タイトル

保湿剤


 今日も嶋川先生とのぞめさんはバーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉、島大】「いらっしゃいませ。」
【島大】「嶋川先生、今日も少しお聞きしてもいいですか?」
【嶋川】「勿論大丈夫ですよ。今日はどうしましたか?」
【島大】「はっきりとは覚えていないのですが、最近のニュースで保湿剤が美容に良いとか、それは保険診療では良くないとか、そのような話を聞いた記憶があるのですが、内容が良くわからないのです。正確にはどのようなお話なのでしょうか?」


【嶋川】「なるほど、そのお話ですね。まず最初に問題なのは、ヒルドイドという保湿剤が、美容に良いという話がネットなどを通して広がり、その結果多くの女性が特別な皮膚の病気がないのに、ヒルドイドを処方してもらう目的で医療機関を受診したという事です。そして次に、一部の医療機関で、それらの女性の希望するままにヒルドイドを処方していたという点です。多くは東京などの大都市の美容クリニックだと思いますが。この保湿剤は医薬品であり、美容目的に使用するものではないですし、美肌効果があるなどの客観的なデータも勿論ありません。また、不適切な使用などにより皮膚のかぶれなどのトラブルが起こる可能性もあります。美容目的に医療機関を受診する側にも問題がありますが、皮膚の病気でない事が分かっていながら医薬品を処方する医師側にも問題があります。」
【島大】「なる程、良く分かりました。それと保険診療の上でも問題があると聞きました。」
【嶋川】「それについてまだ詳しい事は分かりませんが、必要のない患者に美容目的で医薬品を大量に処方しているとなると、国の医療費の増加につながります。そのため、もしも今後、このお薬の処方制限などの指導がなされると、本当に必要としているアトピー性皮膚炎や乾燥性皮膚炎の患者さんが必要な薬を使えなくなる可能性も出てきます。こうなってしまうと大きな問題になります。患者さんも我々医師も、十分に気をつけなければいけない事だと思います。」
【島大】「良く分かりました、有難うございます。」
【田杉】「今日は何にしましょうか?当店では、お好きなものを何でもおっしゃって結構です。」
【のぞめ】「有難うございます。それではいつものでお願いします。」
2017年11月29日(水) No.821 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

類天疱瘡


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、バーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉、島大】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【島大】「先生、今日もまたお聞きしたい事があったのですが、宜しかったでしょうか?」
【嶋川】「勿論です。今日はどうしましたか?」
【島大】「親戚のおじいちゃんの事なのですが、先月頃から体に水ぶくれが出来始めて、少しずつ数が増えて来ているようなのです。熱とかはないと言っていましたが、まさか水ぼうそうとかではないですよね。」
【嶋川】「水ぼうそうは勿論子供の病気ですが、子供の時に罹っていないと大人でも水ぼうそうになる事もあります。でも今のお話を聞くと、さすがに水ぼうそうではないと思います。恐らく、水疱性類天疱瘡という病気ではないでしょうか?」


【島大】「初めて聞く病名です。難しい病気なのでしょうか?」
【嶋川】「原因はまだすっかり分かってはいないのですが、自分の皮膚に対する抗体というものが出来て、その働きで抗体が自分の皮膚を攻撃して、次々に水疱が出来る病気です。放っておくと体中水疱だらけになってしまいますので、早めに皮膚科を受診した方が良いと思います。」
【島大】「皮膚科を受診すると、すぐに分かりますか?」
【嶋川】「診察だけで大体わかるのですが、実は体に水ぶくれが出来る、水疱性類天疱瘡と似た病気には、他にも幾つか別のものもあるのです。そのため、血液検査あるいは皮膚の一部を顕微鏡で調べる生検と呼ばれる検査が診断確定に必要なこともあります。」
【島大】「治療はどのようなものになるのでしょうか?」
【嶋川】「塗り薬だけで治療するのは難しく、ステロイドホルモン剤の内服をしばらく続けなくてはいけないケースが多いです。様子を見ながら少しずつお薬を減らしていきます。」
【島大】「治りますか?」
【嶋川】「治療によって水疱は出なくなりますが、お薬を止めるとまた出てくることが多いので、治療は長くかかるかも知れません。」
【島大】「分かりました、有難うございます。ところで今日は何をお飲みになりますか?」
【のぞめ】「今日もいつものでお願いします。」
【田杉】「竹鶴の水割りですね、ただ今お作り致します。」
2017年11月01日(水) No.817 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

