タイトル

子宮頸がんワクチン その 効果


●オーストラリアのインパクト
 先進諸国の中でも2007年から他国に先駆けてHPVワクチン接種に積極的に取り組んできたオーストラリアでは、始めは女児のみを対象に公費による4価ワクチン接種を、さらに2013年からはより効果的に性的接触感染での拡がりを抑え込む目的で男子にも対象を拡大し、現在12〜13歳の男女に定期接種されています(接種率は80%)。加えて2007年からの2年間は13〜26歳女子の無料接種キャンペーンも行われました。その結果、開始前の相対感染率と比較して、開始後の18〜24歳女性におけるHPV6、11、16、18型の感染率は78%、3回の接種終了者では93%と著明に低下しています。興味深いことにワクチンを受けていない女性の感染率も35%と有意に低下しており、これは大多数の人がワクチンを受けたことによる集団免疫効果と考えられています(図)。
 この積極的な取り組みにより、オーストラリアは2028年までに、子宮頸がんと診断される女性が10万人当たり4例未満、さらに今世紀半ばには10万人当たり1例未満となり、先進国の中で子宮頸がんを克服する最初の国になりそうです。


●国内の評価
 新潟県で行っているNIIGATA STUDYにおいて、20〜22歳のHPV16、18型の感染は、ワクチン被接種者が2.2%(10/459)であるのに比べて、ワクチン接種者では0.2%(3/1379)であり、ワクチン接種者で感染率が有意に低く、ワクチンの有効率は91%と高い感染予防効果があると報告。
 宮城県では、子宮頸がん検診を受診した20〜24歳の細胞診異常を比較検討したところ、ワクチン接種者は、非摂取者に比べて細胞診異常率が有意に低く、52.1%のリスク低減効果が認められています。
 秋田県でも同様の調査が行われており、ワクチンの有効性は88.1%と報告されています。
 松山市における検討でも、ワクチン接種世代(1994〜1996年度生まれ)では、20歳時の子宮頸がん検診において前がん病変の発生率が有意に減少していることが示されています。
 海外では、90%以上の子宮頸がんを予防すると推定される9価ワクチンの接種がすでに一般に行われています。日本でのHPVワクチン接種が進まないと状況が続くと、子宮頸がん排除という世界の流れからさらに大きく取り残されることになります。
2021年09月29日(水) No.1022 (秋山先生(小児科)のコラム)

子宮頸がんワクチン その ワクチンの安全性


子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)は、2013年3月に定期接種となりましたが、副反応の可能性がマスコミで大々的に報道されて、6月には「積極的推奨の中止」となり、この状態が今も続いています。当時、ワクチ..
続きを読む
2021年09月01日(水) No.1019 (秋山先生(小児科)のコラム)

子宮頸がんワクチン その


 子宮頸がんワクチン(ヒトパピローマウィルス(HPV)ワクチン)は、12〜16歳の女子 の70%を超える人に接種されていました。しかし、副反応報道が過熱したことにより、HPV ワクチンの安全性について見直す動きがあり、2013年6月に定期接種でありながら、厚労省が積極的に勧奨することを中止しました。その影響は深刻で、接種率が激減し、2002年生まれ以降の女子のHPVワクチンの接種率は、現在も1%未満となっています。今年で8 年の歳月が経過していますが、今ではHPVワクチンの存在すら忘れ去られている感があります。


