タイトル

女性と漢方(178)〜「熱証」とは〜


 漢方では熱の概念を「発熱」と「熱証」(「証」とは身体の状態)に分けて考えます。
 例えば、「発熱」があっても感染症の初期で悪寒などがあれば、「熱証」ではなく「寒証」と判断して、むしろ温めて体温を上げ発汗させて治します。「熱証」には必ずしも「発熱」を伴わず、炎症を起こしやすい体質として認識する場合が多くあり、自律神経や脳の興奮による充血性の症状も「熱証」としてとらえます。
 「熱証」には「実熱」と「虚熱」に分かれ、「実熱」とは「熱」の状態が顕著で、一般的には感染症による全身性の熱がある状態、および局所性の炎症などを指します。
 発赤・充血・腫れ・灼熱感・疼痛などの炎症症状が激しく、化膿したり、発汗で水分が喪失すると、口や舌は乾燥し、舌を診ると舌の苔は乾いて黄色味を帯びてきます。
 口臭が強かったり、尿は色濃く量少なく、便秘することも多くなります。また、かっとしやすいといった精神的興奮も含まれます。この「実熱」に対する漢方薬の代表的なものとして『黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)』『白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)』があります。(以前の号で紹介)
 一方「虚熱」は栄養や水分などの体内物質の不足による熱と考えます。発熱・充血・腫れ・疼痛などの炎症症状が著明でなくても、反復して再発を繰り返し慢性的に経過して治らないことが多いです。重要なのは体質的内因で、新陳代謝が高くやせ型で皮膚が赤く体温も高く、多く食べても太らない体質にみられがちで、「虚熱」に対する漢方薬は実に多彩です。
 自己免疫疾患をはじめとする難治性疾患のほとんどの病態には「慢性炎症」が絡んでおり、漢方医学的には「瘀血(オケツ)」と共にこの「慢性炎症」を治すことが重要になります。自己免疫疾患や急性の激しい炎症に対してステロイドはとても有用であり、化膿性疾患に抗生物質を使うのは合理的ですが、病態の改善に至らないことも多く、長期に連用されたり、炎症を抑える力が強いために気軽に乱用されて不利益を生じる場合もあります。
 漢方薬にはステロイドなどの免疫抑制剤や近年の生物学的製剤ほど炎症を強力に抑える薬はありません。しかし、西洋薬と比べて清熱剤(熱をおさえる薬)は多彩であり、直接的な清熱剤のみならず、強い炎症による水分枯渇状態を潤す生薬や瘀血を改善する生薬が含まれた漢方薬があるため、西洋薬にはない作用による病態の改善や副作用の減少、ステロイドの減量にも貢献できる可能性があります。最近ではこのような点に注目されて単なる代替・補完医療としてだけではなく、積極的に欧米などでも漢方薬が取り入れられています。
2019年06月26日(水) No.909 (山内先生(産婦人科)のコラム)

No. PASS