手足口病


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、バーザムーンのようです。
【島大、田杉】「嶋川先生、のぞめさんいらっしゃいませ。」
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【島大】「嶋川先生、今日もすこし教えてほしい事があるのですが、宜しいでしょうか?」
【嶋川】「もちろんいいですよ。今日はどうしましたか?」
【島大】「私の親戚の子供の事なのです。先週、熱を出して、次の日からからだに赤いぶつぶつが出来て、どんどん増えてきたのです。小児科に連れて行くと、手足口病かもしれませんねと言われたようなのです。今年は手足口病が流行っているとも聞いたのですが、どうなのでしょうか?」
【嶋川】「そうですね、今年は例年よりも少し患者さんの数が多いかもしれません。皮膚の症状ですが、通常は掌、足の裏に楕円形の小さな水疱を生じるのが典型的な症状なのですが、四肢、臀部、体にも水疱やブツブツができることもあります。」


【島大】「どうして、症状に違いがあるのでしょうか?」
【嶋川】「もちろん個人差もありますが、それよりも手足口病のウイルスが一種類だけではない事も関係していると思われます。原因ウイルスとしてはコックサッキーウイルスA16というものが有名なのですが、昨年、一昨年にはエンテロウイルス71というウイルスが流行しました。そのためこれらの年では、皮膚症状が治った後に爪が変形する症状が多く見られました。でも最終的には爪ももとに戻るので心配はいりませんよ。」
【島大】「分かりました。ところで手足口病は一度罹ったら、もう二度と罹る事はないのでしょうか?」
【嶋川】「先ほど言ったように、手足口病のウイルスは一種類だけではありません。従って一度罹っても、また別のウイルスによって手足口病を発症する事は起こりえます。その点、水疱瘡などとは違うのです。」
【島大】「なるほど、そうなのですね。治療はどうすれば良いのでしょうか?」
【嶋川】「残念ながら、手足口病のウイルスに有効な薬剤はありません。従って、熱があれば安静と解熱剤、皮膚に痒みがあればかゆみ止めの飲み薬や塗り薬といった対症療法になりますね。」
【島大】「よく分かりました、有難うございます。」
【田杉】「嶋川先生、のぞめさん、今日もいつもので宜しいでしょうか?」
【のぞめ】「はい、お願いします。」
2017年10月01日(日) No.813 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

帯状疱疹


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、バーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉、島大】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【島大】「嶋川先生、今日も少し教えてほしい事があったのですが、宜しいでしょうか。」
【嶋川】「もちろんです。今日はどうしましたか?」
【島大】「先日、祖父の帯状疱疹のワクチンのお話を聞いてもらいましたよね。」
【嶋川】「そうですね。保険は利かないけれど、ワクチンを打つことによって、帯状疱疹になる確率が約半分になり、もしも帯状疱疹に罹っても、重症度も半分くらいになるでしょうというお話をしたと思います。その後、おじい様はワクチンを打つことにしたのですか?」
【島大】「まだはっきりと決めていないようなのです。」
【嶋川】「そうですか。急いで決める事もないと思います。ワクチンを打たなくて、万が一帯状疱疹になった場合にも、今は良い薬がありますから、すぐに治療を開始すれば、痛みが長く残る可能性も少ないと思います。」