 この間、ワクチン接種が積極的に行われている先進国から、ワクチンによる子宮頸がん予防効果が次々に発表されています。またワクチン接種に関係した「多様な症状」に対しての多くの疫学調査から、接種と症状との因果関係が否定されています。 現在、先進国を中心に、接種費用を 公費で助成する国は 70 か国以上にのぼっており、WHOをはじめとする世界の主要な国際機関は、接種を積極的に推奨しています。わが国でも、最近、HPVワクチン接種再開に向けての機運が高まっています。
●子宮頸がんの現状
 毎年1万人以上が罹患し、約3千人が亡くなっています。子宮頸がんの発症年齢のピークは 30 歳代で、出産子育て年齢のピークと重なります。20〜30 歳代の女性で子宮頸がんのために妊娠できなくなる女性が毎年1、200人います。図に示すように、わが国では子宮頸がんは年々増加しています。子宮頸がんの殆どはHPVの感染が原因とされており、とくに2つの タイプ(HPV16と 18型)によるものが 50〜70%を占めています。その感染を予防するH PVワクチン(70%の効果)と、20 歳以降の定期的な子宮がん検診でそのほとんどが予防することができるとされています。しかしながら日本の現状は、ワクチン接種が1%未満で、 子宮頸がん検診の受診率も40%台と低いため、予防できるがんが全く予防できていません。
●わが国のHPVワクチン接種の変遷
2006年…HPVワクチン開発
2009年12月…HPV16,18型に対する2価ワクチン(サーバリックス)販売
2011年8月…6,11 型を加えた4価ワクチン(ガーダシル)販売
2010年 11月26日〜2013年3月31日…12〜16歳の女子を対象に公費助成
2013年4月1日から定期接種化、接種率は70%を超えるまでに普及する。
2013年6月 厚労省から「積極的勧奨の一時差し控え」の通達
 接種率は1%未満に激減、この状態が現在も続いている。
2021年07月28日(水) No.1016 (秋山先生(小児科)のコラム)

こどもとスマホ その  ネット・ゲーム依存


 スマホなどのICT端末が急速に普及し、子ども社会にも大きな影響を与えていますが、その中で最も危惧されているのが「ネット依存」という状態です。ネット依存症の診断基準はありませんが、2018年、WHOがリリースした「国際傷病分類ICD-11」で、ゲーム障害の名称で疾患として設定されました。その臨床的特徴として.押璽爐鬚垢觧間や場所などのコントロールができない▲押璽爐鬚曚の何にもまして優先するゲームにより悪影響が起きているがゲームを続ける、またはさらにエスカレートさせる、などがあります。
(頻度)
 近年、中学生の12.4%、高校生の16%にネット依存が疑われ、その推計値は全国で93万人になります。この5年間で1.8倍(2012-14、52万人)に増加しています。総務省の調査でも、依存度の高い10代が近年急激に増え、2014年度は全体の2.9%だったのが、18年度には19.9%に上がっています。
(対策)
 ゲーム依存症はさまざまな問題が生じます。全国に先駆けてネット依存症の外来、治療を行っている久里浜医療センター(千葉県)での受診前6か月の患者さんの状況を図にします。


 体を動かさないため体力低下の著しい人も多くみられています。
 依存を防止するという視点から見ると、パソコン、ゲーム、スマホを子どもに与える年齢は遅ければ遅いほどよいでしょう。スマホを持たせる前にあらかじめフィルタリングを設定し、使用時間や使用方法などに関する家庭内でのルールを本人とよく話し合って作っておくべきです。また起きる時間と寝る時間、とくに就寝時刻は必ず守らせるようにします。
 ネット・ゲーム依存の状態の子どもから、保護者がゲーム・ネットへのアクセスを一方的に制限しようとすると、子どもは反発し、起こったり暴言を吐いたり、時には暴れたりします。
 子どもはどのような手段を使ってもネットやゲームを続けようとします。治療は彼らに自分の問題を理解してもらい、自らネットやゲームに費やす時間を減らす、やめるように決断させ、それに向けて努力するように導くことですが、言うのは簡単ですが、実現は容易ではありません。中学生以降で、親がスマホやゲームなどを取り上げて成功するのは、受験期など、本人がある程度それを納得し、取り上げられた方が自分のためになると思っている時だけのようです。ネットなしでは生活できない社会にもなりつつある中で、アルコール依存症の治療のようにずっと触れないでおくというのは困難です。とりあえず節度ある使用「減ネット」が治療の目標となりますが、その中で解決のカギは、家庭との関係にあります。家族が現状を把握、理解してあげて、ネット・ゲームとの適切な距離感、うまく付き合える方法をあきらめずに、あせらずに、一緒に考えてゆくことが大切です。
 香川県はネットやゲームの依存症になるのを防ぐ目的として「ゲームの利用は1日60分まで」などとした条例を全国で初めて制定し、令和2年4月から施行しています。参考にしてみてください。
2021年06月30日(水) No.1013 (秋山先生(小児科)のコラム)

