タイトル

第26話/激痛の王様、尿管結石のはなし(3)


今回、「死ぬほど痛い」病気である尿管結石の治療についてお話します。
まず、治療法を決める場合、結石の大きさが重要となります。結石の大きさが4ミリ以下の場合は、100%間違いなく自然に膀胱まで落下し、次に尿道を通って、尿と一緒に体の外に排出します。それで、患者さんには結石を出やすくするお薬を飲んでもらいます。5ミリから9ミリまでの結石の場合は、約半数が自然に排出しますが、残りはなかなか排出しません。ましてや、10ミリ以上の結石では、自然に排出することはほとんど期待できません。したがって、5ミリ以上の結石の場合、手術治療を含めた、なんらかの治療が必要となります。

手術治療には、お腹を切る方法と、お腹を切らない方法があります。10数年前迄は、切石術といってお腹を切開し、結石のある部分の尿管を切開して石を摘出していました。そのため、2〜3週間の入院が必要でした。最近では、内視鏡的砕石術というお腹を切らない方法が主流になっています。この方法は、麻酔下に尿道より尿管まで尿管鏡という細い内視鏡を挿入し、テレビモニターで見ながら、結石を細かく砕いていく方法です。結石を細かく砕くためには、レーザーや超音波などの高エネルギーの装置が用いられます。熟練を要する手術ですが、短期間の入院ですみます。場合によっては外来治療も可能です。
もう一つ、「体外衝撃波結石破砕術」と呼ばれている極めて画期的な術式があります。これは、体外より衝撃波と呼ばれる音波を結石に集中させて、結石を破砕するものです。患者さんにはベットの上でただ横になってもらった状態で、あとは治療装置が自動的に行います。麻酔を行わず、鎮痛剤のみ使用します。大部分の患者さんは、外来で治療します。結石の大きな場合や尿路感染症を合併している場合などでは、入院して治療します。
ところで、砕いた結石の運命はというと、いうまでもなく、粉末状になって尿とともに自然に体外に排出されるのです。
2005年10月10日(月) No.158 (古屋先生(泌尿器科)のコラム〜ドクトル・フルヤの知って得する泌尿器科講座〜)

No. PASS