【島大】「そうですよね。でも祖父はその治療のお薬の事も心配しているようなのです。」
【嶋川】「どのような事が心配なのでしょうか?」
【島大】「一つは、今いろいろなお薬を飲んでいるので、飲み合わせは大丈夫かという事です。もう一つは、最近祖父は腎臓が少し悪いと言われているようなので、帯状疱疹のお薬を飲んでも大丈夫なのかも心配しているようなのです。」
【嶋川】「なるほど、そうでしたか。飲み合わせに関しては具体的な薬の名前がわからないと何とも言えません。万が一帯状疱疹になって病院を受診する時には、必ずお薬手帖などを持参して、先生に現在飲んでいるお薬の事をお話しして下さい。腎臓に関しては腎機能の状態によってお薬の量を加減したりしなくてはいけない事もあります。ただし、新しく発売になった飲み薬があって、このお薬は腎臓が悪い人でも普通に飲むことが出来ます。しかも内服は一日一回で大丈夫なので服薬の負担も減ると思います。もしも帯状疱疹になったら、先生と良く相談してみるといいと思います。」
【島大】「よく分かりました、有難うございます。」
【田杉】「嶋川先生、のぞめさん、ところで今日もいつもの飲み物で宜しかったですか?」
【のぞめ】「はい、いつものでお願い致します。」
2017年09月01日(金) No.809 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

乾癬の新薬


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、網走のバーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃい。」
【島大】「嶋川先生、いらっしゃいませ。今日も少し教..
続きを読む
2017年08月02日(水) No.805 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

外用剤


今日も嶋川先生とのぞめさんは、バーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【島大】「嶋川先生、今晩は。今日も少しお聞きしたい事が..
続きを読む
2017年07月05日(水) No.801 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

帯状疱疹ワクチン


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、バーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉、島大】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【島大】「嶋川先生、今日も少し教えてほしい事があったのですが、宜しいでしょうか。」
【嶋川】「もちろんです。今日はどうしましたか?」
【島大】「最近、帯状疱疹に対するワクチンが出来たと聞いたのですが本当ですか?」
【嶋川】「最近出来た、というのは少し違いますが、今年の5月に水疱瘡ワクチンに50歳以上の帯状疱疹の予防という効能が追加されたのです。」


【島大】「そうなのですね。すると帯状疱疹ワクチンは水疱瘡ワクチンと同じものだという事なのですね。」
【嶋川】「そうなりますね、全く同一の物です。そもそも帯状疱疹が、子供の時に罹った水疱瘡のウイルスが神経の中に残っていて、このウイルスが原因で発症しますので、ワクチンも全く同じものが使われるのです。」
【島大】「分かりました。実は私の祖父が最近帯状疱疹になり、痛みがかなりつらかったようなのです。そばで見ていた祖母が、ワクチンの話を耳にしたらしく、ワクチンを注射すれば帯状疱疹にならないのなら打ってみたいと言っているようなのです。ワクチンを注射すると帯状疱疹にならないのでしょうか。」
【嶋川】「残念ながら絶対に罹らないとは言えません。アメリカでの研究結果では、ワクチンを打つと、ワクチンを使っていない人と比べて、帯状疱疹の発症率が半分以下になったと言われています。また帯状疱疹の場合、治った後に神経痛が残る事が問題になりますが、同じ研究では、神経痛が残る率も半分以下であったと言われています。帯状疱疹は高齢者が罹り易く、また神経痛も年齢が高齢な程残りやすいと言われています。従って、ご高齢の方、また持病の治療のため免疫を抑えるようなお薬を飲まれている人などは、ワクチンを打っておくと安心かもしれませんね。」
【島大】「わかりました。有難うございます。ところでこのワクチンは保険診療になるのでしょうか。」
【嶋川】「残念ながら、現段階では保険診療にはならず全額自己負担になります。金額はそれぞれの医療機関によって異なりますので問い合わせてみることをお勧めします。」
【田杉】「嶋川先生、のぞめさん、今日もいつもので宜しかったですか?」
【のぞめ】「はい、お願い致します。」
2017年05月31日(水) No.797 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

乾癬


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、バーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉】「嶋川先生、のぞめさんいらっしゃいませ。」
【島大】「嶋川先生、今晩は。今日も少し聞きたい事があっ..
続きを読む
2017年04月26日(水) No.793 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

血管腫


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、バーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉、島大】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【島大】「先生、今日も少しお聞きしたい事がある..
続きを読む
2017年03月30日(木) No.789 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

薬疹


 今日は嶋川先生とのぞめさんは、バーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【島大】「先生、今晩は。今日も少しお聞きしたい事があ..
続きを読む
2017年03月01日(水) No.785 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

【1】【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【9】 【10】 【11】