてしばらくたつと再び同じようになることも間々あります。
これらに加えて、またずれ、毛じらみ、外陰がんその他多くの疾患でかゆみが出現します。自己判断するより、まず専門医に相談することが大事だと思います。
2003年11月10日(月) No.27 (浅井先生(産婦人科)のコラム)

足の硬いできもの…「これって、ウオの目?タコ?イボ?」


今月は、読者の方からご要望がございましたので、足にできるウオの目、タコ、イボについて書かせて頂きます。


◆ウオの目
正式には鶏眼(ケイガン)と言います。足の裏や足趾に、強い機械的な刺激が長期間加わっていると出来てしまいます。皮膚の一番外側にある角質が肥厚し、中心部に角栓という芯のようなものを作り、圧痛を伴います。治療は比較的簡単で、角質を軟らかくする薬を貼って1〜2週間後にきれいに削って切除します。芯を取る
ときに、少しだけ痛みがあります。
◆タ コ
正式には胼胝(ベンチ)といいます。ウオの目と同様に、長期間の機械的な刺激により出来ます。足の裏や足趾の場合は、ほとんど角質のみが厚くなり、ウオの目と違い芯は出来ません。治療はウオの目と同様ですが、芯がありませんので痛くありません。《ペンダコや座りダコの場合は、角質の下の表皮と呼ばれる部分も厚くなる為、削った後外用剤が必要になります。》
◆イ ボ
正式には疣贅(ユウゼイ)といい、ヒト乳頭腫ウイルスによる感染症です。足に出来ると、一般の方にはウオの目やタコと区別がつきません。小学生以下の子供さんの場合、タコやウオの目はほとんど出来ませんから、足に硬い物が出来たらイボと思って下さい。大人の方でも、ご自分でウオの目やタコと思い込んで来院される方の3割程度はイボです。治療は液体窒素による凍結療法が一般的ですが、週に1回程度の通院で数ヶ月に及ぶこともあります。《難治の場合は特殊な外用剤やレーザーなどを使う事もあります。》ウイルス感染症ですので、数が増えたり、ヒトにもうつしたりしますので、根気良い治療が必要です。
2003年11月10日(月) No.26 (国分先生(皮膚科)のコラム)

知ってますか?医師の資格…。


先日昼休みに、「目医者、歯医者とは言うけれど、鼻医者とか頭医者、心臓医者と言わないのは何故か」などと話しをしていた時、ある事務員(医療事務歴20年のベテランです)が、内科医と眼科医は医師としての資格が違..
続きを読む
2003年11月10日(月) No.25 (高橋先生(内科)のコラム)

第3話/尿の色は健康のバロメーター


皆さん、ご自分の尿を観察したことはありますか?偶然尿の色の異常に気が付いて、泌尿器科のお医者さんの診察を受け、病気が早期に発見され命拾いしたと言う話をよく聞きます。私の友人の場合は、スキーを楽しんでいるとき雪の上に真っ赤な尿をして、驚いて検査を受け膀胱癌が発見されました。
正常な尿の色は淡黄色、いわゆる麦わら色をしています。これは、身体の中で作られるウロクロームという色素や、肝臓で作られる胆汁の主成分であるビリルビン色素および食物の色素によるものです。このうちウロクロームやビリルビンなどの色素の一日の排泄量は一定ですから、水分を多量に飲んで尿量が多いときはほとんど無色に近くなり、汗をかいて尿量が少ないときは濃い黄褐色になります。
肝臓が悪くてビリルビン色素が大量に尿中に出る場合は濃い赤褐色になります。

この場合、尿の泡も同様に赤褐色になるのが特徴です。また、人工色素を使った清涼飲料水やある種の薬(とくに便秘薬)、アロエを食べたりすると真っ赤な色の尿になることがあります。このように、尿の色は病気の場合や、健康の場合でも食べ物や薬などによって種々な色に変化するのです。さて、赤い尿は血尿といって血液が混じったもので、尿路系の腫瘍の発見の手がかりとなりますから要注意です。灰黄色で混濁した尿の場合は、膀胱炎などの細菌感染が原因となる場合があります。
牛乳のような白い尿は、乳糜尿と呼ばれており、腎臓のリンパ管の病気のため、尿の中にリンパ液である乳脂肪が混ざったためです。
これは、フィラリア原虫による亜熱帯地方の風土病によるものですから、私達にはあまり馴染みのない病気と言えます。
黒い尿は大変まれで、黒色種という皮膚にできる腫瘍が原因です。このように、尿は「健康のバロメータ」です。
一日一回くらいは尿の色を注意してみましょう。
2003年11月10日(月) No.24 (古屋先生(泌尿器科)のコラム〜ドクトル・フルヤの知って得する泌尿器科講座〜)