タイトル

高血圧のおはなし


「血圧の薬は飲み始めたら一生続けなければならないですか?」「血圧を測るといつも違うのですが…。」「血圧はいつ測ればいいですか?」よくこのような質問をされます。
高血圧は本態性と二次性に大別され、90%は本態性(原因不明)で他の病気が原因で起こる二次性高血圧はわずかですので、通常高血圧と言えば本態性高血圧を指します。
高血圧を放置した場合、脳梗塞、脳出血になりやすくなり、心臓や腎臓にも悪い影響があります。また、血圧が高くなればなるほどその程度が増します。
国民の血圧を平均2mmHg下げると脳卒中の死亡は1万人減少し麻痺等で体が不自由になる人が3、500人減らせ、循環器疾患(心臓や大血管の病気)の死亡を2万人予防できると試算されています。

血圧の正常値は上(収縮期)が130以下、下(拡張期)が85以下とされています。
上か下どちらかでも高くなれば『高血圧』となります。
血圧は常に変動しています。
測定時間、体位、周囲の環境、本人の精神状態等に大きく影響されます。現在は診察室血圧(外来血圧)で高血圧か否かの判定をしている病院が多いですが、世界あるいは日本で血圧測定の共通の条件は決まっていません。私の考えでは、血圧は3回連続して測り、その平均をとる。
時間としては起床時と夕方あるいは夕食後に測定するのが良いと思います。これからは家庭でも血圧を測り、(本当は職場でも測れるとよいのですが)その値を参考にして治療するべきと考えています。
高血圧は生活習慣病であり、塩分制限や適正な体重維持、適当な運動が重要です。血圧の薬を飲んでいても生活が改善されれば、当然薬を止める事が可能になります。
自分の血圧が大体どれくらいなのか機会ある毎に測定してみてください。
高血圧の範囲に入る事が多くなったら受診して下さい。
他の病気と同様に早期治療が大切ですから。
2004年03月10日(水) No.50 (高橋先生(内科)のコラム)

No. PASS