タイトル

傷の処置


 一昔前、傷は消毒をして乾燥させて治す事が一般的でした。当然のように病院でも行われてきたことですが、最近は考え方が180度変わってきています。
 最近の創傷治療の考えは、「傷口は湿潤環境におき、消毒は不必要」とされています。湿潤環境とは潤った状態のことです。傷から染み出してくる浸出液には傷を治す成分が多く含まれており、適切な湿潤環境では細胞は生き生きと増え、えぐれた部分も含め皮膚が覆ってきます。傷を乾かしてしまうと細胞は干からびて死滅し、傷はなかなか治りません。
 消毒薬は傷口の細菌を殺しますが、体の細胞や傷を治そうとしている成分も障害を受けてしまいます。細菌は洗うだけで十分綺麗に流されます。


 実際には、まず傷を負った直後に傷口についた汚れをよく洗います。砂などが残ると、「外傷性刺青」になり、後々に色が取れなくなるので注意が必要です。
 毎日の処置でもまず傷を洗います。傷を早く綺麗に治す上で最も大切なのは、傷を清潔に保つ事です。汗や老廃物などの汚れが傷のまわりにたまると、感染症の原因となってしまいます。洗うのは水道水で構いませんが、浴槽に溜まっているものは汚い場合があるので使いません。石鹸やボディソープの泡でやさしく洗いましょう。
 軟膏には、傷を早く治す薬、感染した傷を治す薬など、また傷の性状によって、傷から出る水分を保持するものや吸収するものなどがあります。状態と合わない薬を用いると治りを遅くすることもあり、専門医の適切な判断が必要です。
 また、傷を湿潤に保つような被覆剤やサランラップ療法などは、どんな傷にも使える訳ではありません。このような被覆剤はきれいな傷で初めて効果が期待できるもので、死んだ組織が残っていたり、化膿しているような傷に何日も貼り付けていたのではかえって傷は悪化してしまいます。
 自宅で処置できる傷かどうかを見極める事が大切です。深い傷や、砂などが自分で取りきれない場合は病院で適切に処置をしてもらいましょう。
 次回は、傷が治った後の「傷あとのケア」についてお話しします。
2018年12月26日(水) No.879 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

粉瘤(アテローマ、表皮のう腫)


粉瘤は皮膚の良性腫瘍のなかで最も多いものの一つです。
 皮膚の下に袋状の構造物(のう腫壁)ができ、本来皮膚から剥がれ落ちるはずの角質や皮脂が袋の中に溜まって出来たものです。やや盛り上がった痛みのないしこりで、皮膚に袋の開口部の穴がある事が多く、皮膚に密着してやや硬く触れます。しこりを押して、白くて臭いものがニュルルと出てきた事がある人も多いのではないでしょうか。「脂肪のかたまり」などと呼ばれたりしますが、これは脂肪ではなく角質や皮脂、いわゆる垢です。
 からだ中どこにでもできますが、顔、背中、耳の後ろなどに出来やすい傾向があります。あまり大きくならずに自然に無くなる事もありますが、多くは放っておくと角質や皮脂は徐々に溜まっていき、少しずつ大きくなります。また、開口部より細菌が侵入して化膿する事があり、こうなると赤く腫れ上がり、痛みを伴います。

 
 悪性化することはほとんどありませんが、ごくまれに癌化したという報告もあり、中高年男性のお尻に生じたものに多いと言われています。
 治療は手術で切除をするのですが、通常は局所麻酔で日帰りで行います。開口部を含めて皮膚を切開して内容物を袋ごと摘出し、傷跡は皮膚のシワに合わせて目立たないように縫合します。袋の一部
が残ってしまうとそこからまた角質や皮脂が出て来て再発してしまうので、袋を取り切る事が重要です。
 一度化膿して炎症を起こしてしまうとこの袋がわかりづらくなってしまうため、可及的に皮膚を切開して膿を出し一度炎症を落ち着かせた後、再びできものが大きくなってきた頃に手術をする、という二度手間になってしまい、普通に手術を行った場合と比べて傷跡も劣ります。
 私が経験した一番大きな症例ですが、数十年放置した後に、後頭部にもう一つ頭がくっついているくらい大きく育ってしまったものがありました。ここまで大きくなると全身麻酔が必要で、傷跡も大きくなるので大変です。
 ある程度の大きさの粉瘤は切除をお勧めします。
2018年11月28日(水) No.873 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

整形外科と形成外科


「整形外科」と「形成外科」はどう違うのですか、と聞かれることが良くあります。「美容整形」「整形手術」という言葉が有名なので、混同してしまう方が多いようです。
 大雑把に分けると、整形外科は骨や関節の外科で、形成外科は皮膚の外科です。
 整形外科は運動器の疾患を扱う診療科で、身体の芯になる骨、関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる運動器の機能改善を重視して治療します。背骨と骨盤という体の土台と四肢を主な治療対象としており、転んでぶつけた、ひねった、などの怪我や、スポーツ障害、加齢性変化を伴う疾患、骨粗しょう症、関節リウマチ、痛風、運動器の腫瘍や先天性疾患など、新生児から老年まで幅広い患者層を扱います。単に病気や怪我を治すだけでなく、運動機能を回復させることを目的としています。
 形成外科は生まれながらの異常や、病気や怪我などによってできた身体表面が見た目の良くない状態になったものを改善する外科で、頭や顔面を含めた身体全体を治療対象としています。熱傷や怪我の治療、手術後の変形や瘢痕・ケロイド、皮膚腫瘍、また生まれつきの変形や欠損に対して手術などを行い、機能だけでなく形態的にもより正常に、さらには美しくしていく診療科です。


 二重まぶたにしたり、鼻を高くしたりするいわゆる「整形手術」という表現は、通常、医療の現場では使われません。これらを行う美容外科は形成外科の一分野で、形成外科的な手法を用いて、正常な状態をよりよい状態へ改善する事を目的とします。
 整形外科、形成外科ともに戦争の外傷治療とともに発展してきましたが、日本でまだ形成外科学が確立していなかった時代には、整形外科で形成外科の治療が行われていました。学問として形成外科学が確立された後も、対外的に診療科として名乗ることができる標榜科として認められるまでは、形成外科医が形を整えるということを意味する「整形」という言葉を含む標榜科である「整形外科」を名乗っていたこともあります。
 整形外科と形成外科は重複する分野も多く、お互いに関わりながら発展しています。
2018年10月31日(水) No.868 (渡邊先生(整形外科)のコラム)