タイトル

女性と漢方(185) 〜補血剤とは〜


 今回は前回の「補腎剤」に続いて「補血剤」についてお話します。「血(ケツ)」とは「血液」という概念ではなく、東洋医学では血および血によりもたらされる栄養分のことを指します。「血」によって運ばれるべき栄養分が十分でなければ、その部分は傷むことになります。このような病態を「血虚(ケッキョ)」といい、これに対応する操作が「補血」になります。
「補血」には「当帰(トウキ)」「川芎(センキュウ)」「芍薬(シャクヤク)」「地黄(ジオウ)」の4種の生薬が用いられます。それぞれに個別の特徴をもちますが、「補血」という作業はなかなか難しく、多くの処方ではこれら4つの生薬のすべてが配合されます。『四物湯(シモツトウ)』はまさしくこの4つの生薬のみで構成された漢方薬です。婦人の不正出血・過多月経・出産後の出血などによく用いられますが、「血虚」は子宮に限らず起こります。例えば、皮膚炎によってほころんだ皮膚には、やはり「補血」によって組織を修復することが必要な状況といえますので、そこに『四物湯』を用いてもよいことになります。
『十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)』は『四物湯』という「補血剤」に『四君子湯』という「補気剤」(以前の号参照)を加えた構成で「血虚」「気虚」の両者に適応します。疲労感がとても強い方の他に、抗がん剤などを使用している方にも最近処方されており、効果があることが報告されています。
『温清飲(ウンセイイン)』は『四物湯』に『黄連解毒湯』という「清熱(熱を取る)薬」を加えた構成で、さまざまな疾患で皮膚や粘膜などに損傷が生じ修復が必要となり、ただし、熱が残っている場合が適応になります。一般的には皮膚や粘膜での炎症には「清熱」が不可欠であることがほとんどですし、炎症が鎮静化してもそこには組織の損傷が残るはずですから当然「補血」も必要になります。多くの皮膚粘膜疾患では炎症と組織損傷の両方が観察されますので、『温清飲』は多用される処方の一つです。
『四物湯』およびそれから派生した漢方薬を用いる場合には一つ注意が必要です。それは「地黄」に胃腸障害を起こしやすいという性質があることです。いくら「補血」をしたくても。胃腸症状が現れれば無視するわけにはいきません。そのような場合には『四物湯』から「地黄」を抜いた『当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)』や『温経湯(ウンケイトウ)』などの使用や、投与量の減量、食後の服用を検討します。
「血虚」は「血」が不足するという意味ではありますが、西洋医学でいう「貧血」とは異なる概念です。また、「血」と「気」は相互に影響しあっていますので、「気」の異常も併せて治す必要性が生じるケースが少なくないです。
2020年01月29日(水) No.949 (山内先生(産婦人科)のコラム)

No. PASS