タイトル

第7話/小便の曲線は富士山型と30秒


尿の出が悪くなる泌尿器の病気には、子供では先天的な泌尿器の奇形、大人では前立腺肥大症やガン・神経因性膀胱・尿道狭窄など多々あります。
一方で個人差がありますが、一般的に歳をとると小便が近い、小便の出が悪い、排尿時間がかかるなどの症状が知らず知らずに出てくるものです。
ですから、まだまだ年寄りとは思いたくない熟年男性たちとはいえ、自分の小便の勢いはどんなぐあいか気になるというものです。しかし実際に自分と他人の小便の勢いを比較するのは困難ですから、気になっても自分の小便の勢いが良いか悪いかは分からないでしょう。
排尿状態を知りたいとき、専門的には「尿流量検査」というのを行います。
便器に向かって普通に小便をしてもらうと、その時の排尿の状態が曲線で表されます。
これを排尿曲線と呼び、曲線の形や高さ、排尿の速度などを判定します。この時用いる特殊な機器を尿流量計といいます。

この尿流量計には、尿カップに溜まる尿の重さを経時的に測るタイプ、尿の勢いが電気抵抗を変化させることを利用して曲線を描かせるタイプなどがあります。
最近では、患者さんが自宅でも使用できる小型の機器が開発されました。
さて、正常の排尿曲線は、尿が中断する事なく一つの峰の山型曲線を示します。いわゆる「富士山型」です。
排尿困難の曲線は峰のたくさんある山型、いわゆる「大雪山連峰型」となります。排尿がなかなか終わらず、腹圧をかけるたびにチョロッと出てまたチョロッと出るため、低い峰が連なるわけです。
さて、自宅で簡単にできる小便の出方の自己判定法をお教えしましょう。
まず、小便の出始めから終わるまでの時間を腕時計で計ってください。30秒以内なら貴方は安心です。
1分以上かかるときは、泌尿器科専門医に相談した方が良いでしょう。
2004年03月10日(水) No.51 (古屋先生(泌尿器科)のコラム〜ドクトル・フルヤの知って得する泌尿器科講座〜)

No. PASS