こどもとスマホ その ネット・ゲーム依存


 あなたは、ネット依存症になっていませんか?
 ネット依存の尺度として一般的に使われているのが、米国の心理学者キンバリー・ヤングが考案した基準です。チェックしてみてください。
⑴気がつくと思..
続きを読む
2021年05月26日(水) No.1010 (秋山先生(小児科)のコラム)

こどもとスマホ その コミュニケーション能力


子どもとのコミュニケーション不足を感じている親が多くなっています。ある調査によると、7割以上の親が子どもと触れ合う時間が足りないと感じており「一日に子どもと向き合って話をする時間が15分」という親が3割..
続きを読む
2021年04月28日(水) No.1007 (秋山先生(小児科)のコラム)

こどもとスマホ その─.好泪曚隼詢


スマホは、発達過程にある子どもの目にどのような影響を与えているのでしょう。


【1】近視
図に示すように、視力が1.0未満の子どもが増えてきています。スマホを使用すること自体が視力低下の直接的な要因ではありませんが、長時間にわたって小さな画面を見続けてしまうことが近視の原因となります。目で何かを見るときには、対象物の距離によって目の筋肉がピントを合わせます。スマホを一定の距離で見続けていると、そこばかりにピントが合うようになり、目の筋肉が緊張したままの状態が続き、目に疲労が蓄積し、最終的に視力が低下してしまいます。とくに視力発達のゴールデンタイムと言われている6〜8歳くらいまでの時期に、スマホを20儖焚爾了蟠甬離で長時間見ると視力発達に大きな影響を与える可能性があります。
【2】斜視
短時間に目が内側に寄る「急性内斜視」になる子どもが増えています。悪化すると文字や物が二つに見える「複視」の症状が出るため、学校生活や日常に支障をきたします。目は近くを見るときは通常でも少し寄り目になりますが、目との距離が近いデジタル機器はさらに寄り目になります。長時間使用するとその状態を正常(まっすぐ)と脳が誤認識し、なお斜視のままになってしまうと考えられています。また片手指操作をする人は、左右どちらかに傾けて使用していると左右の目からスマホまでの距離に差ができるため、目のバランスが崩れ、急性内斜視の原因になります。急性内斜視は10〜20歳代に多く、物が二重に見える症状が現れます。片目だと複視にならないため、片目をつぶり続ける子どもを見て、親が気付くこともあります。
【3】調節障害
近くにピントを合わせるとき、目の筋肉(毛様体筋)が緊張し、水晶体が厚くなります。スマホを長時間見続けると緊張した筋肉が元に戻りにくくなり、ピント合わせが困難となります。「スマホ老眼」といいます。目を休めることで回復しますが、小さなお子さんでは回復までに時間がかかることがあります。
【4】ドライアイ
まばたきは3〜5秒に1回必要なのですが、スマホのゲームや画面に集中すると、まばたきが減って涙が不足しやすくなります。目が乾き、疲れたり、かすんだりするドライアイの原因になります。
 新型コロナウイルスの感染が拡がり、小中学生が外出せず家にいる時間が増えています。スマホやタブレット端末を使用する時間が長くなっており、目の「オンライン」疲れが心配になります。視力だけではなく、遠くを見てもすぐにピントが合わず、ぼんやりしてしまう調節障害や目が内側に寄る内斜視にも注意する必要があります。とくに物が二重に見えるような症状があるときは、早目の眼科への受診が必要となります。
2021年03月31日(水) No.1004 (秋山先生(小児科)のコラム)

