タイトル

帯状疱疹ワクチン


 今日も嶋川先生とのぞめさんは、バーザムーンのようです。
【嶋川、のぞめ】「今晩は。」
【田杉、島大】「嶋川先生、のぞめさん、いらっしゃいませ。」
【島大】「嶋川先生、今日も少し教えてほしい事があったのですが、宜しいでしょうか。」
【嶋川】「もちろんです。今日はどうしましたか?」
【島大】「最近、帯状疱疹に対するワクチンが出来たと聞いたのですが本当ですか?」
【嶋川】「最近出来た、というのは少し違いますが、今年の5月に水疱瘡ワクチンに50歳以上の帯状疱疹の予防という効能が追加されたのです。」


【島大】「そうなのですね。すると帯状疱疹ワクチンは水疱瘡ワクチンと同じものだという事なのですね。」
【嶋川】「そうなりますね、全く同一の物です。そもそも帯状疱疹が、子供の時に罹った水疱瘡のウイルスが神経の中に残っていて、このウイルスが原因で発症しますので、ワクチンも全く同じものが使われるのです。」
【島大】「分かりました。実は私の祖父が最近帯状疱疹になり、痛みがかなりつらかったようなのです。そばで見ていた祖母が、ワクチンの話を耳にしたらしく、ワクチンを注射すれば帯状疱疹にならないのなら打ってみたいと言っているようなのです。ワクチンを注射すると帯状疱疹にならないのでしょうか。」
【嶋川】「残念ながら絶対に罹らないとは言えません。アメリカでの研究結果では、ワクチンを打つと、ワクチンを使っていない人と比べて、帯状疱疹の発症率が半分以下になったと言われています。また帯状疱疹の場合、治った後に神経痛が残る事が問題になりますが、同じ研究では、神経痛が残る率も半分以下であったと言われています。帯状疱疹は高齢者が罹り易く、また神経痛も年齢が高齢な程残りやすいと言われています。従って、ご高齢の方、また持病の治療のため免疫を抑えるようなお薬を飲まれている人などは、ワクチンを打っておくと安心かもしれませんね。」
【島大】「わかりました。有難うございます。ところでこのワクチンは保険診療になるのでしょうか。」
【嶋川】「残念ながら、現段階では保険診療にはならず全額自己負担になります。金額はそれぞれの医療機関によって異なりますので問い合わせてみることをお勧めします。」
【田杉】「嶋川先生、のぞめさん、今日もいつもので宜しかったですか?」
【のぞめ】「はい、お願い致します。」
2017年05月31日(水) No.797 (川嶋先生(皮膚科)のコラム)

No. PASS