タイトル

アトピー性皮膚炎の治療/第1回[外用剤]


今回は、アトピー性皮膚炎の治療に使用される外用剤について書かせて頂きます。一般的に使用されている外用剤には、.好謄蹈ぅ菱¬髪嵳淦剤J歇昇洫と鵐好謄蹈ぅ彪肋単蟶泙あります。

各種外用剤の特徴
1.ステロイド
副腎皮質ステロイドホルモンを成分とした塗り薬です。アトピー性皮膚炎の炎症を抑えるのに、今のところこれ以上有用な薬剤はありません。効果の強さがランクで分けられており、年齢・部位・症状の強さによって皮膚萎縮・毛細血管拡張・ニキビなどの副作用が出る事がありますが、色が黒くなったり、骨がもろくなったりする事はありません。
2.免疫抑制剤
新しいタイプの塗り薬です。皮膚での炎症・反応・アレルギー反応を抑える働きをします。ステロイドの副作用で特に問題になる皮膚萎縮や毛細血管拡張がなく、顔やくびにも安心して使えます。
(但し外用後紫外線に注意しなければなりません。)この薬は、これからアトピー性皮膚炎の治療の主役になるだろう外用薬です。
副作用として、皮膚の刺激感や熱感・ウィルス感染症・極めてまれですが腎障害を起こす事があると言われています。
3.保湿剤
皮膚の乾燥を防ぎ、刺激物質の進入を抑えるもので、ワセリン・ヘパリン類似物質・尿素などが一般的に使われます。肌に合わない事があり、時々カブレを起こします。と鵐好謄蹈ぅ彪肋単蟶
この薬がくせものです。殆ど炎症を抑える効果はありません。今まで安全と思われていましたが、高率でカブレを起こし、それだけでなく長年使用していると内服の消炎鎮痛剤に対してもアレルギーを起こす可能性もあり、皮膚科医の中では「使ってはいけない薬」となってきました。
今まで述べたように、どんなに効果が期待出来る薬でも副作用があります。専門医の診断のもと処方された薬を、患者さんが用法・用量を守って正しく使われる事が大切です。次回は、アトピー性皮膚炎の総合的治療について書かせて頂きたいと思います。
2004年03月10日(水) No.49 (国分先生(皮膚科)のコラム)

No. PASS