こどもとスマホ その スマホと体力


スポーツ庁は、2008年から全国の小学5年生と中学2年生を対象に、8つの項目(握力、上体起こし、長座体前屈、反復横跳び、20mシャトルラン、50m走、立ち幅跳び、ソフトボール投げ)の体力、運動能力ならびに生活、運動習慣などについて調査をおこなっています。
 2019年は4〜7月に、生徒の大半にあたる201万人を対象に実施されました。その結果は、それぞれの項目の合計点の平均値である「体力合計点」が、小、中学生とも前年に比べて低くなっていました。とくに小学5年生男子は2008年度の調査開始以来、最低となりました。図1は、小5男子のソフトボール投げと50m走の結果を示しています。


 同庁は、子どもの体力低下の要因として、運動時間の減少や、肥満の児童、生徒の増加、朝食を食べない児童の増加のほか、テレビゲーム、スマホなどの画面をみる「スクリーンタイム」の増加との関連を指摘しています。とくに子どもが運動していた時間がスマホに費やされている可能性をあげています。図2は生徒のスクリーンタイムの状況です。平日に1時間以上使っている子どもの割合は、小5は男子83.3%、女子73.1%、中2は男子90.3%、女子87.6%に上がっています。


 図3は、岐阜県における体力テスト8項目の総合点の偏差値とスマホやパソコンなどの利用時間の関係を示したものです。スマホなどを一日60分以上利用している子の体力総合点は明らかに低いことが分かります。一方、全く使用していない子どもたちは最も高い点数であり、一日の使用時間が30分未満の子どもたちは、体力も低くなく平均以上の水準でした。スマホを使用すること自体が悪影響を及ぼすのではなく、スマホの利用法、とくに長時間の使用に問題があります。


 昔に比べて子どもが外に出て体を動かす機会は少なくなっています。外で遊ぶ代わりに、友達とスマホでゲームやSNSをしながら遊ぶことが多いようです。運動不足の子どもが増えてしまった理由は、何よりもスマホの普及が一番の原因と言えそうです。各家庭で、利用時間と使用ルールを決めて、適切に用いることが最も大切であり、子どもにON(勉強、運動、手伝いをやるとき)とOFF(自由に過ごすとき)のスイッチを作らせ、自分自身でコントロールができるようにサポートしてあげてください。
2021年03月03日(水) No.1000 (秋山先生(小児科)のコラム)

こどもとスマホ その スマホと脳機能


 便利で身近な存在になっているスマホですが、1日2時間以上使用すると、前頭前野が活発に働かなくなることが分かってきました。前頭前野は、脳の中でも人間らしい思考や判断をし、記憶や感情制御をおこなう場所で、3歳までに3倍の大きさに成長します。前頭前野は、私達が生活するうえで一番大切な人間らしさを育む司令塔です。


