タイトル

オホーツクの地域医療を守れ


北見日赤の内科医6人が一斉に退職する事になり、その波紋が大きく広がっている。
北見日赤は、北見市のみならず近郊の町村を含めた地域の基幹病院である。今回退職する医師の専門分野である膠原病やリウマチの患者さんや重症の患者さんにとって、なくてはならない医療機関であり、開業医にとっても自分のクリニックで十分な治療が出来ない患者さんをお願いする事の出来る総合病院である。また救急医療を担っている病院でもあるのだから、一刻を争う病状の患者さんが運び込まれるわけで、この地域に暮らす人々にとっての命綱なのである。
地方医療が崩壊の危機にあるのは、国の医療行政が悪いのが原因であるのは明らかである。厚労省の役人なんてものは机上で物を考えるだけで医療の実情、特に地方医療の事などは分かりもしないのである。きちんと地方医療の現場を視察し、状態を把握してもらい医療行政を変えてもらわないと根本的な解決にはならない。
また今回のことは、副院長の医師が自分が次期院長になれないと分かった腹いせに、若手や中堅の医師を引き連れて退職するといった根も葉もない噂が北見市内に流れ、新聞にも病院内の人事昇進が原因のようなことが書かれていた。しかし、そんな事はあるはずがない。退職される副院長先生というのは今まで地域医療を推し進めてきてくれた医師である。万が一にも噂が本当であるとしたら、今まで院長になるという名誉欲のために患者さんを利用していただけで、実はその先生にとって地域医療などどうでも良かったことになってしまう。まさかそんな事をする医者がこの世の中にいるはずがない。自分や医局のメンツのために患者さんを置き去りにすることなどできるはずがないのである。今回退職される他の医師達にも、個々の事情があるだろう。もちろん皆、自分達の働いている病院が地域の医療体制においてどのような意味を持つ病院なのか、日々診察してきた患者さんがどのような病状で今自分達が見捨ててしまったらどうなるのか、ここに暮らす人々が救急車で運び込まれる状態におかれた時に救急医療センターに内科医がいなかったらどうなるのか、想像するのはたやすい事で分かっているはずである。さぞかし後ろ髪を引かれる思いで北見を去られるのであろう。医師にも住む場所や働く場所を選ぶ権利はある。今までこの地域の医療に貢献してくれた事に感謝し、快く送り出そう。
今回北見日赤がこのような状態になり、日赤の職員の方はもちろん、医師会の医師たちの中にも忙しい仕事の合間に休日返上で医師確保のために全国を奔走しているものもいる。市長さんは、北海道知事や北大の医局などに医師派遣のお願いに行き、市議会は委員会を発足させ、医師確保の要望書を提出したらしい。しかし、このような表面的な依頼や要望書提出では、何も解決しないし医師など来るわけがない。今は、医師や市長さんはもちろん、市議も市職員もたまには自分達の足を使い、汗をかき、道内にこだわらず、全国の大学や医療機関を回り、直接窮地を訴え医師の派遣をお願いして回るくらいの事をしなければならないのではないか。
北見市民の命綱は、今まさに断たれんとしている。一刻の猶予も許されない状態だ。このままの状態が続くと、他の医師達にも負担がかかり、退職を願う医師が更に出てくる可能性もある。
今は、行政も医師たちも一致団結して、この状況を打破しなければならない時なのだと思う。
2008年03月06日(木) No.291 (国分先生(皮膚科)のコラム)

No. PASS