タイトル

指粘液のう腫


 指粘液のう腫は、指の関節に発生する良性の腫瘍です。
 加齢により指の関節の骨が変形して棘のように尖り、関節に炎症が起こった結果、関節液が関節の外にでてきて腫瘤を作ります。また組織の変性により粘液が過剰につくられて腫瘤を作ることもあります。
 爪と関節の間の部分に水ぶくれのような腫瘤ができます。皮膚は薄くなり、自然に潰れて中の透明なゼリー状の粘液が出てくることがあります。痛みがでることもありますが、腫瘤が周囲の組織を圧迫することが痛みの原因である場合や、関節の変形自体も痛みの原因となります。
 腫瘤がつぶれて感染を起こし炎症が関節の中に及び関節が固まって動かなくなることや、また、爪母という爪の根元にある爪を作る組織が腫瘤で圧迫されたり炎症が及んだりすると、爪の変形が起きることがあります。


 治療は、関節痛がある場合は関節をテーピングや装具で固定することで関節の炎症が改善し、副次的に粘液のう腫も治まることがあります。しかし装具を中止すると再発する可能性があります。
 腫瘤は潰れたりまたふくらんだりを繰り返しますが、まずは注射器で中の粘液を抜きとります。
 関節内にステロイドを注射して関節の炎症を治めることも有効です。繰り返す場合や、爪の変形がある場合は手術を行います。
指粘液のう腫の根本的な原因は関節の変形なので、手術では関節が変形して棘になった部分や、滑膜を除去します。腫瘤の部分の皮膚は薄くなっていることが多く、縫い閉じることが難しい場合には、皮弁といって皮膚を大きく切って回して皮膚を閉じるような工夫をします。
 爪の変形があった場合、爪母が腫瘤で圧迫されていただけならば治りますが、炎症がおよんでいた場合には変形が残ることがあります。
2020年02月26日(水) No.946 (渡邊先生(整形外科)のコラム)

No. PASS