 大人を対象としていますが、興味深い実験があります。(東北大学、川島先生)
 図は、少し難しい言葉の意味(例えば忖度など)を紙の国語辞典で調べたとき(上)と、スマホを使用しウィキペディアを閲覧して調べたとき(下)の前頭前野の活動を示しています。国語辞典を使用した際は時間内に3つ、一方スマホを用いると5つもの言葉の意味を調べることができました。前頭前野の働きを比べてみると驚くべきことに国語辞典を使っているときは左右の前頭前野は活発に働いているのに、スマホを使うと全く働いていないことがわかりました。スマホで言葉調べをしているときには指先も使っているし文字だって読んでいるのに、前頭前野は全く活動していません。作業効率がいいのはスマホを使用した時ですが、前頭前野はボンヤリしたままなのです。
 また、文章を書くときの実験でも、手書きで手紙を書くと前頭前野はたくさん働くのに、パソコンやスマホで文章を書かせても前頭前野は全く働かないという結果がでています。
 ちなみに、前頭前野の活動に抑制がかかるのはスマホ使用時に限ったことではありません。ゲームやテレビ視聴も同様であり、長時間のプレー、視聴は、言語知能の発達に悪影響を及ぼすとともに、脳の発達、とくに前頭前野の発達に遅延を生じさせることが、健康は学童の経年変化をみたMRI計測から明らかになっています。
 川島先生は、次のようにコメントし、長時間のスマホ利用に注意を呼びかけています。
 前頭前野が発達していることが、ヒトの脳の最大の特徴であり、前頭前野には人間ならではの「こころ」の働きが局在しています。子どもの脳の健全な発達を考えると、前頭前野の機能を活発に働かせる機会を多く持たせることが大切になります。しかし、便利なスマホを頻繁に用いると発達期の子どもたちが脳を使う機会がどんどん奪われることになります。前頭前野を使う『use it』の機会が減り『lost it』が進んだ子どもたちは、将来どうなるのか。そのことを私たちは真剣に考えなくてはならない時が来ていると思います。
2021年01月27日(水) No.996 (秋山先生(小児科)のコラム)

こどもとスマホ その スマホと学力


 10代のスマホの利用時間は、平日で一日119分、休日で194分となっています(2014、総務省)。この数値はあくまで平均なので実際はもっと多くの時間スマホを使っている子どももたくさんいるのでしょう。この現状に脳科学でよく知られている東北大学の川島隆太先生は、仙台市の7万人に及ぶ小、中学生の調査から、スマホと学力低下に相関関係があることを指摘し、スマホの使用方法について警鐘を鳴らしています。
●スマホを使うだけで学力がさがる?
 図はスマホの一日の使用時間と数学の学力テストの正答率の関係を示しています。また驚くことに「2時間以上勉強していながらスマホを4時間以上使っている子」の平均点が「30分未満しか勉強していないけれど、スマホを使わない子」の平均点より低い。スマホを持っていない子どもと、毎日スマホを2〜3時間使う子とを比べると、勉強時間がほとんど変わらないにも関わらず、テストの平均点が10点以上違うという結果になっています。うちの子は、「スマホを持っているけれど、その分しっかり勉強もしているから大丈夫」という考えを覆す結果であり、単に勉強時間が削られるから学力が低下するというわけではなさそうです。ではスマホを使うとなぜ勉強していても成績が低下するのでしょう。その原因は、勉強の質にありそうです。やはり仙台市の中学生の調査ですが、勉強中にスマホを使って音楽を聴く子どもが60%、無料動画を見る子どもが30%、無料通話アプリを使う子どもが30%いたそうです。勉強に集中できない原因にスマホが大きく影響しているようです。一日に1時間程度のスマホ使用であれば、とくに学力に影響はなさそうです。


●LINEの使用と学力の関係
・LINEの使用時間が増えるほど、顕著に成績が下がる。
・一日に2時間以上勉強している子どもが、4時間以上LINEを使用すると、勉強時間が30分未満でLINEを全く使用しない子より圧倒的に成績が悪くなる。
・一日に1時間未満のLINE使用でも成績が下がる。
・スマホ(LINE)の使用をやめても、以前に長い期間LINEを使っていた場合、成績が上がらない。
・LINEは、スマホ全体より影響が大きいようです。これはLINEの通知音によって不安が高まることが習慣化し、集中力そのものが下がってしまうことが原因と考えられています。
 スマホの使用時間は、一日1時間以内とすることが望ましく、勉強中、睡眠時にはスマホの電源を切るなど、家庭内でスマホ使用のルールを作ることが大切です。
2020年12月29日(火) No.992 (秋山先生(小児科)のコラム)

【1】【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 【17】 【18】 【19】 【20】