タイトル

医療費を高くするのはあなたかもしれない!?


 前回お話したとおり、日本薬剤師会が2007年に、薬剤師がケアする在宅患者さん812人の残薬を調査した結果、患者さんの4割以上に「飲み残し」「飲み忘れ」があり、1人1カ月で3、220円が服用されていませんでした。金額ベースでは処方された薬全体の24%にあたり、厚生労働省がまとめた75歳以上の患者さんの薬剤費から推計すると、1年に処方される薬のうちの475億円が毎年残薬として残っている計算になります。75歳以下のあなたの分も入れると軽く1、000億円は捨てている事になるかも知れませんね。
 1日3食分の薬を処方されながら食事を1日1食しか取っておらず薬がたまっている高齢者や、複数の薬を処方され何をどう飲めばいいかわからないと90日分も残薬があった糖尿病患者さんなどの事例が全国各地から報告されています。


 お医者さんでもある日本在宅薬学会の狭間会長も「薬を飲んでいない患者さんに、飲んだ事を前提に対応している訳だから、治療自体が成り立たないし、薬代も無駄になる。」「薬の処方が必要以上に膨らめば、高齢化社会が進む中で医療費の拡大も危惧される」とおっしゃっていました。
 厚生労働省では去年より薬局での調剤報酬規定に残薬の確認を盛り込み、患者さんが面倒でも毎回一人一人に確認をする方向性を示しました。
 また、薬剤師が家まで行って服薬指導や薬の管理指導などを行う、在宅医療もすすめられていて、高知県の医事薬務課では「残薬の整理だけでは原因はわからず、薬剤師が出向いて解決のきっかけにしたい」と県内72の薬局に働きかけています。
 日本大学薬学部教授(社会薬学)の亀井美和子先生は、残薬の理由は複雑で、高齢者が1人暮らしで話し相手がいない事や、処方された薬の多さ、使用法の煩雑さなどが絡み合っており、結果的に治療効果が得られず症状が悪化し、不要な薬を追加される事もある。かかりつけの薬局やかかりつけの薬剤師さんなどに相談し、薬の種類や飲み方を見直してほしいとおっしゃっていました。
2015年07月30日(木) No.706 (原口先生(薬剤師)のコラム)

あなたの家も社会問題のゴミ屋敷!?


 最近TVでよく見るゴミ屋敷ですが、これを医療に置き換えると、高齢者宅(高齢者に限らず)の飲めないのか飲まないのかで山積みとなっている残薬が同じ問題となっています。
 その事例として大阪の78才の女性宅..
続きを読む
2015年07月02日(木) No.702 (原口先生(薬剤師)のコラム)

利便性と危険性!?


 先月号でお話したように、かぜ薬の様な皆さんがよくのまれる市販薬でも、日本国内で年間3名以上の副作用による死亡者が出ています。
 国が経済界におされてすすめようとしているセルフメディケーションでは、..
続きを読む
2015年06月04日(木) No.698 (原口先生(薬剤師)のコラム)

かぜ薬で死亡!?


 今だに、薬の事はわかっているのでお医者さんがいれば、いちいち薬剤師の説明を聞くのは時間の無駄だから早く薬だけ渡してくれと言われる患者さんがたまにいます。
 お医者さんや歯医者さん、多くの医療関係者..
続きを読む
2015年04月24日(金) No.697 (原口先生(薬剤師)のコラム)

大麻入りのピザソース!?


 アメリカでは「大麻」の成分が入ったピザソースが発売され話題になっています。発売元はアメリカの食品会社PODDEY PIZZAで、価格は日本円にすると2、000円程度で、記事によると、ソースをぬったピザを3切れ程..
続きを読む
2015年04月02日(木) No.689 (原口先生(薬剤師)のコラム)

かかりつけ薬剤師


 カリフォルニアの薬剤師学校(KGI School of Pharmacy)の副学部長 Minh Dang氏が、患者さんに向け薬剤師を選ぶときに注目すべき5つのポイントについて述べています。
【1】あなたに関心を持っている
どん..
続きを読む
2015年03月05日(木) No.685 (原口先生(薬剤師)のコラム)

薬剤師の仕事


 薬剤師の仕事の中の一つとして薬の調剤、正しい説明、投薬がありますが、薬の効果や残薬の確認、副作用の発現など、患者さんにとってはいちいち聞かれるのが面倒と思える事がたくさんあるかも知れません。
 し..
続きを読む
2015年02月06日(金) No.643 (原口先生(薬剤師)のコラム)

身の縮む寒さ、血管も縮む!


 寒い冬を皆さんはどうお過ごしでしょうか?
 昔からよく患者さんに質問される事の一つで、「薬を飲んでから血圧下がったんだけど、まだ飲まないとダメなの?」と言うのがあります。基本的に血圧を下げる薬は飲..
続きを読む
2014年12月26日(金) No.678 (原口先生(薬剤師)のコラム)

危険ドラッグより危険なあなた!


 今年もまた忘年会のシーズンがやってきました。
 今回は久々に薬とアルコールの話をします。
 薬の多くはアルコールと同じ肝臓で解毒分解され体の外に排泄されます。一緒に併用すると肝臓がアルコールの分..
続きを読む
2014年11月27日(木) No.674 (原口先生(薬剤師)のコラム)

アメリカの薬剤師1


 日本の国民は皆保険の制度で誰でも健康保険を使って医療機関を受診する事が出来ますが、アメリカでは一部の人が健康保険に加入し保険診療を受けている一方で、保険に加入するお金のない貧困者や難民などは病院で受..
続きを読む
2014年10月02日(木) No.670 (原口先生(薬剤師)のコラム)

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 【17】 【18】